こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

びっくり まつぼっくりなかなかよいと思う みんなの声

びっくり まつぼっくり 作:多田 多恵子
絵:堀川 理万子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784834025811
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,044
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • まつぼっくりの不思議

    まつぼっくりが、湿度のよって開閉するとは…
    大人の私も知らなかったです。

    身近にあるものので、クリスマスツリーの工作などにうってつけの、まつぼっくり。考えてみると不思議な形で、おもしろいですね。

    瓶入りのまつぼっくりは実際に作ってみました!

    投稿日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • ふしぎなまつぼっくり

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    まつぼっくりを一列にずらーっと並べるとかいかにもこどもらしいなーと微笑ましかったです。
    まつぼっくりが縮んだり大きくなったり。この変化のことをこどもたちは知らなかったと思うので勉強になったのではないかな?
    今度、まつぼっくりがあったらこの絵本のように実験してみるとより記憶に残るだろうし、こどもたちも喜ぶだろうなと思いました。

    投稿日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな大好きなまつぼっくり

    公園のおはなしかいで読みました。こどもたちはいつもまつぼっくりをたくさんひろっているのでピッタリでした。事前に大きなのをひとつひろって瓶づめを作っておきました。読む前に見せて、逆さにしても落ちないの不思議だね〜という導入ではじめました。
    物語と自然の不思議がうまく組み合わさったおはなしです。もちろん、この日もみんなでたくさんひろいましたよ。

    投稿日:2015/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お外に行きたくなる絵本

     「秋」を教えるのにぴったりの本だな〜と思い手に取った絵本です。
    読む前は、もっと単純な絵本かと思いきや、これがなかなか奥深い内容でした。まつぼっくりを使った実験が、わかりやすく描かれていました。これを読んで、秋はずっと、お外にまつぼっくりをさがしに行くのが日課になりました。

    投稿日:2013/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • まつぼっくりで実験

    まつぼっくりって、ほんとに芸術的な形を
    していますよね♪
    昔から、まつぼっくりを見るのが大好きだったの
    ですが、大人になると、手に取ることなんて、
    忘れていました。
    でも、1歳の娘が歩けるようになり、娘に合わせて
    ゆっくり歩いていると、いろんなものを発見することが
    できるようになりました。
    まつぼっくりもそのうちの一つです♪
    そんなときに、この絵本にちょうど出会ったので、とっても
    嬉しかったです♪
    まつぼっくりの不思議な実験ものっていたので、今度ぜひ
    やってみようと思いました!!

    投稿日:2012/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • しょんぼり まつぼっくり

    ちょうど、学校の工作でまつぼっくりを使うというので、こちらを読んでみました。

    濡れて閉じた松ぼっくりは、しょんぼり まつぼっくり
    乾いて開くと、はりきり まつぼっくり
    という表現が面白かったです。
    子供にも、わかりやすいでしょうね。

    投稿日:2012/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後にはまつぼっくりの笠が開いて。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    「たくさんのふしぎ」のシリーズです。
    このタイトルの「びっくり」というのは、最後のまつぼっくりの笠が開いて“びっくり”なんでしょうね〜。

    必要以上に解説文はのっていないし、絵もはっきりしていて見やすいので、読み聞かせにも最適です。
    小さな子がやりそうな行動も(まつぼっくりを並べてみるとか)描かれているので、聞き手は共感しやすいと思います。
    4,5歳くらいから小学校の低学年くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?

    投稿日:2012/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • しょんぼりまつぼっくり

    まつぼっくりを見つけたところから、
    形、種や、水分でしぼむ様子など、
    小さい子でもわかりやすい言葉で描かれています。

    散歩のコースのどこかしらに落ちている松ぼっくり。
    1歳10カ月の息子はみつけると必ず拾って持って帰ります。
    「しょんぼりまつぼっくり」が気に入った息子。
    この本を読んだ後、以前散歩中みつけた松ぼっくりを
    早速水に浸してその様子を楽しむことができました。

    拾ったものを工作で使うことはあっても、
    それ自体を観察したり、私自身、植物としての楽しみ方を
    していなかった事に気づかされました。
    まつぼっくりが開く、閉じるという大人にとっては
    それだけのことでも、初めて見る子どもにとっては
    たまらなく不思議なこと。
    当たり前のことを当たり前と思わず、
    不思議さを感じる心をもっていたいと感じました。

    投稿日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も「へえ!」と感心

    この絵本を読むとまつぼっくりの秘密がわかります。
    大人も感心します。
    落ちているまつぼっくりをみて子どもが「あ、開いてる!」なんて
    気づくのはこの絵本のおかげです。

    投稿日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • さっそくやってみました!

    秋の絵本で紹介されていたのを見て、私の実験好きが久しぶりにムクムク・・・子供(4歳1ヶ月)ともこのワクワクを共有できるといいな、と早速一緒に読んでみました。

    内容は、松ぼっくり拾いから始まり、形の観察、種、湿度による形の変化の紹介など、理科の時間を思い出させるものです。
    それが、短い文章の物語で描かれていて、幼児から十分、自然・科学の不思議を楽しめるものになっています。

    もともと葉っぱや草、松ぼっくりなどを拾ってくるのが好きな息子。
    予想的中で、とても興味を惹かれたようでした。
    「松ぼっくり拾いに良く?」「うん!!」ということで、早速近所の公園に松ぼっくりを拾いに行きました。
    そして、家に帰って真っ先に水につけること1時間・・・見事な「しょんぼり松ぼっくり」ができました。
    その時点で、すでに息子の目はキラキラ。
    さあ、本命の“松ぼっくり手品”の「瓶詰め松ぼっくり」だ!と思って瓶に入れて待つこと・・・5日。
    「瓶詰め松ぼっくり」できました!
    息子は大喜び!(私も大喜び^^;)
    翌日、保育園の先生に見せるために園まで持って行き、つたない言葉で、でも一生懸命説明していました。

    これをきっかけに、身近なところに自然の不思議がいっぱいあることに気付いて&興味を持ってくれると良いな〜、なんて思ってしまいました。

    ちなみに、かさが開くまでにえらく時間がかかりましたが、きっと最初に水気をしっかり切らなかったのが原因では?と思っています。2日目くらいに「何かおかしいな」と思い、別の同じくらいの大きさの松ぼっくりで水をしっかり振り切って試したところ、最初のものと同じ日にかさが開いたので…。
    小さなお子さんと実験する時には、瓶に入れる前に水気を十分に振り切って(かさの内部に結構な水が入り込んでます)から入れられることをお勧めします。5日待ったうちの子は、途中で諦めてしまいそうになっていましたので。

    投稿日:2010/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット