アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

いたずらかいじゅうはどこ?自信を持っておすすめしたい みんなの声

いたずらかいじゅうはどこ? 作:パット・ハッチンス
訳:乾 侑美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年05月
ISBN:9784032024401
評価スコア 4.26
評価ランキング 15,497
みんなの声 総数 18
「いたずらかいじゅうはどこ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いたずらスタンプラリー

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳、

    いたずらをしてはどこかへ消えていくヘイゼルの弟を
    みんなで家じゅう大捜索するお話。

    まるでスタンプラリーのように
    行くとこ行くとこでいたずらをするぼうや。
    そしてそのいたずらが、次の目的地へのヒントとなっていて、
    とても面白い構成です。

    最初のほうは、ページのどこかに隠れていたぼうやを見つけて
    喜んでいた息子。

    3つめのいたずらの辺りから本当に姿を消してしまい、
    こちらもぼうや探しに必死になります。

    ぼうやが何をしても絶賛のおばあさん。
    いたずらを賞賛する前向きなコメントが面白いです!

    最後はかわいいぼうやの寝顔に癒されますが、
    私だったらぼうやのいたずらにかなりキレます(笑)。

    投稿日:2012/04/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怪獣坊やに尊敬と羨望の眼差しの息子

     かいじゅうの世界では、悪いかいじゅうほど、良いかいじゅう。
     人間界の常識で読んではいけないんです。
     でも、母は読みながら気絶しそうでした。
     息子は、「あ〜あ」と、いいながら、しっかり主人公のいたずらかいじゅう坊やに尊敬と羨望の眼差しを向けていたのを、母は見逃しませんでした。
     4歳頃の思い出の一冊です。
     久々図書館で見かけ借りてきましたが、この本ボロボロなんです(笑)。
     この本を借りた子たちも、読後暴れたんでしょうかね。

    投稿日:2009/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母すごいよ。。。

    わたしなら、こんなふうに家の中がなったら失神。。。
    か、もう怒ってしまう。。。

    今、娘がはまっています。
    いたずらかいじゅうを探すのもおもしろいみたいだし
    何より、こどもがしたいことが書いてあるからおもしろいのかな

    他にもシリーズがあるみたいだから読んでみたいとおもいました。

    それにしても、かいじゅうはすごいよ。
    おばあさんの感想は、、、わかる。
    親は怒ってもおばあさんちは、ああいう言い方するもんね。
    片付けるのは自分ではないし、客観的に見れるからね。

    母の心は。。。複雑。だけどあんなふうにいたずらはさせてあげたいかな?
    私の家でなくて、片付けしなくていいなら(無責任)

    投稿日:2007/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばあさん、すごい!!

    いたずらかいじゅうビリーは、とにかくいたずらっこ(笑)!!
    わが子だったらと思うと、青ざめてしまいますが、でも、
    なぜかにくめないんです♪
    後片付けのことを考えると、ぞっとするようないたずらを
    いくつもしているビリー!!
    でも、おばあさんはそんなビリーをとにかくほめるんです♪
    なんというプラス思考!!
    こんな風におおらかに子どもを育てることができたら、
    楽しいだろうなと思いました♪

    投稿日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の息子に読みました。

    息子はビリーのいたずらに、「あーあ」と言いつつ、何だかにやけていました。やっぱりこんな風に思い切り暴れたいのかもしれません。でも、お姉ちゃんヘイゼルの立場にも立てるようで、「こんなに汚しちゃだめだよね。赤ちゃんだね」などと余裕の発言もしていました(笑)。

    あ、こうやって客観視できるようになって大きくなるのだな、と息子の成長を感じた絵本でした。

    投稿日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらを極めるチビ怪獣

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     明るく、ユーモアたっぷりの怪獣一家だ。
    赤ちゃんの時から、
    「世界一悪い赤ちゃん怪獣」だったビリーが、
    「世界一悪い坊や」にパワーアップして登場。
    そのいたずら振りは豪快だ。
    次から次へと場所をかえて、
    家中を引っかきまわす元気さにあきれてしまう。
    ここまでとはいかなくても、プチ怪獣坊やは、そこ、ここにいそうだ。
    ぐちゃぐちゃの台所をみて、
    「ぼうやが、ケーキづくりを てつだってくれた・・・」とか、
    ペンキで描かれた壁の落書きをみて、
    「絵もかけるんだねえ・・・」と、コメントするおばあさん怪獣は、
    幾多の子育て経験からくる余裕だろうか・・・。
    わたしは、こんなおばあちゃんになれるだろうか・・・?!
    と、妙なところに感心した。

    投稿日:2007/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット