話題
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん

ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん(くもん出版)

「うた」は幼児のことばの世界を広げるのに最適!

  • 役立つ
  • ギフト
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ビリー・ジョーの大地自信を持っておすすめしたい みんなの声

ビリー・ジョーの大地 出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2001年
ISBN:9784652071939
評価スコア 4
評価ランキング 30,016
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大恐慌の時代

    『じゃがいも畑』『ふれ、ふれ、あめ!』などの絵本があるカレン・ヘスの読み物です。

    1930年代、大恐慌、干ばつと明るい話題がない時代。

    アメリカのオクラホマの小麦農家の14歳のビリー・ジョーの目を通して描かれています。

    日記というのか散文的で、分量はありますが、殊の外早く読めました。

    事故で母と生まれたばかりの赤ちゃんが亡くなるという出来事が途方もなく大きくのしかかってくる感じがありました。

    ビリー・ジョーがジャムのことを思い出せば、母に作り方を聞いておきたかったと思い、日常で起きることを母に話したいと思う気持ちがとても痛切に感じました。

    両親を亡くしてわかったことですが、母のことは日常生活に結びついているので、一日に何度も母のことを思い出すからです。

    過酷な出来事はありますが、読後感は爽やかでした。

    14歳というと自分とは?自分の存在を深く見つめる時期でもあります。中学生以降のお子さんに読んでいただきたい作品です。

    投稿日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット