まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

もりはおもしろランド 4 もりのはいしゃさん自信を持っておすすめしたい みんなの声

もりはおもしろランド 4 もりのはいしゃさん 作:舟崎 靖子
絵:舟崎 克彦
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1983年03月
ISBN:9784033132907
評価スコア 4.21
評価ランキング 18,333
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 靴干し

    ねずみの歯医者さんが、小さい体で森の動物たちの歯を治療して頑張っている姿は素敵なのですが、はりねずみさんの入れ歯をなくしてしまうのは問題ですねえ・・・・・   とかげさんが、入れ歯を靴干しに使っていたのは笑えました。ハラハラしましたが、でもなんとかはりねずみさんが来る前に見つかってよかったです。「もりはおもしろランド」読むのが楽しいです!

    投稿日:2018/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短めで読みやすい。

    年長さん〜小学校低学年のお子さんが自分で読むのにちょうどよい児童書ではないでしょうか。
    我が家はこちらの4が「もりのおもしろランド」の中ではじめて読んだ本でした。我が家の娘は6歳は自分で読むより読んでもらう方を選び親の私が読み聞かせるカタチでしたが(笑)。
    シリーズで読みたいと気に入ったようでした。

    投稿日:2017/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯医者さんの待合室にあったので読みました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    こういった絵本はこれから始まる治療への恐怖心を和らげるのに効果的ですね。大きな方から小さな方まで、色んな患者さんが来る森の歯医者さん。自分の物だったらと考えるとあれですが、直前になって入れ歯が見つかってよかったですね。

    投稿日:2015/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなお客さん

    ネズミさんが小さな体で色々な動物の歯を一生懸命治しているのがかわいかったです。この絵本の一番最初のページにはこの森のマップみたいなのが書いてあって、このシリーズを読んでみたくなりました。子供と一緒に次はどのお家のお話にしようかと相談してました。

    投稿日:2011/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネズミの歯医者さん

    小さなネズミの歯医者さん。
    もりの仲間の診察風景は、少し変わっています。
    はしごに登ったり、下からのぞいたり。
    ユニークな診察は、子供も興味しんしんです。

    そんな歯医者さん、ある日、入れ歯をなくしてしまったから大変です。
    意外な場所にあったのですが・・・

    思いもしなかった場所なので、親子で驚きました。

    投稿日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろさがいっぱい!

    息子が図書館から借りてきた本です。
    「とってもおもしろいよ!」と、息子が言うくらいですから
    かなり期待して読みました。
    「ハハハ〜♪」おもしろいです!
    動物によって大きさがちがいますから、そりゃ〜、診察方法も
    アイディアをきかせなくちゃいけません。
    そして、息子も同じ事を言ってたのですが
    その動物に合わせて作った○○○がこんな風に間違った利用方法を
    されてたなんて!!1度自分一人で読んだはずなのに、
    私が個々の場面を読んでるのを確認してはまたやってきて
    「何度読んでもおもしろい!」と大爆笑の息子。
    それに加え、はりねずみさんのきらり★とした笑顔も
    またまた笑えて、おもしろい場面がいっぱいのお話しに大満足でした。

    投稿日:2008/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリー展開がおもしろい

    このシリーズの最初に読んだ本です。

    絵の色づかいが、あざやかで
    動物たちの表情がいきいきしてて
    子ども受け良さそうと感じました。
    そして案の定、はまってしまいました。

    いろんな動物を診察するシーンで
    ページをめくるたびに
    「○○さんなら、こうなります。」
    と、はしごにのぼってむし歯を治療したり
    ひもで吊られて治療する挿絵があって
    笑ってしまいました。

    はりねずみさんが来るまでに
    入れ歯をさがすハラハラ感。
    いったいこの後どうなるのだろうと
    おはなしに引き込まれてしまいました。

    シリーズ全部読み終わらないと
    気がすまない。そんな勢いです。

    投稿日:2008/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きさの差にびっくり!です。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    ねずみさんが歯医者さん。ということがすごい!と思いました。
    同じくらいの大きさの患者さんならいいけれど・・・。
    やっぱり、自分よりも大きな動物さんたちの口の中を診察するんですね〜。
    うちの子だったら・・・と思うと笑ってしまいます。
    きっと、口を開いてくれないでしょうね・・・。
    ねずみさんも、いつ閉じられちゃうかわからない口の中の診察はさぞ怖いだろうな・・・なんて思ってしまいました。

    それにしても・・・。
    はりねずみさんの入れ歯をなくしてしまうなんて、どうして!?って感じでした。
    だって、どう考えても・・・自分の体より大きいのじゃないの!?って感じです。でも、その探しっぷりのすごさにも目を見張りました!
    でも、そうやって探しているときって、出てこないんですよね・・・。(笑)

    最後に、ちゃんと見つかったときは、私もほっとしました。
    最後の「オチ」も大好きです!

    投稿日:2007/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット