新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

じてんしゃのへいたいさん」 ママの声

じてんしゃのへいたいさん 作・絵:アレン・セイ
出版社:新世研
税込価格:\1,760
発行日:1998年06月
ISBN:9784880120171
評価スコア 4
評価ランキング 27,210
みんなの声 総数 2
「じてんしゃのへいたいさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 偵察に来ている子どもたちが面白いです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳

    アレン・セイ(作者)は、面白いテーマを作品にするな〜と、思いました。
    しかも前に読んだ「おじいちゃんの旅」とは、絵の感じも、作品の作り方も違う気がします。
    戦後の日本の、物はないけど平和な空気の中での運動家の風景。
    そこに現われたのは、今まで敵国とみなしていたアメリカの兵隊さん。
    校長先生が兵隊さんと話している時、校舎の壁に張り付いて、何人かの子どもたちが偵察しに来ているのですが、その姿が何とも子どもらしくて、とっても好きなシーンです。

    あと、面白いのはこの絵本に使われている色は3色くらいしかありません。
    アレン・セイはなぜ、あえてこの色だけで作品を作ったのでしょうか?ちょっと気になります。
    なかなか奥の深い作品だと思います。
    日本には、こんな時代もあったのだということを知ることができる良いきっかけになりそうなので、小学校の高学年くらいの読み聞かせにいかがでしょうか?

    投稿日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


AmazonオーディオブックAudibleでJ.K.ローリング最新作『クリスマス・ピッグ』を楽しむべき7つの理由

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット