ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽんの試し読みができます!
作: ちかつたけお  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本! 1・2・3さい向け

おまえ うまそうだな」 みんなの声

おまえ うまそうだな 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784591076439
評価スコア 4.8
評価ランキング 272
みんなの声 総数 203
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

203件見つかりました

  • 心打たれるお話です♪

    このお話を読んで、とっても感動しました。
    ウマソウの純粋な心にも魅かれたし、おとうさんに
    間違えられたことで、ほんとのおとうさんのように
    ウマソウを守るティラノサウルスにも魅かれました!!
    恐竜の世界のできごとではあるのですが、人間の世界に
    通じるものもあり、作者の宮西達也さんが、この物語に
    こめた想いというものにも、少し触れられたような気が
    します。
    大人が読んでも感動できる、素晴らしい絵本だと思います!

    投稿日:2014/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後が切ない。。

    出産祝いでもらって、2歳11か月の息子に読みました。

    食べようとしたアンキロサウルスの赤ちゃんに、父親だと誤解されるティラノサウルスの話。
    父親らしくしようと、奮闘するところがかわいいです。
    赤ちゃんの名前が「ウマソウ」となってしまうのも、ちょっとおかしかったです。
    最後はちょっと切ないけれど。
    息子も喜んで読んでいました。

    とっても良い話だとは思いますが、多かれ少なかれすぐ使うだろうとは思いますが、ただ、「おまえ」という言葉は、まだ息子には覚えて欲しくないなあと思ってしまったのでした。

    投稿日:2014/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次男にヒット

    恐竜好きの次男にいいかな、と思って購入しました。
    長男に比べ本を自ら読むことが少ない次男ですが、この本は何度も「読んで」と持って来たり、自分で読む練習をするようになりました。
    私が読んでいてもホロっとくる内容で、親子でお気に入りです。

    投稿日:2013/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父性愛

    宮西達也さんの絵本も恐竜も大好きな子どもがチョイスした一冊です。
    わたしもずっと気になって読みたいなと思っていました。

    アンキロサウルスの赤ちゃんの勘違いに、大きな肉食恐竜ティラノサウルスが、そうだよお父さんだよと嘘で答える。とっさにでた嘘。ティラノサウルスの父性愛、そしてちょっとぶきような優しさです。
    2人のやりとりはちょっとかわいく、優しさであふれています。
    最後ドキドキする感動のお話ですが、楽しさもあふれていて、子どもも大人も楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2013/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 育児雑誌などに、オススメの絵本として掲載されていたので、内容は知らないままで購入しました。
    子どもに読み聞かせながら読んでいると、結末に近づくほど涙がとまりませんでした。
    子どもも私も、この絵本のシリーズで恐竜の名前もたくさん覚え、恐竜大好きになりました。

    投稿日:2013/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 以外にもウケた1冊

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子0歳

    絵の感じといい、見え透いた展開といい、子供には受けないのでは?と思ったのですが、意外や意外、ウケました。
    1回読んだだけで終わる絵本も多いのに、こちらは何度も繰り返し見ています。
    イラストなのか、物語なのか、両方なのか、その魅力は自分にはよく分かりませんが、子供の心を惹きつけてやまない魅力があるようです。

    投稿日:2013/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ええ話です

    • 蒼良さん
    • 30代
    • せんせい
    • 兵庫県

    宮西達也さんの絵本は
    本当にジーンとくるものが多いですね。
    この絵本も宮西さんの代表作で
    あちらこちらで、紙芝居・人形劇等々
    よく見かけます。

    子どももティラノサウルス大好きだったりしますしね。

    ただ、宮西さんの絵本って
    子ども向け、というよりも
    大人が読んで
    「ええ話やなぁ」と思わず涙がホロリ
    そんな印象があります。
    この絵本もまた然り。

    個人的には、赤ちゃんの健気さが
    たまらなく涙腺を崩壊させました。
    ラストもまた、いいですね。
    心温かくなる展開、素敵です。

    投稿日:2013/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 情がうつって……

    アンキロサウルスの子どもが、ちょっとした勘違いから、ティラノサウルスをパパだと勘違いしてしまい、懐いてしまったアンキロサウルスを捨てることができないティラノサウルスが育てていくうちに、情がうつっていく様子が丁寧に描かれていました。
    その分、アンキロサウルスの子どもが仲間のところに戻ったときのティラノサウルスの気持ちの切なさが伝わってきました。
    見送るティラノサウルスの顔が、喜びと寂しさの混ざった表情に見えて、読み終わったあとに複雑な気持ちになりました。
    友達が、子どもがいる女性と結婚することを決めたときに、この絵本と偶然出会い、「いつかは本当の父親のところに戻るかもしれないと感じる、悲しい絵本だった。でも、この絵本に出会ってよかった。こうなるかもしれないという覚悟を持ちながら、精一杯子どもを愛していきたい」と言っていました。
    今は複雑な家庭環境が多くなってきましたが、共感できるお父さんお母さんも多いのかなと、そのときに感じました。

    投稿日:2013/07/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • 乗り物絵本一辺倒の息子が珍しくこの絵本はかなり気に入ったようです。久々に5回連続で読みました。
    どうも物語にはついていけてない様子で、話も半ばでページをめくるのですが、絵や展開、『おとうさーん』というセリフを楽しんでいる様子。
    恐らく口コミでこれほど好評価でなければ借りなかった、この絵本。
    私にとっても息子にとっても、出会えてよかったです。

    投稿日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子にピッタリ

    恐竜好きの息子が幼稚園で読んでもらってはまりました。

    草食恐竜の赤ちゃんが勘違いし、ティラノサウルスがお父さんになってしまうお話。
    一生懸命赤ちゃんを大切にし、色んなことを教えてあげる様子が
    ほほえましい。
    最後はちょっとしんみりします。
    でもあったかい気持ちになれる絵本です。

    投稿日:2013/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

203件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / かいじゅうたちのいるところ / うずらちゃんのかくれんぼ / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット