話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

あかいくるまのついたはこ」 みんなの声

あかいくるまのついたはこ 作:モウド・ピーターシャム ミスカ・ピーターシャム
絵:モウド・ピーターシャム ミスカ・ピーターシャム
訳:わたなべ しげお
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年
ISBN:9784924938359
評価スコア 4.3
評価ランキング 17,178
みんなの声 総数 19
「あかいくるまのついたはこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • アメリカで長い間読みつがれた名作絵本

    アメリカで長い間読みつがれた名作絵本だけあって、なぜだか

    懐かしい感覚がありました。日常を描いたものですが、動物たち

    に興味を示すあかちゃんと、好奇心旺盛な動物たちの気持ちに

    気づいたお母さんに拍手でした。お母さんは、誰にも邪魔されず

    に、赤ちゃんと遊びたかったお母さんですが、赤ちゃんの気持ち

    を最優先して対応してました。時がゆったりと流れているようで

    いいなあと思いました。

    投稿日:2019/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • じっくり読みたい名作

    名作が気になって
    古い作品を読み返しています

    この作品も古いと思うのですが
    1995年に第1刷発行になっています

    英語文には「1949年」

    作者さん達は
    1960年、1971年に
    亡くなっています

    かなり古い時代に
    こんな素敵な感覚で絵本を描いていたんですね

    動物たちもリアルな描き方ながら
    表情が人間らしい
    おかあさんに「しっ!しっ!しっ!しっ!」って
    木戸を閉められて
    の牛さん、馬さんは、これ、涙ですよね?
    うさぎさんは、怒ってる?

    お日様の表情も変化しているんですよ

    縁の赤とオレンジも模様も
    その当時はお洒落だったのでは?

    なんということのない
    日常だと思うのですが
    あかちゃんと動物達の交流に
    なんともあたたかい気持ちになってしまいます

    名作・・・やっぱり、名作なんですねぇ・・・しみじみ

    投稿日:2017/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物達と気持ちを共有!

    題名からして「何だろう?」と開きたくなる絵本です。
    たくさんの動物達が出てくる絵本で,その動物達といっしょに読み手のこちらも「あかいくるまのついたはこ」に近づきたくなる。。。
    絵本の動物達と気持ちが共有できる,そんな絵本に私は感じました。
    少しお姉さんになった我が家の4歳の娘もそんな気持ちで「あかいくるまのついたはこ」を見入っていました。

    投稿日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい出合い

    赤ちゃんと動物たちのほのぼのとした出合いでした。
    乳母車とは少し違うような気もするし、動物たちが身近にいる家庭も実感がわかないけれど、赤ちゃんが素晴らしい出合いを喜んでいることはよくわかりました。
    お母さんもみんなの気持ちに気づいてあげて、良かったと思います。

    投稿日:2015/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 期待を裏切らない

    木の陰にかわいらしい箱があって、動物たちは興味津々です。
    何が入っているのか・・・表紙にかわいい女の子が描いてあるので、答えは分かっているのですが、
    それでも動物たちと一緒に何が入っているのかなとワクワクできるのです!

    小さな女の子が出てきて、やっぱり!と思ってから、物語はおしまいではありません。
    それからほのぼのとする光景が。

    動物たちと女の子の表情がとてもよくて、絵だけでも楽しめます。
    動物たちの鳴き声や行動の擬音の繰り返しにリズムがあって、子どもたちは喜んで聞きそうです。
    美しい絵と文章が子どもの心に沁みることでしょう。

    投稿日:2014/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんは、みんな大好き

    落ち着いた雰囲気の、レトロな絵本だなーと思いました。
    この、のんびりした雰囲気が春の暖かかな日射しを、イメージさせます。
    まさに、赤ちゃんが、お昼寝するにはピッタリの。
    みんな、赤ちゃんが大好きなんですね!

    投稿日:2014/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい動物たち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    はこの中身はなんでしょう?
    大人はわかってしまいそうなものですが子どもにとってはなんだろう、と楽しめたかな。
    動物がたくさん出てきてそのはこの中のかわいこちゃんを愛でてくれます。
    ここに出てくるおかあさんもものわかりがよくてやさしいおかあさんだなーと思います。
    派手さはないもののやさしさに包まれたお話でした。

    投稿日:2014/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんは分かるんですね

    庭の木の下にある赤い箱の中身が気になって、動物たちが覗きにやってくるというお話です。単純でかわいいお話なので小さなお子さんでも楽しめると思います。

    動物たちに囲まれた赤ちゃんを見て、一度は動物たちを追い出し木戸を閉めてしまったお母さんですが、ちゃんと察してもう一度開けてくれます。

    娘も最後に「みんななかよしでよかったねぇ^^」とほのぼのでした。

    投稿日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロな感じの絵が素敵!

    以前より、童話館出版から出版された良い絵本だということで、興味がありました。
    まず、図書館で借りて読み聞かせてみました。
    印象的だったのは、赤を基調に作製されている本で、装飾がとてもきれいです。
    ページごとに、赤とオレンジで縁どりされています。
    絵もレトロっぽい感じで、素敵です!
    ストーリーもたくさんの動物がでてきて、ほのぼのする内容です。
    息子に何度も読み聞かせたいと思い、購入しました。

    投稿日:2013/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普通なんだけれど楽しい

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    赤い車のついた箱に動物たちは興味津津。
    動物達が覗いて、中にいたのは? 
    そしてその後のお話。

    普通なお話なんだけれど、何か心に残る絵本です。
    木の扉をお母さんが閉めてしまって、あ〜あ、残念と思う後に
    お母さんが気づいて開けてくれるところで、ほっとしました。

    23歳の子供の心に残るお話だと思います。

    投稿日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット