おさびし山のさくらの木自信を持っておすすめしたい みんなの声

おさびし山のさくらの木 作:宮内 婦貴子
絵:奥田 瑛二
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1987年
ISBN:9784751514245
評価スコア 4.2
評価ランキング 21,909
みんなの声 総数 4
「おさびし山のさくらの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おさびし山のさくらの木

    ちょつと 淋しげな名前の山ですが・・・  その山のてっぺんに さくらの木がありました
    旅人が  おさびし山にやってきてさくらの木と会話します
    さくらの花が散った後はどこへ行くのですか?
    「短いけれど 生命の旅をして、ふたたび生命のもとにかえっていくのです」      こんな会話をするのです

    旅人が再びおさびし山に訪れたとき    さくらの木がなかったのです
    なんと 風車に変わっていたのです(旅人は 悲しい思いをしますが)
    違うものに生まれ変わるんですね
    しかし さくらの木は旅人の哀しみに「生命はめぐりめぐるものですから また 生命のはなが咲くときまで 出会ったことをおぼえておきましょう

    何年か年月がたって また おさびし山に新芽がふきだし
    同じ春の日に里で男の子が生まれたのです

    生命の巡り  輪廻のさえ会を描いた 絵本ですね

    奥田瑛二さんの絵なんですね
    新芽が印象にのこりました

    投稿日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2冊の絵本

    「おさびしやまのさくらの木」
    宮内婦貴子さんの作品です。
    絵は いせひでこさんが描かれたものと
    こちらの 奥田瑛二さんが描かれたものと
    2冊あることを知って興味を持ちました。

    こちらは1987年発行ですから
    28年前の作品ですね。

    私は先に
    いせひでこさんの絵を見ていて
    (2015年発行)、表紙のちいさな男の子が印象に残っていました。

    奥田瑛二さんの方は
    小さい男の子(未来をあらわしている)は出てこなくて、
    最初から最後まで旅人の絵が印象的でした。

    ひとつの作品で
    心に残るお話で、
    どちらの絵もストーリーに沿っていますが
    まったくちがう絵風です。

    お話から感じ取るもの、
    絵を見て感じ取るもの、
    絵本はそのどちらも満足させてくれるものですね。
    ぜひ両方を読んでみることをオススメします。

    投稿日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか
  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


10月の注目の新刊&おすすめ 〜ハロウィン〜

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット