アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ふでばこのなかのキルル」 その他の方の声

ふでばこのなかのキルル 作・絵:松成 真理子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784592761433
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,721
みんなの声 総数 25
「ふでばこのなかのキルル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何度も読み返して

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    キルルってなんだろう・・・?どうして筆箱の中に住んでるの・・?
    なぜ時々真珠のネックレスの上で寝たりするの・・?
    男の子のつぶやきのようにこのお話は、語られます
    50年前の約束を思い出したおじいちゃんによって、キルルとの出会いがわかり、そして別れが近いことも知ることに・・・

    手のひらに乗せただけで、言葉が伝わってくるって、どんな感じなんでしょうか・・・
    現代のなんでも見たもの聞いたものが優先されている私たちには、感じ取れないのではないかしら

    そんなことを思いながら、何度も読み返していくうちに、キルルの心が伝わってきました
    なぜ真珠のネックレスが恋しかったのか・・・・
    キルルの思い、男の子の思いがわかりかけてくると、すべてを言葉に表さなくとも、読み手に作者の思いを伝えてしまう松成ワールドのすごさにまた感動した絵本となりました
    優しいタッチの絵とともに癒されること間違いなしです

    投稿日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • おじいちゃんにもらった わらで編んだふでばこ
    中に不思議なものがいた     赤い目の小さなりゅうです
    キルルとないたのです
    ぼくは りゅうの事を図鑑で調べて  りゅうは球を持っていることを知ります
    おじいちゃんに話したら 忘れていて 「とかげじゃろ」というのです・・・
    ぼくは キルルのことが心配 何も食べません 
    ある日 おじいちゃんは 子どもの頃のことを思い出したのです

    南の国の旅で ひどい嵐に遭い  一人 あなの中にいた子どものおじいちゃんが 赤い目玉の 小さなりゅうと出会い  りゅうの珠に 家に帰りたいと願ったら 家まで帰れた話を・・・・・
    その時「50年たったら 思い出すという約束をしたのです」

    おじいちゃんは約束を思い出し  自分が忘れていたことを 「ゆるせよりゅう」と涙をながして謝るのです
    キルルは涙の珠をかかえて・・・・
    おじいちゃんとぼくは、キルルが自分のお家に帰れるように願ったのです

    星空のなか キルルとないて 帰って行きました
    おじいちゃん 50年前の約束思い出せて良かったね!

    ぼくはキルルのこと50年たっても忘れませんように・・・・(キルルが好きだったのですね)

    ラストの良いお話しに 涙が出ます  さようなら
    松成さんの優しい絵が良いですね〜

    投稿日:2017/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / ぼくのまちをつくろう!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット