アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

いろなかなかよいと思う みんなの声

いろ 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1981年
ISBN:9784871100090
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,665
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろいろないろの動物たち

    • おうさまさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、

    五味太郎さんの絵の色と形のセンスが好きです。
    かわいい動物たちが、いろんな色で登場。
    なぜか、なぜかの連続。
    話もわかりやすいので、小さいこでも説明しなくても大丈夫。
    かわいさ、わかりやすさ、おもしろさ。子どもが好きになる一冊になると思います。

    掲載日:2012/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 五味さん

    五味太郎さんの作品だったのでこの絵本を選びました。色の持つ不思議さと魅力を感じられる絵本でした。既成の色も素敵だけれど時には気分を変えて衣替えする事もとても価値ある事だと感じられる絵本でした。自分の思うようにメイクアップした時に見せる満足げな顔がとても良かったです。色って素晴らしいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    題名のとおり、色を体感できる作品です。
    「なぜか」で始まり、登場する動物達が、不思議な色なのです。
    赤いゾウや、緑のワニ・・・。
    さあ、その秘密は・・・?
    シンプルな絵に、リズミカルでいて的確な文章。
    絵本の醍醐味だなあ、としみじみ思います。
    ちゃあんとオチもあって、子ども達の表情が目に浮かびます。
    ラストのワニは何てお茶目!
    でも、この自由さがうらやましいですね。
    何となく、この感性、大人にもお薦めしたいです。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 着替えたかったのかな

    「なぜか」のくりかえしがおもしろいです。なんだか違う色の動物たちですが「なぜか」だから、納得できます。
    橋がこわれて、みんなが川に落ちた音がそれぞれちがうのが楽しいです。

    私が「どうして色をぬったんだろう」と子どもに聞いたら「動物たちは、いろんな服を着たかったんだよ」と言っていました。最後のページの水玉のワニ、こんなワニがいたら楽しいでしょうね。
    おもしろい発想が刺激になります。

    掲載日:2008/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな色の動物がいたら楽しい!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    元々は夫が仕事で使おうと借りてきた絵本。
    でも、次女が気に入り、図書館で手放さなかったので、借り直しました。

    なぜかとつぜん あかいぞう!
    で始まるカラフルな動物たちが印象的。
    川に落ちて、ペンキがはげて、普通の色に戻り、お色直しまでする、何だかおかしな楽しい本。

    でも、みどりのわにだけは、あまり違和感なかったみたい?!(本物見る機会が、滅多にないものね・・・)

    絵(本)の世界では、もっともっといろんな色の動物があってもいいと思う。だんだん大きくなると、くまは茶色か黒に決まっていて、2才半の妹が水色で塗ったりすると、「水色のくまなんていないよね?」なんて聞いてくるけど、「広い世界(宇宙も含め)のどこかにはいるかもしれないよ!」と答える私です。

    掲載日:2003/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1ページ目のインパクト

    1ページ目を開いてみると「赤い象」。
    何でだろうと思って読んでいくと次々に変わった色の動物達が出てきます。

    理由は色を塗ったからで「なるほどね」という感じですが不思議な魅力がある1冊です。

    掲載日:2003/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット