宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

マグナス・マクシマス、なんでもはかります」 その他の方の声

マグナス・マクシマス、なんでもはかります 作:キャスリーン・T・ペリー
絵:S.D. シンドラー
訳:福本 友美子
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784895728126
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,727
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ものをはかることの大好きなマグナスさん 
    こだわりがすごいのです。メガネをかけてはしかの子のポツポツまで・・・ ちょっと笑える光景ですが・・・はかることにかけては天下一品?
    サーカスのライオンが街に逃げ出し みんなは怖くて逃げ出します
    この時の街のみんなの表情が滑稽です
    マグナスさんはライオンをじっと座らせたんですって、しかも お得意のはかりで ヒゲ たてがみの中のノミまで数える・・・
    えっ? 滑稽なんです

    しかし マグナスさんは、はかることは得意ですが・・・まわりが見えないんです
    疲れるよね こんな生活
     
    ある時 自分のメガネを踏みつけてしまって・・・  
    メガネのない生活に  見えないからはかれません。

    仕方なく 海を眺めていると
    男の子が教えてくれたのです   海で戯れ一緒に遊んだのです。
    こんな経験ははじめてですよね マグナスさん 
    楽しかったのでしょう
     
    新しいメガネが出来て また元のマグナスさんに はかり出すのですが
    子どもに教えられた 楽しさも忘れていませんでした

    ちゃんとメガネを外して ゆったりとくつろぐことも出来るようになったのです
    何だか普通の生活を楽しめるようになったマグナスさん ホットしますね
    子どもって 生活を楽しむことを知っていますね 

    投稿日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人生の面白み

    • がるこさん
    • 20代
    • その他の方
    • 埼玉県

    シンドラーさんのイラストということで読みました。
    イラストの細部に心ひかれます。
    数えたりはかったりするために生まれてきたと言っても過言ではないマグナス・マクシマス。仕事だけでなくプライベートでもひたすら数のことばかりだった彼が、眼鏡を壊した日に出会った少年とのひとときで数字以外のことに目を向けられるようになる。
    最後の見開きで、いつもどおりのマグナスといつもとは違ったマグナスとの対比がよいなーと思いました。このふたつはどちらも欠けてほしくないです。6時までしっかり普段と同じように数えたりはかったりしていただろうからこそ、そのあとの庭の風景ののんびりさがなんとも平和に思えて好きです。

    投稿日:2012/01/29

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット