虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…

てんのくぎをうちにいったはりっこ」 みんなの声

てんのくぎをうちにいったはりっこ 作:かんざわ としこ
絵:ほりうち せいいち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2003年03月20日
ISBN:9784834019360
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,420
みんなの声 総数 22
「てんのくぎをうちにいったはりっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

  • かっこいいはりっこ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    とてもかわいらしい、小さなハリネズミのはりっこ。
    でも、ゆるんでしまった天のくぎを打ちにいくという大役を引き受けます。
    途中さまざまな困難に出会いますが、ひるむことなく勇敢に挑むはりっこはとってもかっこいい。
    文章のテンポがよく、ぐいぐいと冒険の世界に引き込まれます。
    そして、素晴らしいのが、精一杯がんばったはりっこを、暖かいスープを作って待っているくまばあちゃん。毎日成長という冒険をしているわが子を、こんな風に待つことのできるお母さんになりたいなぁと思いました。
    少し設定が分かりにくく、おはなしも長いので、年長さんくらいからおすすめします。

    投稿日:2010/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天地創造の世界

     大好きな堀内さんの絵と神沢さんの文。お話にも絵にも壮大なスケールがあり、目の前に大宇宙が広がっていくようです。この小さな小さなはりねずみのはりっこが、神のような大仕事を成し得るなんて。天地創造の世界ですね。
     子どもたちにも、勇気と無限の可能性を与えてくれるすばらしい作品だと思います。

    投稿日:2009/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • はりっこが頼もしい!

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    男の子の大好きな冒険物語だと思います。
    緩んだ天のくぎをうちにいく、小さなハリネズミのはりっこ。

    途中で色んな苦難がありますが、めげずに突き進んでいく姿がいいです。
    絵の地味さに、最初はちょっと引き気味だった子供達ですが
    だんだんお話の世界に引き込まれて、クライマックスでは集中して聞いてました。

    少し長いですが、読み応えのある作品だと思います。
    ちいさなはりっこは本当に頼もしいですね。
    夜空に北極星をみつけたら、はりっこのお話の星だよと教えてあげたいです

    投稿日:2009/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宮崎アニメのよう!

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    天空にくぎを打ちに行くという、大仕事をひきうけたはりっこ。
    それまでにも、いろいろな困難を乗り越えていきます。
    小さな体で、大きなハンマーをもつ姿は、子どもたちにも元気をくれるでしょう。
    というより、自分を重ね合わせているでしょうね。

    はりっこが打ち付けた七つのくぎが何になったのか、子どもたちと見つけるのもいいですね。
    これから、本物もきれいに見える季節です。

    投稿日:2007/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • はりっこ、かっこいい〜!

    むか〜し、むか〜し、ゆるんだ北極星(てんのくぎ)をハリネズミの子・はりっこがハンマーで打ち直しににいくお話です。
    神沢さんの文章が本当に勇ましく、意気揚々としていて読んでいるこっちもハラハラどきどき。聞いている子どもも食い付いて見ていました。
    堀内さんの絵も、もちろん素敵でぴったり。
    はりっこは、我が家のヒーローになりました。

    投稿日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなヒーロー

    冒険物語の要素が強くて、読んでいる間中、どうなるのだろうとワクワクしました。文章のテンポがとてもよいので、ぜひ声に出して読んでください。冒険物が好きなお子さんにもオススメですよ。

    堀内誠一の描くはりっこはとても意志が強そうな目で、頼もしい小さなヒーローだと思いました。

    投稿日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凛々しいはりっこ。

    まず、くまのばあちゃんちがかわいい。
    子守唄として聞かされていた、そして憧れていた昔話。
    ある日、その夢を叶えるチャンスが訪れます。
    小さいけど勇敢にはりねずみくん(通称はりっこ)が活躍するお話です。
    強い意志を持ってるはりっこの表情はとても凛々しくて、けなげさが倍増です。ついつい、我が子の頑張ってる姿を思い起こします。
    男の子にお勧めします。

    投稿日:2007/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前進

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、女の子7歳

    神沢利子さん&堀内誠一さんの黄金ペアーです。
    勇気と強さを訴えかけて、希望にみちたやさしい愛で包んである作品です。
    天の釘というのは子供にはピンとこなかったみたいですが、
    小さなはりっこのがんばりは心に届いたみたいです。
    まだ星座は習っていないので、
    最後の北斗七星には気がつかなかったけど、
    星座を習ったらもう一度 読んであげたいです。

    投稿日:2006/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまばあちゃんみたいになりたい

    かんざわとしこさん 堀内誠一さんという黄金コンビの作品。もうこれだけで間違いありません!が、この作品はこどものとも発表の絵本でありながら、神沢さんの小説「銀の炎の国」に匹敵する一大ぼうけん物語なのです。

    この世の夜空は、一本の釘=北極星によって天に打ち付けてあります。クマばあちゃんのご先祖がその昔大はしごをよじ登り七度打ったのです。クマばあちゃんの家には親をなくしたハリネズミのはりっこが暮らしています。

    でも、ある日空がグラグラしはじめました。誰が大蛇と闘い、目もくらむようなはしごをよじ登って釘を打つのか森の動物たちが頭を抱えました。その時大きな声で「ぼくがいく!」とはりっこが答えたのです。

    この絵本の主人公はりっこは本当にかっこいい。でも、実ははりっこを背中に乗せて火を噴く大蛇の所まで駆けていったオオカミも格好いい。自分のできる精一杯のことをする姿は、はりっこと同じようにこどもたちの心をうちます。
    そして私はクマばあちゃんも格好いいと思うのです。わが子同然に育てたはりっこが1人天にむかって旅立ち、そして天から降って帰った時に何といったか!「おかえり、あったかいスープを作って待っていたよ」なんです!ああ、本当にこういう母になりたい。こどもを信じて、その努力を心底ねぎらうことのできる暖かなスープを作れる人間になりたい。

    この作品は「やさしさこそ強さを支える。強さこそ優しさが必要」そんな気持ちをこどもの心に育みます。

    投稿日:2006/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頼もしいはりっこ!

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     空を釘で止めていたと言う話。はりっこの、ひいひいおじいさんは、昔落ちてきそうになった空を止めに行ったんだって。
     そして、はりっこも小さい体でその勇敢な血を引き継いで空へと向かいます。
     話しの展開が、ハラハラドキドキする感じで、読んでいる私もはりっこ頑張って!と応援してしまいました。

    投稿日:2004/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / はじめてのおつかい / おばけのバーバパパ / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!


大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット