しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てんのくぎをうちにいったはりっこ」 せんせいの声

てんのくぎをうちにいったはりっこ 作:かんざわ としこ
絵:ほりうち せいいち
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2003年03月20日
ISBN:9784834019360
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,461
みんなの声 総数 22
「てんのくぎをうちにいったはりっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くまばあちゃんみたいになりたい

    かんざわとしこさん 堀内誠一さんという黄金コンビの作品。もうこれだけで間違いありません!が、この作品はこどものとも発表の絵本でありながら、神沢さんの小説「銀の炎の国」に匹敵する一大ぼうけん物語なのです。

    この世の夜空は、一本の釘=北極星によって天に打ち付けてあります。クマばあちゃんのご先祖がその昔大はしごをよじ登り七度打ったのです。クマばあちゃんの家には親をなくしたハリネズミのはりっこが暮らしています。

    でも、ある日空がグラグラしはじめました。誰が大蛇と闘い、目もくらむようなはしごをよじ登って釘を打つのか森の動物たちが頭を抱えました。その時大きな声で「ぼくがいく!」とはりっこが答えたのです。

    この絵本の主人公はりっこは本当にかっこいい。でも、実ははりっこを背中に乗せて火を噴く大蛇の所まで駆けていったオオカミも格好いい。自分のできる精一杯のことをする姿は、はりっこと同じようにこどもたちの心をうちます。
    そして私はクマばあちゃんも格好いいと思うのです。わが子同然に育てたはりっこが1人天にむかって旅立ち、そして天から降って帰った時に何といったか!「おかえり、あったかいスープを作って待っていたよ」なんです!ああ、本当にこういう母になりたい。こどもを信じて、その努力を心底ねぎらうことのできる暖かなスープを作れる人間になりたい。

    この作品は「やさしさこそ強さを支える。強さこそ優しさが必要」そんな気持ちをこどもの心に育みます。

    投稿日:2006/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / はじめてのおつかい / おばけのバーバパパ / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット