まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

土にねむるたねのふしぎ2 林の土から芽がでたよなかなかよいと思う みんなの声

土にねむるたねのふしぎ2 林の土から芽がでたよ 写真:松尾 洋子
監修:多田 多恵子
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784752004813
評価スコア 3.5
評価ランキング 39,201
みんなの声 総数 1
「土にねむるたねのふしぎ2 林の土から芽がでたよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 育てる植物にあだ名をつけちゃってます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    多田多恵子さんが監修している「植物を育てる楽しさを知るシリーズ」の1冊です。
    写真絵本ですが、解説がやや多いので、読み聞かせにはちょっと難しいかもしれません。
    各季節で育つ“植物を育てる”ということに絞って描かれています。
    この作品の作りの面白いところは、
    だた植物たちがどんな風に成長Lしていくか季節を追って見せてくれるのではなくて、
    はじめに「めばえコレクション」のページで、育てる植物にあだ名をつけちゃうんです。
    「今はなんの芽かわからないから、あだ名をつけて覚えておこう」って。

    “スーパー豆星人1”。“トゲトゲマン”やら、“おばけショベルカー”。可愛い命名では“アコーディオン”などなど。

    名前がついていると、この植物たちに愛着がわいてくるから不思議です。
    読み進めていくとそれぞれの目がどんな植物に成長したのかもわかります。
    ちょっとクイズっぽくって楽しいです。
    小学生の中学年以上の子どもたちにお薦めしたいです。

    投稿日:2017/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット