アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんですの試し読みができます!
作: 西村 敏雄  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
アントンせんせいの病院にやってきたブタのブータさんとブーコさんの夫婦。 ブーコさんのお腹のなかには、あかちゃんがいて!?

ゼラルダと人喰い鬼なかなかよいと思う みんなの声

ゼラルダと人喰い鬼 作:トミー・ウンゲラー
絵:トミー・ウンゲラー
訳:田村 隆一 麻生 九美
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年
ISBN:9784566001114
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,250
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人より美味しいもの・・

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    読み聞かせの本を探していて、
    本の大きさが大きいので目に留まりました。

    人食い鬼を退治するには、
    人よりも美味しいものを食べさせればいいと気づいたゼラルダと
    人食い鬼のちょっとコメディータッチなお話です。
    才気と知恵で困難を乗り越えるのはいいですね。

    この展開になるか?と思いましたが楽しく読みました。
    今回は別の本を読みましたが、
    本が大きいので読み聞かせに向いてるのではないかと思いました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • ウンゲラー・ワールド!

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    すてきな3にんぐみで有名なトミー・ウンゲラーの絵本です。
    これまたとても風刺の効いたお話で、奥が深いです。
    大人が読んでも楽しめます。
    でも、そういった絵本とは違い、子どもも充分楽しめるのです。

    娘は前半、私の腕にしがみつき怖いもの見たさで聞いていましたが、後半は大盛り上がり。
    特にゼラルダの作った料理、七面鳥の丸焼きシンデレラ風が大のお気に入り。
    調理した鳥に靴を履かせている絵は面白がって何度も眺めています。

    最後もハッピーエンドと思わせて実はよく見ると・・・
    大人も子どもも一緒に楽しめる、素敵な絵本です。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人食い鬼から身を守ったのは…

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    朝ごはんに子どもを食べるのが大好きという人食い鬼。
    最近子どもを食べていないので、腹ペコです。
    そんな鬼の前に現れたのは、人食い鬼の噂を知らないゼラルダ。
    人食い鬼はゼラルダに飛びかかろうとしますが…。

    鬼から身を守ったのは、強い武器でも大きな体でもなく、ゼラルダの優しい心と料理の腕。
    恐いながらも、ワクワクするようなお話でした。
    読み聞かせにもピッタリだと思います。(最初は恐がるかもしれませんが)

    このお話をただの昔話・童話で終わらせないのが、最後のページ。
    エンディングにちょっとしたスパイスを効かせてくれるこの絵が好きです。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと怖くて、オチが劇的

    子どもを食べてしまう残酷な鬼がいました。
    森に住むゼラルダという女の子に人喰い鬼は出会います。
    何もしらないゼラルダは鬼へ料理を作ってあげます。
    料理を食べるとあまりの美味しさにビックリ。
    鬼の城へゼラルダをつれていき、皆にゼラルダの料理を食べさせると、鬼たちは子どもを食べることなんかすっかり忘れてしまいます。
    そして、ゼラルダと鬼は幸せな家庭を築く・・・

    ちょっと怖くて、オチが劇的。
    それは、同作者作品「すてきな三にんぐみ」もそうだったなぁと思いました。
    大人の自分からみると、やはり最後の鬼の血が流れる子というのはかなりのインパクトがあるなぁと思いました。
    娘にはちょっと早かったようなので、読ませるのは4歳くらいからが良いと思います。

    掲載日:2003/11/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 胃袋をつかむ

    ゼラルダは親思いの、女の子。
    父親の代わりに、町へ仕事にでかけます。
    そこで腹をすかせた人喰い鬼に出会います。
    ゼラルダの運命は…

    ゼラルダは料理上手、絵本のなかにも、美味しそうな料理が、たくさん登場します。

    掲載日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芸は身を助ける?

    こわいお話ですね。
    人食い鬼がわんさか出てきます。
    ゼラルダは小さな女の子だけど、料理の腕はピカイチなんです。
    凝った料理の名前が次々と出てきます。
    人食い鬼も飛びつきそうなお料理です。
    一撃で人食い鬼の胃を捕まえてしまったゼラルダは
    後に、この鬼と結婚したのですね、あらら。
    幸福そうなゼラルダに抱かれた、生まれたての赤ちゃんが
    ちょっと気になるラストです。

    掲載日:2017/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっぴり怖い

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    娘が幼稚園の図書室から借りてきました。
    人喰い鬼が、ある女の子が作るおいしい料理に出会って、おいしい味に目覚めて人間の子どもを食べなくります。ラストはなんと、その女の子と結婚してしまいます。
    子どもを食べるシーンこそないものの、人喰い鬼の姿はけっこう怖いです。女の子の作るお料理は本当においしそう。この料理には鬼がやられてもしかたないですね。

    ラスト、「人喰い」鬼だから仕方ないとはいえ、人間の子をとって食べてた鬼と結婚するとは、ちょっと複雑です。でも単純なハッピーエンドじゃないところもこの本の魅力だと思います。 
    娘は最後の《しあわせにくらしました》というところに、「シンデレラみたいじゃん」と言ってました。王子様と鬼じゃ全然違うような気がするけれど・・・、幼稚園児には同じなのかな・・・。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごちそう

    図書館のオススメコーナーにあったのですが、子供には「読みたくない」と拒否されたので、私一人で読みました。

    確かに、怖い場面はあります。
    でも、とってもおもしろかったのです!!

    ゼラルダのお料理の美味しそうなこと。
    「夜食」とありましたが、パーティーのごちそうですよ。

    二人の結婚というハッピーエンドには、またまた驚きでした。

    本当におもしろかったので、うちの子にも読み聞かせたいのですが、表紙の絵とタイトルの怖さで、「絶対にいや」と言われています。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ある意味シンデレラストーリー?

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    漢字の多い文章で、ちょっと難しいかな、と思いながら4歳の娘に読んでみましたが、気に入ったようで、何度も読んでと持ってきます。
    いかにも恐ろしげな人喰い鬼。持っているナイフには血がべっとりとつき、朝ごはんに子どもを食べるというショッキングな描写から始まります。
    そんな人喰い鬼が料理上手なゼラルダと出会い・・・。
    始まりこそ怖いですが、ゼラルダの物怖じしない態度と、豪華絢爛なお料理の数々に、どんどんと楽しい気分になってきました。
    やっぱり男心をつかむには、まず胃袋をつかまないと、ですね。
    改心させるだけでなく、恋まで芽生えてしまう展開にびっくりしました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙にも、最初のページにも怖そうな人喰い鬼が、描かれています。最初のページなんか、血のついた(?)ナイフまで持っています。

    この本を読んで、鬼ってなんだろう・・
    って考えてしまいました。
    少なくとも、この絵本の中では、鬼は人間とは違う人種ではなくって、人間なのでは・・・

    なんだか、食育についてつつかれているように思います。
    温かいもの、おいしいもの、愛情のこもったものを食べていると、心も温かくなる・・・みたいな・・

    とにかく、ここに出てくるお料理は、とってもおいしそうなのでした・・

    掲載日:2007/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ふたりはともだち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット