アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんですの試し読みができます!
作: 西村 敏雄  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
アントンせんせいの病院にやってきたブタのブータさんとブーコさんの夫婦。 ブーコさんのお腹のなかには、あかちゃんがいて!?

あしたもあそぼうねなかなかよいと思う みんなの声

あしたもあそぼうね 作:あまん きみこ
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1987年
ISBN:9784323002057
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,272
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さくら色の風

     うさぎのぴょんこが、ひとりぼっちで、さくらの花の下で遊んでいます。そこへ、ふわっと女の子があらわれます。さくら色の風のような、さくらこちゃん。
     おともだちができて、うれしそうなぴょんこの顔がほほえましいです。
     
     雨が降った後に、さくらこちゃんはいなくなりました、、、。さくらの花も雨が降ると散ってしまいますね。さくらこちゃんは、いなくなったけれど、くまのくうたと出会えてよかったです。くうたとは、あしたも遊べますね。

     いもとさんの、やさしくあたたかいタッチの絵とお話がぴったりあっていました。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵なお話

    優しいタッチの挿絵で、かわいらしいお話なので女の子向けだと思います。すぐに散ってしまう桜の花を思うと親としてはさくらこちゃんがかわいそうにも思えてしまうのですが、お話では、お友達のいなかったぴょんことくうたがめでたく仲良しになったので娘は満足そうでした。
    さくらこちゃんは桜の精でしょうか?短い間だけど、さくらこちゃんにもお友達が出来て良かった。夢があって素敵なお話だと思います。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の訪れと終わり、出会いと別れ

    友達のいないうさぎのぴょんこは朝から一人でさくらひろばに出かけておままごと。そこに突然桜の女の子が現れ、楽しく遊びます。帰るとき二人は約束します。「あしたもあそぼうね」 
    午後には、やはり友達のいないくまのくうたがやってきて、自転車練習。そこへ、桜の女の子が現れ、くうたは大喜び。そして約束します。「あしたもあそぼうね」

    春の訪れと終わり、出会いと別れ、そして新しい出会いをファンタジックに表した素敵なお話です。

    いもとようこさんの絵がまた素晴らしく、さくらこがさよならと舞っていくシーンはとても感動的です。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春だね

    春が来ると皆が楽しみにするのは、桜の花が咲く事ですよね。
    桜は満開に咲くとキレイだけど…数日後にはハラハラと散ってしまうのが寂しいですね。この絵本の中には、そんな桜の花の気持ちが込められていますよ(*^♀^*)さくらこちゃんはずっとお友達とはいられないけれど、友情を伝える事ができる絵本だと思います。春にピッタリのこの絵本をぜひ読んでみて下さいね!

    掲載日:2007/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかさせられます

    うさぎのぴょんことさくらことのやりとり
    くまのくうたとさくらことのやりとりが
    とっても子供らしく
    最後のさくらことのシーンがちょっとせつなく
    桜のピンクを基調とした色使いと
    絵がとてもかわいくて最後にほんわりさせられる本でした。

    掲載日:2006/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちできて、よかったね。

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子6歳、女の子1歳

    いつもひとりで遊んでいた、まんまるやまのぴょんこと、とんがりやまのくうた、ある日現れた女の子さくらこと、仲良くなります。ところが、桜の花の精のさくらことは、お別れの日がやってきます。代わりにみつけたのは・・・。
    花の精とか、雪の精とかと仲良くなって、お別れする話って、けっこうある気がするんだけど、決まってみんな悲しいシ−ンですよね。けれどこれは、さくらこがにこにこしながら、「また来年ね」と去っていく。そして、代わりに新しいともだちができて、ハッピ−エンドなんです。暖かい優しい気持ちで、読み終えることができます。
    あまんさんの素敵なお話に、いもとさんのかわいらしい絵がマッチしていて、なかなかいいと思います。

    掲載日:2002/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達作りのかけはしのさくらの精

    • 利恵子さん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳

    まんまるやまのうさぎのぴょんこと、とんがりやまのこぐまのくうたは、共に友達がいなくいつも1人で遊んでいます。2つの山の中心にある桜の木が、遊び場です。ある日お互い1人ぼっちで遊んでいるところへさくらこという女の子があらわれます。その女の子は実は桜の木の精なのです。彼女が架け橋になりぴょんことくうたは友達になることができるのです。さくらことは来年桜が咲く時期にならないと会えなくなってしまいますがぴょんことくうたは、もう1人ぼっちではありません。友達作りという子供にとっては最初の難関をとても素敵に描いている作品でした。この本を読んだ後、子供に「さくらこはどこへ行ってしまったの?」と聞かれました。みなさんはどう答えるでしょうか。私は・・・秘密です。

    掲載日:2002/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット