話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

どうぶつのおかあさん自信を持っておすすめしたい みんなの声

どうぶつのおかあさん 作:小森 厚
絵:藪内 正幸
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:1981年10月
ISBN:9784834008517
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,021
みんなの声 総数 109
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

72件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 真実を描く

    2015年8月末に山梨は白州にある薮内正幸美術館に行ってきました。
    薮内正幸氏のご長男である竜太さん(美術館の館長)に、薮内氏の絵について詳しくお話を伺いました。

    たとえばライオンのおかあさんの足に浮き出ている血管。
    動物園の獣医さんがこの絵を見て唸るそうです。
    ライオンの写真でもなかなかこの部分の血管が写っているものにはお目にかかれない。でもライオンに注射をする機会のある獣医であれば、どこに静脈が浮き出ているかはわかっていて、この絵を見た途端、その正確さに感嘆されたというのです。

    チンパンジーのおかあさんの腕の毛の生え方も上腕と腕の先では逆になっている。これもチンパンジーの生態をきちんと把握して、丁寧に描いている。

    この絵本は一見地味な絵本なのですが、うちの4人の子どもたちも大好きでしたし、25年続けている文庫活動でも小さな子どもたちがとても喜ぶ絵本です。

    小さな子どもたちにはそういう細部はわからなくても、本物をきちんと見せたいという薮内さんの姿勢が、子どもたちの心を捉えるのでないかと思いました。

    丁寧に作られた絵本がロングセラーとして残っていっていることも嬉しいと思う絵本です。

    投稿日:2015/09/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 親子の会話がまるで聞こえてきそう

    子どもが2歳の時に義母からプレゼントされた1冊です。

    それまで読んできた本が抽象的な絵であったり、分かりやすい色使いの絵本が多かったので、実物のような動物絵本は子どもにとっていい刺激になったのではないかと思います。

    どのお母さんも穏やかで頼りがいがある顔つきをしているので一緒にいる子どもたちが安心しているような表情に見えました。読むたびほほえましくて癒されました。
    描かれている動物もそれぞれ違った動き方をしていたので親の私も勉強になりました。

    文章も「○○のおかあさんは こどもを 〜のようにはこびます」とあるだけですが、絵を見ていると何となく親子が会話しながら移動しているように見えてきます。我が家では時々セリフを入れて読んでいました。「はーい、だっこしていきますよー!」、「今日は急いでおうちへかえりまーす」、「まってよー、トコトコトコ・・・」など。子どもは喜んで聞いてくれました。

    内容はシンプルですが、イラストが実物のようにリアルでいて優しさを感じました。大切にしたい一冊です。
    義母にも感謝です。

    投稿日:2020/05/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほほえましい

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    息子が年少の時、幼稚園で借りてきた本。
    私も気に入っていて何度も借りた本。

    やぶうちさんの絵は動物をリアルに描いており、
    しかもうけをねらっているわけでもないのに、
    どこかほほえましくて
    ああ、動物も人間も子に対する愛情は
    似ているんだなとうれしく思いました。

    投稿日:2018/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵がリアル

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    ネコ、ライオンはこどもをくわえて、さるはしがみついて…
    いろんな動物の親子が一緒に移動する様子が描かれています。
    絵がとってもリアルで、動きも確かに確かに!の連続。
    そこにスポットをあてて考えたことがなかったので、おもしろいなぁと感心しました。
    動物が違えば、移動の仕方は違うけれど、お母さんについていったり運ばれている子どもたちがみんな安心している感じが、かわいくってほほえましかったです。

    投稿日:2018/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんな親子が登場

    いろんな動物のお母さんが子どもをどうやって運んだり歩かせたりしているかがわかる絵本です。
    絵が写真のようにリアルで素晴らしいです。
    次から次へといろんな動物たちが出てきて、親子のほほえましい様子に心が和みます。

    投稿日:2016/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物園に行ってから・・・

    兄が、同じ薮内正幸さんが描かれた「どうぶつのおやこ」が大好きだったことを思い出し、1歳半になった妹にはこちらをプレゼントしました。
    動物のお母さんたちはそれぞれどうやってわが子を運ぶのかというテーマは大人にも興味深いですし、文字のない「どうぶつのおやこ」に比べるとストーリーがあるので読みやすくおすすめです。
    ところが最初は、娘はあまりこの絵本を手に取ろうとしませんでした。ですが先日、動物園に行ってからというもの、リクエスト頻度がぐっと上がりました。写実的な絵のおかげで、本物の動物との関連がよく分かったのだと思います。丁寧に描かれた素晴らしい絵本で、兄も楽しそうに一緒に聞いています。

    投稿日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親も勉強になりました

    はじめての動物園。ということで、予習として1歳3カ月の子に読み聞かせました。
    はじめて読んだとき、自分の知らないことだらけで勉強になるなーと感心してしまいました。
    おさるは抱っこしないで子どもが抱きつくんですね。
    そしてチンパンジーは抱っこする。さすが。
    パパも知らなかったみたいで、動物園でそんな会話になって楽しいひとときを過ごせました。
    肝心の息子は、まだ動物にはあまり興味がないらしく動物園では乗り物にばかり反応していました‥。

    でもとても良い本だと思うので、繰り返し読み続けていきたいと思います。
    最後のハリネズミの絵が栗に似ているので「ねてるのだあれ」か、並んでいるので「なーらんだ」を続けて読むようにしています。

    投稿日:2014/11/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハリネズミ

    薮内正幸さんが描く温かみがあって優しい動物の絵が大好きです。この絵本では仲睦まじいどうぶつの親子の様子が丁寧に描かれていて、ほっこりとさせられます。
    くわえたり、しがみつかせたり、背中に乗せたり・・・どうぶつのおかあさんたちが、それぞれ違った方法で子供と接しているところが分かるのがいいです。
    最後のページにハリネズミたちが親子で丸まって眠る姿が描かれているのですが、それがとってもかわいくて、見るたびにキュンとしていまいます。

    投稿日:2014/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • とても素敵な本です

    絵がすごくきれいで、動物も本物に似ていて子供もとても興味を持って見てくれます。いろんな動物が出てきますが、親子の愛が伝わる、心温まる本です。動物も人間も子供に対する愛情は同じですね。子供がもう少し大きくなっても読める本だと思うので、長く読めそうで、購入してよかったです。

    投稿日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私も知らなかった!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    2歳になった娘と読みました。

    猫やライオンのお母さんが子供をくわえて運んだり、
    ぞうのお母さんは子供を鼻で押してあるかせたり、
    親の私が見てもとても興味深かったです。

    6歳の長男も、そばで見てて
    「え〜っくわえられた赤ちゃんは痛くないのかなっ!?」
    なんてコメントしてて、
    2歳の妹に読んであげた絵本でしたが、割とみんなで楽しめました。

    投稿日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    1

72件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

みんなの声(109人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット