新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

ピンクのれいぞうこなかなかよいと思う みんなの声

ピンクのれいぞうこ 作・絵:ティム・イーガン
訳:まえざわ あきえ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784893259240
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,941
みんなの声 総数 46
「ピンクのれいぞうこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 新しい世界にいっぽ踏み出す子どもたちへ

    小学校高学年のクラスで読みました。
    静かに落ち着いて聞いてくれました。
    捨てられていた冷蔵庫の中に様々なプレゼントが見つかるところでは、
    『え〜?スゴイ』とつぶやく声が聞こえることも。

    大人でもそうかもしれませんが、
    新しい世界に一歩を踏み込むエネルギーが不足しがちだと
    現状に流されてしまって、
    なんとなくの生活を続けてしまったり…。

    《新しいことにもどんどん挑戦してみよう》

    …作者のメッセージが伝わるといいなと思いながら読みました。
    子どもたちの未来には(もちろん大人にも!)
    限りない可能性があるのですよね。
    ドキドキとワクワクを持って、
    まだ知らぬ世界に羽ばたいてほしいというエールを
    この絵本が代弁してくれたでしょうか。

    投稿日:2011/02/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 新しい世界に

     思いがけないきっかけや、ちょっと背中をおされて、人生がかわってしまうことってあるんだなと思いました。いくつになっても、新しい世界に飛び出していくことはいいことだなと思います。
     ぼうっとしていることが大好きな主人公。不思議なピンクの冷蔵庫に出会って、いろいろなことをはじめます。主人公の気持ちが変わっていくのが伝わってきます。

     小さい子どもはもちろん、学生や大人が読んでも、気持ちが前向きになりそうなお話でした。

     三輪の自転車や、ショップの商品など雑貨も楽しめました。

    投稿日:2011/02/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • なんでもいいから動き出そう

    小学校高学年や中学生にいいかもしれません。
    何もしたくないと思っている人。
    未来に夢がみえない人。

    とにかく何でもいいから、何かやり始めてみよう。
    そしたら何かが動き出すかも。

    そんなメッセージをもらいました。

    投稿日:2017/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • なにかに挑戦したくなる絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    寝てばかり、テレビを見てばかりで無気力に生きていた主人公が、絵、読書、楽器に料理と、次々に新しいことに挑戦をすることで、いろいろやってみる楽しさを覚え旅にでます。
    色々やってみよう!挑戦するっておもしろそうって思える素敵な絵本でした。

    投稿日:2017/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ドズワースの表情が可愛い。

    ピンクのれいぞうこ という可愛いタイトルにひかれて読みました。

    繰り返しでとても読みやすく、いろいろなものにもっとチャレンジしてみよう、いろんな景色をもっとみてみよう、そう思える絵本でした。

    たくさんのことを経験していくことで、人は豊になるのだと感じました(^_^)

    投稿日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • どんどんやってみよう!

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    まったりとのんびりと単調な毎日を飽きることなく、穏やかに送っていたネズミが不思議な冷蔵庫に出会うことで、新たな一歩を踏み出します。
    自分に置き換えてみるといいかもしれません。慣れた生活は楽ですが、どんどん新しいことにチャレンジしてこそ見えてくる世界があります。

    投稿日:2011/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 背中を押してくれたのかな?

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。ピンクの冷蔵庫が不思議な機会をもたらしてくれるというちょっと変わったお話。でも、なんだか背中を押してくれたみたいで心が温まります。息子に絵本を読んでやって私のほうが自信をもらえる絵本なんて早々ないのでちょっと面白かったです。息子には理解するのが難しいみたいですが、ただの夢のお話ではなくたまにはこういう本もいいかな?と思いました。

    投稿日:2011/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 題名に惹かれて

    平凡な毎日がピンクの冷蔵庫によって、なんでもしてみようっていう気になっていくお話です。もっと世界に目を向け、なんにでも挑戦していこうというメッセージが込められていたと思います。とっても素敵な一冊でした。

    投稿日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふとしたきっかけ

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    私も大多数のみなさんと同じように、毎日ほぼ変わらない日常を送っています。

    たまに、家族で食事に行ったり、友人とランチに行ったり・・・というのが日々のささやかな楽しみです。

    主人公のねずみは一人暮らしで、話す人も一緒に食事をするひともいません。
    でも、ほどほどに満足しています。

    そんな日常を変えたのは、ピンクのれいぞうこ。
    ピンクのれいぞうこに不思議な張り紙があって、いつのまにか行動的な生活に一変してしまいます。

    大人も子供も新しいことに挑戦するのは勇気がいります。

    私も何かひとつ新しいことを始めたくなりました。

    投稿日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後の挨拶

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    なかなか渋い雰囲気でしたが、奥の深〜いお話でした。
    大人や小中学生のお子さんが読むと、色々感じる所がありそうです。

    いつもと同じ日常を、単調に見えるかもしれないけれど“丁寧に丁寧に”過ごす。
    それもまた上質なことで、大事なことであると私は思います。
    でも、惰性であったり時間の浪費であったりする状況は、避けたいものです。
    主人公は、後者の状態だったのかもしれません。

    そんな中でピンクの冷蔵庫からのメッセージを受け取り、
    毎日の過ごし方が変わり、いつしか考え方も変わっていたのか、
    最後には自分の意思で行動を起こす姿に拍手です!

    旅に出る前、冷蔵庫に挨拶をするというのがまた心憎いです^^

    投稿日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    1

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット