虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね」 ママの声

マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね 作:イングリート・オストヘーン
絵:クリスタ・ ウンツナー
訳:ささき たづこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年05月
ISBN:9784251009210
評価スコア 4.81
評価ランキング 267
みんなの声 総数 15
「マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 少しの勇気

    こちらで皆さんの感想を参考に、図書館で選んできた1冊です。

    いじめられっこのマルチンが、妖精にかぼちゃおばけの種をもらいます。「誰かにいじめられたら『かぼちゃおばけになーれ』」と言うと相手はかぼちゃになってしまう種です。

    でも、このかぼちゃの種を持ってることでマルチンは自信を持ち、いじめっこ相手でも投げないのです。私も長女もてっきり投げると思っていたのですが。

    この先娘達に何かあったときに、私もこのかぼちゃの種が与えられたらなあと思ってしまいました。

    投稿日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 顔を上げ、時には笑顔で向き合っています

     カバー折り返しを読み、借りてきました。

     苦手なものの克服のため、かぼちゃおばけの種を妖精からもらったマルチン。
     これを苦手なものに投げつけて、「かぼちゃおばけになーれ」というと、かぼちゃおばけにしてしまう不思議な種です。

     今までおずおずと対応していた苦手な相手に、マルチンは種という魔法の力を得て、顔を上げ時には笑顔で向き合っています。

     苦手なものや人に押しつぶされそうになっていた自信が、蘇って来ているのだと思いました。

     マルティンのようなこどもたちに、わたしたちも“かぼちゃおばけのたね”のようなものを授けてやりたいものだと思いました。

     この作品が、世界中で広く読まれているのは、エンディングが、大なり小なりマルティンに自分を投影するこどもたちの心をしっかりと掴むのだと思いました。

    投稿日:2010/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気づけてくれる内容

    読んでいて、まず浮かんだのは「ラチとらいおん」です。

    子どもの頃、誰しも苦手なことはあり、それを克服したいと願ったのではないでしょうか。かぼちゃおばけにしてしまえる魔法の種をもらったマルチン。種を持つことで勇気がもてたようですね。

    一歩踏み出してみることに躊躇する時、勇気づけてくれる内容ではないかと思いました。

    投稿日:2008/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 種を持ってるだけで勇気が出る

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    学校の読み聞かせで、読まれた方がいてこの話を知りました。
    魔法の種を授けられた少年が、いつ使おういつ使おうかと思っていますが、
    種があるというだけで、少年は勇気が出てきます。
    かぼちゃお化けがうすく黄色く描かれているのが、とても効果的でした。

    とうとう、少年は種を使わずに投げてしまいます。いいお話だったと思います。
    ちょっとした勇気で変われるんだよということが、子供にも伝わってたらいいなと思います。

    ちなみに早口で読んで丁度10分くらいです。いつも2冊で10分程度が目安のお話タイムなのですが
    この日はこの一冊を皆が集中して聞いてました。
    種をどうするのか、子供たちがだんだん入りこんでいったのだと思います。

    投稿日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちのもちよう

    気持ちのもちようで、物事は変わってくるそんなことを感じる絵本でした。

    人は誰しも苦手なものがあるもの。
    でもちょっとした魔法で…
    この絵本の主人公マルチンにとってそれは「かぼちゃおばけのまほうのたね」だったようです。

    息子はマルチンが想像して、やっぱやめよう〜と思うシーンが気にいったようです。
    マルチンの創造物として描かれているかぼちゃおばけの表情が気にいったようです^^;

    この絵本を通して、自分を信じること、自信をもつこと、
    勇気をもつこと、何より考え方次第でなんでも変わる。
    そういう強い心をもった息子もなってほしい!
    そう切に願いました。

    投稿日:2008/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃおばけ!?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    かぼちゃおばけが出てきますが、ハロウィーンとは関係ありません。
    でも、マルチン少年の成長物語、といった、素敵なお話でした。
    マルチンはいじめられっ子ですが、ある日夢の中で妖精から、
    気に入らない相手をかぼちゃおばけに変えてしまえる魔法のかぼちゃの種を
    もらうのです。
    早速、そんな場面に遭遇するマルチンですが、なぜだか違う展開に・・・。
    魔法の種を持っていることで、自信のようなものを体感するのですね。
    でも、もちろん、マルチンの持ち前の性格から引き出されたもの。
    マルチンの素直な気持ちが伝わってきて嬉しかったです。
    周りの大人の対応も見習いたいほど素晴らしいです。
    相手がかぼちゃおばけになるシーンが空想で描かれますが、
    みんなそれぞれの面影を残したかぼちゃおばけ。
    その表情が何ともいえません。
    もう立派にひとり立ちしたマルチンがりりしかったです。
    子ども達にも共感してもらいたいです。

    投稿日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気を出して!

    マルチンはいじめられっ子。学校へ行くのがいやでたまりません。

    でも...ある日、きれいな妖精が、まほうの種をくれました。
    この種を投げつけると、相手を、かぼちゃおばけに変えれるというその種。

    その種を手に入れたことで、マルチンは、少しずつ変わっていきます。
    それは、まほうの種を使ったからではありません。
    魔法の種を持っている。いつでも、これを使えるんだ、という思いが、マルチンに、ちょっとだけ勇気を与えてくれる。
    その勇気が、マルチンのまわりの状況をどんどん変えていってくれる。

    最後に必要なのは、やっぱり自分の勇気。
    うちの息子も、とても内気で、なかなか自分の気持ちを外に出せない子です。
    このマルチンのように、私から、「まほうの種」を手渡したい。ちょっとだけ勇気を出して、がんばって。
    マルチンとわが子をちょっと重ねあわせ、応援したいような気持ちで読みました。

    投稿日:2008/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気の種

    弱虫なマルチンが、妖精からもらった“まほうのたね”で、
    勇気づけられだんだん強くなっていく・・・。
    お話は「ラチとらいおん」に似てるな〜と思いました。
    また、マルチンはいつでも相手をかぼちゃお化けにかえることが
    できたけれど、相手のことを思いやったのでしょうね、
    それを実行することなく、勇気を振り絞ったことは
    とてもかっこいいことだと思いました。
    誰の心の中にも”勇気の種”はある!
    すべての子どもたちに、勇気を与えてくれるすてきな
    お話しでした。
    ちょうどかぼちゃも出てくるし、ハローウィン前に
    小学校でも読み聞かせしてみたいな〜って思ってます。

    投稿日:2008/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気をもらえる不思議なお話。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    ちょっと不思議で、ちょっと勇気のわいてくるお話です。
    この本を読むと、気弱な自分にさよならできそうな気分になれます。
    妖精からかぼちゃの種をもらったマルチン少年が、その不思議な力を信じて、勇気を出して、今までクリアできなかったいろいろな出来事に、正面から向かってゆく姿が、とてもすがすがしかったです。
    はたして、本当にかぼちゃの種に魔法の力は、あったのでしょうか。
    そもそも妖精は、本物だったのか、それとも夢の中だけの存在だったのか。
    様々な謎が残りますが、途中で、小人が何気なく登場したりして、ファンタジックな雰囲気のある絵本になっています。
    小学生くらいになると、小さな悩み事がたくさん増えてきて、それは、大人にとってみれば、たわいのないことでも、子供にとっては、結構クヨクヨ悩んでしまうことであったりするので、そんな子供たちに、是非読んで欲しいな、と思いました。

    投稿日:2007/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自信が強さに

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    いじめられっ子のマルチンは、夢に出てきた妖精からすてきな贈り物をもらいます。それは、投げつけた相手がたちまちかぼちゃおばけになるという、かぼちゃのたねでした。それ以来マルチンは、不思議とどんな相手も怖くなくなりました。たねは、マルチンに“自信をもつ”という解けない魔法をかけてくれたのでした。
    ドラえもんに道具をもらったのび太のように、苦手なものに立ち向かっていくマルチンの姿が頼もしいです。結局誰もかぼちゃおばけにできなかったマルチンの優しさが、このおはなしの温かさにつながっているのでしょうね。

    投稿日:2006/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / シマリスのしまおくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット