宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくがおおきくなったらふつうだと思う みんなの声

ぼくがおおきくなったら 原作:くすのき しげのり
文・絵:いもと ようこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784333024568
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,767
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人の感傷的な…

    全ページためしよみで、読ませていただきました。
    幼い子には、どのように届くのか、よくわかりませんでした。
    大人の感傷のようにも、感じてしまいました。
    自分を大切に、みんな違っていい…というテーマは、想像できますが、きつねが、一番幸せと断定する結末に、根底には、自分中心的な哲学があるように疑問を感じてしまいました。

    投稿日:2017/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味深い話でした

    確かに大きくなった時に、全ての人が陽の当たる職業に着いたり華々しい生活を送れるわけではありません。それが現実です。でも、だからと言って、平凡であっても却ってとっても幸せなことだって、本当に本当にあるんです。要は自分自身の問題なんでしょうね。そんな本当は簡単なこと、でも、とても現実的なことを描いた話でした。とても興味深かったです。ウチの息子にも、平凡でいいから、幸せを感じれる人生を歩んで欲しいと願っています。

    投稿日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 未来を夢見ること

    家族という土台がしっかりあって、その幸せを実感できてこそ、未来を信じ、夢を見られるのですね。
    良いテーマが、あたたかな絵と実にマッチしていました。
    贈り物にしてもよさそうです。

    ただ子どもの背景はそれぞれ。すべての子に響くとはかぎりません。

    投稿日:2010/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット