ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽんの試し読みができます!
作: ちかつたけお  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本! 1・2・3さい向け

てんのくぎをうちにいったはりっこ」 ママの声

てんのくぎをうちにいったはりっこ 作:かんざわ としこ
絵:ほりうち せいいち
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2003年03月20日
ISBN:9784834019360
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,462
みんなの声 総数 22
「てんのくぎをうちにいったはりっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すばらしい勇気

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    はりっこははりねずみの子供です。

    ある日突然、天が落ちてきそうになって、みんなの命が危ないので、誰かが天に上ってくぎを打つことになった。
    すると、小さなはりっこが名乗りを挙げた!

    はりっこは、迷うことなくその大変な使命に手を挙げたのがすごい。勇気がある。

    思えば、私たちの生活でも、やります!と手を挙げる人は大変だとか面倒だとか考えずに、気持ちよくやってくれる人のような気がします。

    みんなが自分のことだけでなく、社会全体が良くなるように考えてくれるといいですね。

    投稿日:2016/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私にはこの本が冬向きに思えて二月におはなしに取り入れました。声の調子が悪くなりやすいので、用心しつつ力のかぎり本にぶつかりました。
    これはそういう本だと思います。はりっこのけなげさ、ひたむきさがこどもたちに届くことをねがって読みました。

    投稿日:2015/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハンマーの音

     表紙のはりっこ、ハンマーを持った姿がいさましいです。
     くぎを打ちに、どこまでも天にのぼっていくはりっこ。でも途中で落ちてしまう、けれど下にいたのは、、、。
     はりっこの活躍にドキドキします。 
      
     はりっこのハンマーの音が聞こえてきそうな場面が、よかったです。
     リズム感のある文章がここちいいです。おちついた色あいの絵も、いきいきして楽しかったです。

    投稿日:2014/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな体に大きな勇気

    くまのおばあさんに拾われて育てられた、はりねずみのはりっこ。
    ある時グラグラと地震のように家が揺れて、動物達の森は大騒ぎになります。
    「大変だ!天の丸天井を支えている釘がゆるんで、天が落ちてくる!!」
    みんなが尻込みする中、小さなはりっこは天の釘を打つという大役を買って出て…?

    勢いのある文章と迫力のある絵とがマッチしていて、すぐにお話に引き込まれました。
    手に持ったハンマーが大きく見えるほど小さなはりっこの頑張りが、痛いほど伝わります。
    天が一本の釘で支えられているという世界観がすごい!
    小さな体の中に大きな勇気を持っていたはりっこ。
    最後にくまのおばあさんが出迎えてくれた時には、なんだかほっとしてしまいました。

    投稿日:2012/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちびっこの冒険ストーリー

    • なおなおPさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子9歳、男の子4歳

    読み聞かせ仲間が小規模小学校で読んでくれました。
    低学年も高学年もお話しに吸い込まれていく様子がありありと・・・・
    小さいながらも勇敢なはりっこに、みんな自分を重ねられたようです。また読み手もとてもお上手だったのでなおさら。
    1ページまるまる唄の部分があるのですが、そこも素敵に拍子をつけてうたってくれました。
    私もあんな素敵に読めたらな〜。

    投稿日:2012/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子も好きそう♪

    • さえら♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 大分県
    • 女の子9歳、

    皆さんのレビューが高評価だったので図書館で借りてみました^^
    お話としては冒険ファンタジーという感じなのですが
    女の子にも好感触なようです。
    まず絵を見て「かわいい♪」と。
    主人公がハリネズミってそれだけでも女の子食いつきそうですもんね。
    冒頭はおばあちゃんがはりっこに歌って聞かせた子守唄で優しく始まり
    徐々にはりっこの冒険へと繋がって行きます。
    一寸法師などでもそうですが小さなヒーローにはついつい応援したくなるところがありますよね。
    娘もはりっこの勇気にびっくりだったようです。

    投稿日:2012/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険物語

    4歳娘と6歳息子に読み聞かせしました。

    小さなはりねずみが世界の危機を救う為、勇気を
    出して、天のてっぺんにある釘を打ちにいく物語。

    冒険物語として楽しめました。

    釘をハンマーで打つ時には、子供達も
    一緒に打っている気分で
    読むことが出来ました。

    投稿日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラマチック!

    わりと長めのお話ですが、
    とてもリズムの良い文章で語られているので
    すごく読みやすく、
    また、さすがの堀内さんのイラストが
    すばらしいので
    何回読んでも苦になりません。
    画面構成もステキだし、
    はりっこもすごくかわいい!
    そして、こわいものはすごくこわい!
    展開もドラマチックで、
    読んでいてわくわくします。
    今、娘はこれがはまっていて、
    毎晩読んでいます!

    投稿日:2010/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいはりっこ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    とてもかわいらしい、小さなハリネズミのはりっこ。
    でも、ゆるんでしまった天のくぎを打ちにいくという大役を引き受けます。
    途中さまざまな困難に出会いますが、ひるむことなく勇敢に挑むはりっこはとってもかっこいい。
    文章のテンポがよく、ぐいぐいと冒険の世界に引き込まれます。
    そして、素晴らしいのが、精一杯がんばったはりっこを、暖かいスープを作って待っているくまばあちゃん。毎日成長という冒険をしているわが子を、こんな風に待つことのできるお母さんになりたいなぁと思いました。
    少し設定が分かりにくく、おはなしも長いので、年長さんくらいからおすすめします。

    投稿日:2010/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天地創造の世界

     大好きな堀内さんの絵と神沢さんの文。お話にも絵にも壮大なスケールがあり、目の前に大宇宙が広がっていくようです。この小さな小さなはりねずみのはりっこが、神のような大仕事を成し得るなんて。天地創造の世界ですね。
     子どもたちにも、勇気と無限の可能性を与えてくれるすばらしい作品だと思います。

    投稿日:2009/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / はじめてのおつかい / おばけのバーバパパ / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット