新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

まどからのおくりもの自信を持っておすすめしたい みんなの声

まどからのおくりもの 作・絵:鈴木 永子
出版社:福音館書店
税込価格:\429
発行日:2010年04月
評価スコア 4.07
評価ランキング 24,583
みんなの声 総数 13
「まどからのおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵のタッチも内容も素敵!!

    年中の息子が幼稚園で毎月とっている絵本の1冊です。

    表紙を見た瞬間、「これ、好みの絵のタッチだー!」と思いました。

    内容ですが、心がとても温かくなる素敵なお話です。
    熱が出て遊べなくなってしまったななちゃんをを思って、
    お友達が色々とまどから贈り物をしてくれるんですが、
    胸がキュンとするような、内容です。

    皆さんにも、ぜひ読んでもらいたい1冊です。

    投稿日:2010/09/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵が素敵

    鈴木永子さんの絵本は表紙を見ただけでわかりますね!
    大好きなタッチなので、見つけると必ず読んでいます。
    娘も好きなようで何度も持ってきます。
    ストーリーも日常のささいな瞬間をとても丁寧に切り取っていて、心があたたまります。
    特に女の子向けの絵本が多くてありがたいです。

    投稿日:2016/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちが温かい。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    土曜日、外はいい天気なのに、ななちゃんは少し熱があってお家にいます。お昼過ぎには熱が下がったので、
    「さんかく公園に行ってもいい?みんなと約束しているの。」
    でも、おかあさんからは、
    「だめ!」
    と言われ、お家で過ごすことに…

    窓の外からは、呼ぶ声がきこえます。ゆかちゃん、えっちゃんが、お見舞いの品物を持ってきてくれます。でも、じゅんくんは何も持ってくることができません。それが、ほんとうは…

    熱があっても、友だちとの約束を守りたい気持ちや、そんな友だちを気遣う心に、優しさがあふれています。それに、お見舞いの品に、子ども心がいっぱい詰まっていて、ほんわかとした気分に包まれました。絵が優しく、子どもたちの表情が無邪気で純でなんともいえません。忘れてほしくない、大切にしたい気持ちです。

    投稿日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おともだち

    熱があってお外で遊べないななちゃんの為に、ヨーヨーがえるを持って

    きてくれたゆかちゃん、あかつめくさの冠を作って持ってきてくれた

    えっちゃんに、「ぼく、なんにもあげるものがないんだ」とじゅんくん

    です。じゅんくんの青虫が朝ちょうになったのでそれをななちゃんにあ

    げようと思って籠に入れるときに逃がしてしまったのです。

    その”大きなあげは”が、ななちゃんのところに飛んできてくれて遊ん

    でくれたのです。じゅんくんの優しさ、お友達の優しさ、ななちゃんの

    優しさに感動しました。お友達っていいなあって思いました。

    裏表紙の元気になったななちゃんがさんかく公園に現れる絵、3人が迎

    える絵がとても嬉しかったです。

    絵もとても優しさが伝わってきて癒されました。

    投稿日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさ溢れるお話です。

    『ちょっとだけ』で有名な鈴木永子さんの絵本です。
    主人公はななちゃんという女の子。少し熱があって、お友達と約束していた公園で遊ぶことができません。そんなななちゃんを心配して、お友達がななちゃんの部屋の窓からプレゼントをもってお見舞いにきてくれます・・・。

    子供たちの表情や仕草がとても生き生きと描かれています。
    絵も素晴らしいですが、お話も心が温まる優しいお話でした。
    自分で育てたアゲハチョウをななちゃんに見せたいとやってきたじゅんくんの優しさも素敵ですが、一度遊んだからと言って、ちょうちょをつかまえずに逃がしてあげるななちゃんの優しさがとても印象的でした。
    小学一年生くらいがモデルになっているのでしょうか。うちの子もこんな風に優しい娘に育って欲しいなと思わせられました。優しさ溢れるお話です。

    投稿日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット