新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

ぼくのたからものどこですか」 みんなの声

ぼくのたからものどこですか 作:角野 栄子
絵:垂石 眞子
出版社:福音館書店
本体価格:\728+税
発行日:1992年
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,918
みんなの声 総数 8
「ぼくのたからものどこですか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなに読んで欲しい!

    • かやかーかさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    自分が5歳くらいの時に初めて読みました。

    ノブくんがお母さんにお留守番を頼まれて、その間にいいものを探すお話です。

    ノブくんが家の中を探すと、ペンギンや怪獣など家には絶対に居ない生き物が隠れていて見つける度に自分も宝探しをしているかのようにワクワクしました!

    ラストのお母さんのお土産が本当に素敵で、何度この絵本を読み返したかわかりません。私の本好きの原点と言っても過言ではありません。

    ボロボロになるまで読んでいまだに大切にしていて、子どもがもう少し大きくなったら読んであげたいと思っている一冊です。
    出来れば復刻版みたいに再販しないかなぁ…

    投稿日:2020/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しいお留守番

    • 土筆さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    6歳と4歳の子供達が大好きな絵本です。
    我が子達に留守番をさせたことがないので、「えー、ノブくんって幼稚園に行ってる子なのに、
    お留守番できるの?すごい!」と驚いていました。
    じっくり練られたお話で、ワクワクしながら読み進め、最後のオチが最高。
    何度も何度も読まされてボロボロになった絵本です。

    投稿日:2012/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年中の娘が幼稚園から借りてきました。
    幼稚園から一人で帰宅した男の子がおかあさんから言われてお留守番をするあいだ、宝探しをして時間を過ごします。
    おかあさんから出されたヒントは「しっぽがついている」
    それらしいものを次々に発見していくのですが、その、しっぽのあるものたちは、みな「きみ ぼくのたからものじゃないの?」と尋ねても何も答えずに 急いでいってしまいます。
    最後におかあさんが 本当の宝物「おみやげ」を持って帰るのですが、とても不思議な展開です。
    むすめは、おかあさんがいま持って帰ったのに、ぺんぎんやうさぎたちはどうしていたのかしら?
    と 不思議そうでした。
    そう、不思議ですが心に残る作品でした。

    投稿日:2012/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議

    ママがお出掛けで、一人でお留守番する事になりました。
    ママは何かを隠したみたい。それを探す為に、家の中を一生懸命探します。でも中々見つかりません。
    宝物ではなく、次々と家中から動物が出てきます!
    しかも皆、何処かへ行くようで急いでいます。
    そんな事をしていたら、動物も居なくなりお目当てのおやつを見つけます。
    お母さんが帰ってきて、お土産をくれます。
    そのお土産に、また不思議一杯のファンタジーがあります。

    投稿日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • たからもの

    図書館で借りてきたのですが、私の勝手なイメージで宝物=自分で探して見つけ出したものだったので、ちょっとがっかりでした。
    でも、読んでみて留守番している男の子がお母さんがかくした宝物を見つける途中でいろんな長いものを見つけて、困っている動物を助けるとあって子どもは大喜びでした。
    最後におかあさんからの本当の宝物に、先ほど出て来た動物達がある乗り物に乗っていたのでびっくりしていました。
    さっそく次の日、宝物隠してといっていました。
    お留守番させることは少ないですが、こういうお留守番いいなと思いましたが、下もいるしどれだけ家の中がとんでもないことになることしか、想像しただけで怖いです。。。

    投稿日:2008/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお留守番は楽しい

    絵の雰囲気からか、現実的なお話だと思って読み始めたら、
    予想外に話はファンタジーな方向へ。
    どうなるのかな、本当の宝物は何なのかなと、大人でも
    気になって、どんどん読み進みたくなります。

    なんだ結局宝物はこれか、と思ったのだけど、ラストに
    またファンタジーなオチ。

    かわいらしく、楽しい絵本で、お気に入りとなりました。

    投稿日:2007/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいおるすばん

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    さすが、角野栄子さん、あそびごごろいっぱいの楽しい絵本でした。こんなふうにして、留守番ができれば、親も子供も安心ですね。

    ただ、最近は小学生といえども、一人で留守番させるのは不安なご時世です。この絵本では、ノブくんは幼稚園児でお留守番。それに、一人で幼稚園から帰って来たみたいです。昔(この本の初版は1988年)はもっともっと安全だったのでしょうね。

    投稿日:2005/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストがいい・・・

     男の子向けの絵本かな?
    お母さんがお出掛けして、1人でお留守番する時、たから探しをします。
    なんか、冒険心だっぷりって感じ・・。
    こんな風にして、私も息子にお留守番させようかな?なんて思ってしまいました。
    最後は、ちゃんとお留守番出来たので、お母さんからバスのプレゼント。乗っている動物達が一層可愛さを引き立ててくれます。

    投稿日:2003/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ねずみくんのチョッキ / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット