話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • かわいい
  • 盛り上がる
  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ババヤガーのしろいとり」 ママの声

ババヤガーのしろいとり 作:ロシア民話
絵:佐藤 忠良
再話:内田莉莎子
出版社:福音館書店
本体価格:\0+税
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,305
みんなの声 総数 5
「ババヤガーのしろいとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おおきなかぶのコンビ

    大好きな絵本「おおきなかぶ」の作者コンビの作品ということで興味を持ちました。
    ちょっと不思議なロシアの民話です。
    日本の昔話「さんまいのおふだ」に似ているかな。
    はくちょうは良いイメージしかなかったのですが、ここでは魔女の手下というのに驚きました。

    投稿日:2020/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的なロシア世界

    ロシアの民話です。

    家庭の事情でロシア文化に触れさせたいと思っており、図書館で借りてきて読みました。

    ババヤガーは言わば山姥。マーシャという娘が、弟のワーニャと一緒に留守番をします。マーシャは両親のいいつけを守らず、ワーニャを置いて遊びにいってしまいます。するとババヤガーの手下の白い鳥がやってきてワーニャをさらっていくのです。マーシャは道中いくつかの障害を乗り越えて弟を助けにいきます。

    ババヤガーの家が鶏の足の上に立っていること、白い鳥が子供をさらっていくこと、ミルクの川なんてものが流れていること、ワーニャが金のりんごで遊んでいること、何もかも幻想的です。

    子供の絵本には、この話のような現実世界からは想像もつかないような内容を期待している私はとても気に入りました。

    息子も「りんごの本読む〜」と読みたがりました。怖いのではないかと思ったのですが、ミルクの川とゼリーの岸などに興味を示し「え、なに?」と何度も確認します。そうやって絵本の世界に引き込まれておいで〜、とせっせと読んでいます。

    お話は少し長めです。同じ話が『マーシャと白い鳥』『マーシャとババヤガーのおおきなとり』などとして出版されていますが、内田莉莎子さんの文章と、佐藤忠良さんの絵の組み合わせ(有名な『おおきなかぶ』と同じペアです)のこの本がお勧めです。

    投稿日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット