なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

あおいくも」 みんなの声

あおいくも 作・絵:トミー・ウンゲラー
訳:今江 祥智
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784893095008
評価スコア 4.18
評価ランキング 18,411
みんなの声 総数 16
「あおいくも」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 解釈が難しい……

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    どう解釈すれば良いのか、とても迷いました。

    ほかのくもが何をしても気にしなかった小さなあおいくもが、大きくなるにつれ、世界中のことが知りたいと思うようになります。
    ある日、色の違う人間たちが互いに殺しあっているところに出くわします。あおいくもは「決心」して、自分がなくなってしまうまで雨をふらせます。雨にぬれた人々はみんなあおくなり、なごやかにくらすようになりました。

    一読すると、めでたしめでたしのお話なのですが、どうしても気になることが2つあります。

    一つは、みんなが青い人間になったから戦争をやめたかのように読めることです。
    あおいくものなかを通り抜けて青くなってしまった飛行機を掃除している場面からも推察されるように、あおいくもがつけた色は洗い落とせるようです。そうなると、戦争をしていた人たちも、いずれはもとの白や黒や赤や黄の人間に戻ることになります。ですから、人間が戦うことをやめたのは、肌の色が違うことで争うのはアホらしいと気づいたからでしょう。それをきづかせてくれたのが、あおいくもなのです。

    もう一つ気になるのは、なぜあおいくもは自分がなくなってしまうまで雨をふらせたのかということです。肌の色の違いで争っているくだらない人間のために、なぜ自らを消してしまう「決心」をしたのでしょうか。
    「すきなように すきにいきていて、ほかのものが なにをしているのかなんて、ちっとも きにしなかった」あおいくもだからこそ、人間の自由や命を奪う「このひどいやりくちに おどろきあきれて」しまい、そのまま戦わせておくことが許せなかったのではないでしょうか。誰かのためではなく、自分の心が何もしないでいることを許さなかったのだと思います。

    フランスで生まれ、二次大戦中はドイツ占領下で暮らしていたトミー・ウンゲラーのことです。自由の大切さや戦争の悲惨さ、虚しさを知らないはずがありません。
    さっと目を通してしまうだけだと、肌の色が同じになったから戦争がおわり、雲は人間のために自分を犠牲にしたと読んでしまいそうです。そうなると、この絵本の評価は「あまりおすすめしない」になります。でもこのお話は、そういうことを表しているのではないと思います。

    子どもに安易に読んではいけないと思いつつも、実は子どもたちの方がこの絵本の本質を読み取ってくれそうな気もします。どう扱ったら良いのか迷ってしまう一冊です。

    投稿日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しく深いテーマ

    • キールさん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    空に浮かぶあおいくもは自由気ままに生きていますが、ある日世界を知りたくて旅立ち、そこである光景を目にして大きな決心をする、というお話です。

    大人視点から見ると世界と平和について描かれているのですが、子ども目線からはかわいい雲のお話です。

    あおいくもの存在がとっても不思議で、ユニークな場面がたくさん出てきます。
    あおいくもの表情もやわらかく、子どもは純粋に楽しんでくれます。

    大きくなってからも読み返したいと思う作品です。

    投稿日:2018/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな青い雲

    このお話は青い雲が主人公のお話でした。青い雲は普通の白い雲たちとは違って、雨を降らせたり雷を鳴らしたりしなくて空を気持ちよさそうにただよっています。そんな青い雲ですが、人間の町が火事になった時初めて雨を降らせて消えてしまいました。その町は青い雲をたたえて全部が青色の町になりました。みんなに愛されて、亡くなってからもみんなの心に残っているってとっても素敵なストーリーでした。

    投稿日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 11歳の息子が絶賛

     図書館の新刊コーナーにあり、トミー・ウンゲラーさん作だったので
    借りてみました。
     
     息子たちと読んでみると、ひとりでさらっと読んだときには
    気付かなかったことがたくさんありました。息子たちはいろいろ気づくのです。
     絵の中にナンセンスがあったり、内容にもユーモアがちりばめられていたり。

     いつもは、あまり絵本を高評価したことのない11歳の息子が
    「これおもしろい!すごい!いい!」と絶賛していました。
     今の息子のツボはこういうところにあったのか!と
    新しい発見をさせてくれた本でした。

    ・・・そういえば、小さい頃、「へびのクリクター」を
       寝る前の1冊としてよく選んでいましたっけ。

    投稿日:2011/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブルーが綺麗

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    主人公が雲ということで、なんとなくふんわり気分になりながら、ページをめくると、そこはブルーの雲・・・ブルーの色がとても綺麗なんです
    白い羊雲、黒やグレーのかみなり雲
    彼の通り道がすべてブルーになってしまったり、グッズが登場したり
    作者にとってブルーは平和の象徴を表したかったのだろうと感じます
    同じ色で同じ人間であることに気付いたんでしょうね・・・
    実際はそう簡単にはいかないかもしれませんが、平和を考えるきっかけになるかもしれません

    投稿日:2010/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • この星が“青い星”のままであるためには

     ウンゲラーさんならではの独特な風刺の効いた作品です。
     人種差別・戦争等、何時の時代もあいも変わらず下界で行われている一方、天には“すきなように すきにいきていて ほかのものが なにをしているかなんて ちっともきにしない”ある意味達観した存在「あおいくも」がおおらかに漂っています。
     このコントラストが、読者に多くのことを訴えかけているように思います。
     「あおいくも」の大事な決心とは?と読み進め、下界での変化に彼の偉業が心に染み入ってきます。

     この星が“青い星”のままであるためには、「あおいくも」のいない現実世界で“下界の者たちが、ひとつになること”が大切だというメッセージを送られていると思う作品でした。

    投稿日:2010/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥の深い本

    御存じ「すてきな3にんぐみ」を書いた作者、トミー・ウンゲラー氏の
    未邦訳本です。

    戦争体験のある作者だからこそ、表現することができる作品だと思いました。

    5歳の息子に読んで聞かせると、終わったあと、しばらく言葉もなく考え込んでいましたが、その後何度も自分で本を開いて読んでました。

    何事にも無関心に幸せに暮らしていたあおいくも、そのくもが
    人間達の争いを見て、自らを犠牲にして人々をしあわせにする。

    自己犠牲、というよりも、究極の愛。人間の愚かさ、戦争の恐ろしさも
    子供の本ではあるけれども、わかりやすく書かれています。

    戦争のページは子供に見せるには抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、戦争と平和について、そして愛について考えるよいきっかけになる本かもしれません。

    絵も美しく、話も胸を打つ、大人にもぜひ読んでもらいたい1冊です。

    投稿日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に染み入る作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「すてきな三人組」で知られるトミー・ウンゲラーの作品。
    初版は2000年で、邦訳は2010年となっています。

    「むかし、
    ちいさなあおいくもがいた」
    という書き出しで始まりますが、この主人公のあおいくもは、他のくもが雨を降らせていても知らん顔で、勝手気ままに過ごします。

    そして、あおいくもが通り過ぎると、飛行機、山、ビルなどがあおく変色してしまうのです。

    そんな自由な暮らしをしていたあおいくもなのですが、下で戦争が起きているのを目にします。
    様々な色の人間を描いているのですが、正に多国間の戦争を象徴しているのでしょう。
    この戦争を止めさせるために、あおいくもが取った行動は意外なもの。
    ここからエンディングに続く部分は、ウンゲラーならではのもので、読後に心がキュンとなってしまいます。

    最初は、割と淡々とした印象を持ったのですが、実はとても深い作品で、一読を薦めたい作品です。

    投稿日:2010/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あおの心

    周りのことなど気にしない。
    自分らしくマイペース。しあわせなあおいくも。
    これは、平和な地で暮らす人々の無関心な姿なのかもしれないと思いました。

    ふと、世界中のことが知りたいと思ったあおいくも。
    見下ろした人間界は、争い、殺し合う世界。
    あおいくもは、じぶんが消えてしまうまで雨を降らせ、人間たちの争いを鎮めます。

    綺麗なあおいくも。
    気持ちを落ち着かせる色、あお。
    同じにするのは、肌の色ではなく、心のあお。

    あおの心をもつ人がふえるといい…
    そんな願いが込められているような気がしました。

    投稿日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい

    子供に読み聞かせはしましたが、このお話の意味までは理解できなかったでしょう。
    いえ、大人である私も、本当の意味までわかっていないです。
    「あおいくも」の「決心」によって、世界が平和になった。
    そんなシンプルなストーリーであるはずなのに、それだけではない何かがあるような気がしてなりません。

    投稿日:2014/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット