オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

ひっぱりだこの大スター
全ページ、お試し読みで読みました。 …

どいてよへびくん」 みんなの声

どいてよへびくん 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784032272604
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,008
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

  • 最後のひとことにキュン

    主人公のネコちゃん(?)が遊ぼうとする度に、先にへびくんが居ます。
    ただ、、、とってもへびくんが邪魔で、ネコちゃんは遊べません。
    無邪気に遊んでるへびくんの横で、ものすごく迷惑そうな顔でネコちゃんは言います。

    「どいてよへびくん」
    お砂場でも、プールでもどこでも。

    セリフはずっとこの一言が続くので、ページをめくる度に「次はどういう風に邪魔なのかな?」と興味を持てました。
    そして最後のページでは「どかないでね」と言います。
    へびくんがネコちゃんに雨がかからないようにしてくれてるからです。
    この最後のページにキュンときてしまいました。

    私の家族もこの絵本を読んで、最後のページで「かわいい〜」と口をそろえて言ってました。

    息子はまだ0歳なので内容までは分かりませんが、絵の色がはっきりしてるので、おとなしくニコニコしながら見てくれてました。
    私が楽しんで読んでるのが伝わったのかも知れませんね♪

    投稿日:2009/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • どいてよへびくん

    娘に読み聞かせをしたら、読み終わった後も
    「どいてよへびくん」と何度も言っていました。

    主な文章は「どいてよへびくん」と「どいてよ」ばかりで簡単ですが、
    それぞれのページに「○○だからどいてよ」と
    言う気持ちがわかりやすく描かれていて、
    自然と子供なりの意見が出てきて面白い本です。
    いつもどいてよと邪魔扱いしているみたいだけど、
    なんだかんだ一緒に行動しているのが微笑ましい。

    「どかないでね」の次のページでは雨が止んでいて、
    またへびくんは「どいてよ」って言われているみたいです。

    「どいてよ」が口癖にならないといいけど。

    投稿日:2009/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • どいてよ・・だけなのに

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    ねこさんが何かをしようとすると・・へびくんが邪魔をする?
    それだけの繰り返しの単純な絵本なんですが・・・

    もう・・クスクス・・クスクスと子どもたちにはすごーく楽しい絵本のようでした。

    子どもたちはへびくんに『どいてよ〜』というのが楽しいみたいです。

    最後の落ち・・は小さい子には??って所もありましたが・・・

    なんともいえない楽しさ・・五味太郎さんの絵本って凄いです!

    投稿日:2008/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつも近くにいるんだね

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ねこさんがお部屋で本を読んでいると、へびくんも、すぐ近くで本を読んでいます。でも、体が大きいので、ちょっと邪魔です。絵を描こうとすると、やっぱりへびくんも絵を描いています。そして、ねこさんが行く所、何かしようとする所に必ず現れるへびくん、ついつい「どいてよ。」と言ってしまいます。
    でも、そんなへび君に対して、猫さんは違うことを言った時がありました。さあ、なんて言ったでしょうか。
    大きな大きなへび君の存在、そして着ているもの、なかなかユニークです。絵が単純、繰り返しの中で、たくさん楽しむことができるはずです。

    投稿日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実はやさしいへびくん

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    娘の感想は「へびくんダメだねぇ。あそべないよこれじゃぁ。」
    体が長いへびくんは、なにをしても邪魔になってしまうんだね。
    でもでも、実は優しいへびくん。その姿は最後のお楽しみです。それを見て娘もにっこり「へびくん、やさしんだね。」と喜んでいました。

    投稿日:2008/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のシーンが素敵です

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    絵本もお絵かきも、公園でも、ずっとへびくんを邪魔に感じて「どいてよ!」としかめっ面だったネコちゃんですが、
    最後のシーンでは「どかないでね」といいます。
    本当は二人は仲良しで、へびくんも、決して意地悪でねこちゃんを邪魔していたわけではなかったのでは?!ということに気づかされました。

    最後のページのへびくんの優しさと、ねこちゃんの「ありがとう」とは素直に言えず、かわりに「どかないでね」といったところも、ねこちゃんの気持ちの微妙な感じがわかる気がしていいな、と思いました。

    投稿日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「どいてよ」・・・我が家の口癖です。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    大きな長い蛇が、ねこちゃんの邪魔をします。
    「どいてよ」
    近くにいすぎるから、邪魔&迷惑なんですよね。
    何回も何回も、「どいてよ」と猫の目が気になります。
    結末は・・・
    雨が降ってきて、へび君の活躍で、あまやどり。
    「どかないでね」
    この一言で、この二人の関係がよく伝わりました。
    我が家でも、「どいて」とよく聞こえてきます。
    本当は、仲良しなのにね。

    投稿日:2007/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツンデレ!?

    いつも一緒だとなんだか邪魔、
    というか実際とても邪魔なへびくん。

    自分の部屋や遊び場やプールなどで
    やりたいことをことごとく邪魔されて、
    どいてよと言ってもどいてはくれない…。
    例えばお兄ちゃんや、年上の子たちなど、
    私も散々悩まされ、
    おそらく娘もこれから悩まされるであろう諸々が
    脳裏をかけめぐりますが、

    最後の「どかないでね」で
    なんだかほっとした気持ちを味わえます。
    まぁ案外、普段邪魔な人ほどいざというときには…

    うちのダンナがどうだなんて言ってマセンヨ。

    投稿日:2007/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • どいてよが口癖になっちゃう

    「どいてよ」が何度も出てきます。
    お友達と思われるヘビくんとネコちゃん。
    ネコちゃんが迷惑そうな顔で「どいてよ」と言うのですが、ヘビくんはすまし顔でどく様子もなく・・・・。


    読んであげるときは「どいてよ」に抑揚をつけて、なるべくきつくならないように気をつけています。
    体をギュッと寄せながら「どいてよ」と言うと笑ってくれます。
    絵本の中にはつみきやすべり台など、娘の好きなものがいっぱい出てきます。
    お話だけでなく、まわりに描かれたものも楽しめます。
    最後の「どかないでね」はほのぼのした気持ちになれます。

    投稿日:2007/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • つ〜つ〜

    蛇君が邪魔してばかりでブタ?クンがどいてよ〜といっている絵がすごくかわいいです!!最後のひとことがまたいいあじだしていて笑えてきました(^^)
    なんだかんだといってなかのいいふたりだった。
    むすめは滑り台に寝そべっている蛇君が好きみたいで、この本を見るとつう〜つう〜といってきます。

    投稿日:2006/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おでかけのまえに / はなのあなのはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット