新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ

王さまのえほん (1) ぞうのたまごのたまごやきなかなかよいと思う みんなの声

王さまのえほん (1) ぞうのたまごのたまごやき 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2009年
ISBN:9784652040775
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,763
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぞうは卵産まないよ

    みんなにふるまう卵料理のために、卵がそんなにとれないならぞうの卵を探せば少しで済むではないか!という王様の発案。でも、誰も、ぞうの卵なんてない、と思い出さなかったみたい。

    一生懸命、ぞうを探したり、大きなフライパンを作ったり。。。

    結構ユーモラスで、ちょっと笑える、なかなか面白い本でした。

    絵本ではなく小説のような感じで文字が多いですが、娘は喜んで聞いていました。年長か小学生くらいにおすすめ。

    投稿日:2014/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゾウの産まれ方をしらない年齢にオススメ

    • 沙樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳

    ゾウのたまごをつかってたまごやきを作れば、
    とっっても大きなたまごやきが出来るはず!

    というお話なので、
    ゾウの産まれ方をしらない年齢の子にオススメです。

    お城のみんなが、ゾウのたまごを探し、調理することに
    一生懸命に頑張ります。

    文字が結構多めで、難しいかも?と思いましたが、
    5歳になりたての息子にはちょうどよかったようです。

    投稿日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王さま〜

    子供の頃から大好きな王さまシリーズ。
    この本は読んだ当初から「ぞうはたまごなんて生まないのになんで?」と思いながら読み進めて、やはりぞうはたまごを生まないとわかるという展開になるだろうなと予想して読んでいたように思います。
    しかしオチが愉快だし、ぞうと仲良くなるなんて素敵だなという気分にさせてくれます。

    投稿日:2013/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気付かない大人たち

    たまごやきの大好きな王様に赤ちゃんが生まれ、王様は大臣達に「国中の人たちを集めてお祝いしよう。たまごやきで。ぞうのたまごを探すように」と言います。ぞうのたまごやき用に大きなフライパンや大きなかまどを用意しますが。ぞうのたまごが見つからない。4歳長女も「何で?」と考えていましたが。なぜでしょう?4歳長女は最後に「あ!そうか!そうや!」と悔しがっていましたが。面白いですよー。

    投稿日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく考えればそうか。

    玉子焼きが大好きな王さま。

    たくさんの人たちに玉子焼きを

    つくってあげろ!というところから

    この話は始まりますが、

    読んでるときは全くその落とし穴に

    気付かず・・・。

    最後のオチで、あっ、そっか。

    そうだよね!と思わず、納得。

    何だかプッとふきだすように笑ってしまう絵本です。

    投稿日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞうの卵のたまごやき?

    卵焼きの好きな王様 王子が生まれてお祝いにと 町中のみんなに卵焼きを振る舞うのは良いけれど・・・・
    ぞうの卵って?  
    ぞうが たまごを うむなんて 
    ぼくらは きいた ことも ない 
    ぞうが たまごを うむもんか 
    ずうは たまごを うまないよ 
    うまれたときから  うまれたときから  
    小さな かわいい 赤んぼう   
    ぞうは たまごを うまないよ 
    こどもが こんなうたをうたうのです (これって 裸の王様みたいですね)
    家来たちは かまや フライパン作り ぞうの卵を見つけに行くこれって 大人は 馬鹿って事かな??

     単純なお話ですが 王様も、みんなも気がつくのですが・・・ 「あっはははは。」 笑いでお話は終わるのでよかった!

    王子は ぞうの子供と仲良しになって めでたしめでたし 

    一人で読める子は 楽しんでみてください。ナンセンスのおもしろさです。(絵はかわいいよ)

    投稿日:2011/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット