もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おばさんのごちそう」 みんなの声

おばさんのごちそう 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年
ISBN:9784871100328
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,615
みんなの声 総数 32
「おばさんのごちそう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ふしぎ―

    7歳6歳の娘たちに読みました。絵本の紹介本で取り上げられていて借りてみました。

    おばさんがお客さんをよんでお料理をするのですが、何を作るのかと思いきや、びっくり!何でこんなことができるのか!と驚きましたが、長女は最後の絵を見て「あー。わかった!この絵」。そういうことだったんですね。わかると「なるほどー」

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんなものばかりでてくる

    「おばさんは料理の名人」と聞いて、どんな料理をするんだろうと、楽しみになりました。
    「はあい、できあがり!」とおばさんがいうと、へんなものばかりが出てきます。おばさんが料理をしているのを見ている男の子と女の子の顔が、ニコニコしている場面とびっくりしている場面があります。私も同じように、びっくりしたり笑ったりしました。
    おばさんが目玉やきをつくっているのは分かりましたが、なかなか出てこないのでどうしたんだろうと思いました。お茶をのむときのレコードになっていたのですが、わたしは気がつかなくてお母さんが気がつきました。おもしろかったです。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷりの絵本です

    料理名人のおばさんは
    お客さんをよんで、ご馳走するのが大好き。
    何ができるかワクワク。
    美味しそうで楽しい料理にびっくりします。
    子供たちと一緒にページをめくるたびに
    出来てきた楽しい料理に、思わず絵顔になる絵本です。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の頃読んだ本

    私自身が子供の頃に読んだ本です。
    大人になってすっかり存在を忘れていたのですが、最近偶然何かで見かけて(教育テレビのてれび絵本だったかな?)思い出し、無性に読みたくなって子供に借りてきました。

    久しぶりにおばさんの魔法のような(魔法の?)料理に出会えて、胸の奥がくすぐったいような懐かしい気持ちになりました。
    きちんとおめかしした男の子と女の子を、おばさんが子ども扱いせずに「お客様」とて扱っているところも、子供ながらにうらやましい様な、憧れのような感情を抱いていたのも思い出しました。


    三歳の息子も気に入ってくれるといいな、と思いながら読み聞かせましたが、途中おばさんの料理にびっくりしたのか無言。(いつもは色々話しかけてくるので)
    終盤美味しそうな料理が並ぶと「うわ〜♪」と喜んでいましたが…
    まだちょっと早かったかな?と心配しかけましたが、その後何度も自分で絵本のページをめくって読んでいました。(無言だったのは絵本の世界に引き込まれていたからだったのかな?)
    おばさんのごちそうは息子の心も掴んだようです。

    最後のオチは、今回読んで初めて気が付きました!
    子供の頃は気がつかなかった…!
    そうかおばさんは…、そうだったのね!

    数十年ぶりの新鮮な驚きでした。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お好み焼き!

    先日、保育参観がありました。
    一通りの日課を終え、時間が余ったので、先生が読んでくださったのが、「おばさんのごちそう」

    「小麦粉サラサラ、ミルクを加えて・・・さあ、何ができるかな?」
    と、先生。
    子供たちが「パ・・・」と言いかけた瞬間、
    「お好み焼き!!!」
    と、叫んだ子供が1名。
    見れば、我が息子。
    「お好み焼き!お好み焼きったらお好み焼き!!」
    パン、と言いかけていた他のお友達も、つられて
    「お好み焼き!」

    先生は、困り果てた顔で
    「ほんとにそうかなあ・・・?」
    と、再考を促しても、
    「お好み焼き!!」
    と主張し続けるアホ息子。

    懲りない息子はその後、その絵本を借りて意気揚々と帰ってきました。
    「この本、おもろいねん」

    とにかく楽しい本です。
    子供の大好きな「魔法」「お料理」「探しっこ」といった要素がふんだんに入っています。

    マクラが長い割に、2行レビューですみません。
    ちなみに、お好み焼きは登場しません。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何ができるのかな?

    この本は小さいときに大好きだった本です。
    お料理の大好きなおばさん。
    何を作っているのかな?
    パンを作っていると思ったら、オーブンからでてきたのはテーブルとイス!?
    ワクワクドキドキするお話です。
    保育園の読み聞かせで年長・年中さんに読んだところ、みんな楽しそうでした。
    最後に出てくるレコードが時代遅れになってしまったのが残念です。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分も読んでいた本

    自分も子供の頃読んでいた本です。
    料理上手のおばさんだと思っていたら大間違い。
    とっても不思議な魔法でいろんなものが大変身。
    子供は絵本に出てくる子供と一緒に驚いて楽しんでいました。

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくりです。

    とても素敵なご馳走に驚いています。でも、ぱっと、テーブル、椅子、テーブルクロスにお皿には、びっくりです。いいなあ・・・でも、おばさんもちゃんと昔お母さんから習ったんだと納得しました。でも、まだお母さんはきっと健在だと思いました。お鼻がそういえば特徴あるから、きっと魔女なんだと思うと益々楽しくなりました。五味太郎さんの作品で納得しました。絵も素敵で楽しめました。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なごちそう

    どんなお料理が出来るのかな?と思っていたら、ちょっと予想とは違う物が!?
    まさかこんなお料理だとは思っていなかったので、子どもと驚きながらもとても楽しめました。
    おばさんは普通のおばさんでは無かった事にも驚きました。
    先が読める絵本より、驚かさせる絵本の方が面白いですね。

    絵本ならではの、ユーモアのある絵本でした。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなおばあさんになりたいな〜

    料理が大好きなおばさんは、お客さんをよんでごちそうするのが 何よりの楽しみ
    お料理好きのおばさんのお家に行ってみたくなりました。

    とってもしあわせそうな おばさんの顔が いいな〜
    子どもたちもうれしそう!
    おばさんは 二人のこどもをだっこしている 絵がいいな〜

    こんなおばさんになれたらいいな〜
     
    こんなこと思いました。
    オーブンから パンのいす。
    スープじゃなくて テーブルクロス 

    あ〜
    なんて夢のある お料理
    最後の めだまやきが レコードになるところなんか
    なんて すてき!
    音楽ききながら おばさんのお料理 ごちそうになりたくなりました。

    きっと おばさんの お母さんも お料理上手な すてきな お母さんだったんでしょうね!

    掲載日:2008/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット