クリスマスのおばけ クリスマスのおばけ クリスマスのおばけの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
クリスマスの日、おばけのこどもはどうしているのかな? おばけのこどもを思いやる女の子の、かわいくてたのしいお話。

ふたりはともだちなかなかよいと思う みんなの声

ふたりはともだち 作:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1987年03月
ISBN:9784579402472
評価スコア 4.81
評価ランキング 229
みんなの声 総数 134
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 読んでてほっこり

    仲良しかえるのお話です。
    しっかりもののかえるくんとちょっとぼけてるがまくん。ふたりのやりとりがのどかで読んでてほっこりしました。
    一番最初の春がきたよではなかなか起きようとしないがまくんにかえるくんはいろいろと説得して起こそうとする姿がクスリと笑えます。

    友情っていいなと思います。こういったお互いを思いやれる友達と子供が出会えるといいな。
    文字が多めなので小学生あたりから読む本かなと思いました。

    投稿日:2015/04/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大好きなともだち

    がまくんとかえるくん、友達同士の二人の短い物語が5編収録されています。
    性格や考え方が違うのにお互いを大事に思って、たまには失敗するけれど、やっぱりお互いが大好きで、そんな二人の関係性がとても素敵だと思えます。
    息子にも小学生になってとても気が合うお友達ができました。
    大好きで大事な存在がいるって本当に素敵なことです。

    投稿日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校の教科書に載っていた記憶があり、少し早いけれど年長の娘に購入しましたが、改めて読むと、がまくんが面白くて大爆笑でした!こんなに面白いお話だったのか、と思いました。多分教科書載っていたのは1つのお話だけで、私が一番笑えたのは、かえるくんが体調を崩してがまくんがお話を考えるお話です。子供はどう感じているのか分かりませんが、楽しく読めているようです。

    投稿日:2019/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教科書

    絵本ナビさんのインタビュー記事を読んで、教科書にのっているお話ということで、気になっていました。
    「おてがみ」を読んでみましたが、自分が小さい頃読んだかどうかは思い出せませんでした。
    ですが、「おてがみ」は友達を思う気持ちがとても伝わってきます。
    「おてがみ」以外にもお話が何話か収録されています。
    どのお話も素敵ですが、春とボタンのお話が、個人的にはよいと思いました。
    子供が大きくなったら、他のシリーズも読んであげたいと思いました。

    投稿日:2018/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色で混乱

    2匹のカエルが登場するこの絵本。かえるくんはすらりとした長身で、がまくんはずんぐりむっくりとした小柄な体なのですが、どちらもカエルだけあって顔はそっくり。
    おまけにページごとに2人の色が変わるので「あれ、どっちがかえるくん?」と混乱してしまいます。
    最初のページではかえるくんが緑色でがまくんがグレーだったのに、次のページでは逆になっているといった具合。
    お話が少し長めなだけでなく、がまくんがとても奇妙な言動を繰り返すので、息子はよく理解出来なかったようです。
    でも最後の「おてがみ」はとても良いお話なので、もう少し大きくなったらまた一緒に読んでみたいです。

    投稿日:2016/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情に心がほっこりします

    なかなか起きないがまくんと遊びたいかえるくんはカレンダーを破って春だとだましたり、お話をしてほしいとせがむ友達のためにお話を一生懸命考えてみたり、手紙を欲しがるがまくんのために手紙を書いて渡させるかえるくんの短編集です。二人の友情に心が温まります。子供っぽいけど、そこがいいのです。絵もなんだかとってもあっていると思うので、私の子供も気に入っている一冊です。

    投稿日:2014/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちの良さが伝わる本。

    4歳の息子に読んでみました。
    やはりオススメの年齢からみても、ちょっと早かったような気がしますが、ゆっくり読めば理解できるようです。
    かえるくんとがまがえるくんが主人公のやや短めの5話が収録されてる短編集のようになっており、寝る前に一話だけでも・・・と読むことができます。
    かえるくんとがまがえるくんの距離感がとても良いです。あまりべったりすぎず、時には相手に不満を抱えたり・・。
    1話目の「はるがきた」の最後で、かえるくんは、4月までのカレンダーを破り、5月になったと嘘をつきます。
    嘘をつくことは悪いことだとおしえつつ、でも・・それぐらいかえるくんはがまがえるくんと遊びたかったんだね・・と言いながら読んでました。

    投稿日:2012/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情

    がまくんとかえるくんの、5つのお話です。
    中でも印象に残ったのは、最初の「はるが きた」です。
    カレンダーをやぶって、やぶって春にしてしまうのは、かえるくん。
    どうしても、がまくんと遊びたかったんだなーと、ひしひしと感じました。

    どのお話でも、くすっと笑ってしまうエッセンスがあって、二人の友情の強さも感じられました。

    投稿日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想のともだち

    がまくんとかえるくんの、日常を描いた絵本です。

    ふたりはお互いに自然体で、とても大切にしていて、
    思いやりあっていて、理想の「友達」という関係は
    きっとこうゆうのなのでしょうね。

    そこまで理解できるのは大人になってからかもしれないけれど、
    子どもの頃に読んだことがある、と改めて読む機会があれば
    いいなぁと思いながら読み聞かせしました。

    ほっこりしたい時にお勧めだと思います。

    投稿日:2012/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 対照的な性格のふたり

    「ともだち」がキーワードの5つの短編が楽しめます。

    かえるくん と がまくん
    ふたりはともだち。
    性格は対照的かな・・・
    だからこそ生まれたエピソードだと思いました。

    私は「なくしたボタン」のお話が好きです。
    がまくんとかえるくんが遠くまでお出かけして帰ってきた時
    がまくんが上着のボタンをひとつなくしてしまった事に気付きました。
    かえるくんが「しんぱいごむよう。」と一緒に探してくれることになりました。
    さて・・・がまくんのボタンは見つかるのでしょうか???

    私はかえるくんが言った「しんぱいごむよう」という言葉がずっと頭に残りました。
    「一緒に探そう」より、がまくんを「励ましたい」かえるくんの優しい性格が表れてる言葉だな〜と思います。


    5つの話はどれもユニークな要素が盛り込まれています。
    ともだちっていいな〜とジーンとくるだけでなく へーって感心したり わーって笑ったりできる所が好きです。

    投稿日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ふたりはいっしょ / たびだちのとき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(134人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット