まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

月おとこ」 ママの声

月おとこ 作・絵:トミー・ウンゲラー
訳:田村 隆一 麻生 九美
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1978年11月
ISBN:9784566001138
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,189
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 月がきれいな秋に読む本にどうでしょう?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    私は面白いと思ったのですが、小4の下の子は「こわい」(この月おとこの顔かな〜?)と、読み終わるまでいい顔をしませんでした。

    ラストの方はお話をまとめるのに、ちょっとご都合主義的なものを感じましたが、
    最期までテンポ良く見せてくれる絵本だと思いました。
    お月さまがきれいに見える秋は、なんだか星にちなんだお話を読んでみたくなりませんか?
    そんな時の1冊として、この絵本はどうでしょう?

    月おとこの顔が怖くないお子さんにお薦めです。

    投稿日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんとも不思議なお話です

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子3歳

     ちょっぴり世の中を皮肉っていて、おもしろおかしいトミー・ウンゲラーワールド、ここにもあり!という感じの作品でした。
     地上の饗宴を体験してみたいと思っていただけなのに、いざやって来てみると怪しいものとして追われてしまう月おとこ。自分はささやかな願いを実現したいだけなのに、まわりはそうとは思わず悪者扱い。月おとこの何とも言えないまろやかな表情が、スマイルしているにもかかわらず物悲しさをかもし出しています。
     投獄されたときの場面が印象的でした。月の満ち欠けに左右され、半月のとき、自分の体も半分になり脱獄に成功するのです。新月のときは消えてしまうんですよ。(このユーモアは斬新でした。)
     息子は、300年も前から月へ行くための宇宙船の研究をしていたという科学者ドクトル・ブンゼン・バン・デル・ダンケルに魅せられ、娘は「月おとこ」の存在に興味を持ったようでした。(「パパお月さまとって」以来、とても月が気になるようなのです。警戒命令とか特別法廷とか半狂乱とか、難しい言葉が出てくるにもかかわらず、彼女は月おとこにとても惹かれていました)。
     それにしても「月」が題材となる絵本って多いですよね。就寝前の絵本ということで、太陽よりも多いのかもしれませんが。「月=母親」的な丸さというか、包容力があるのかなー。このお話は月「おとこ」でしたけれど。特に小学生の男の子にお勧めします。

    投稿日:2003/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモアあふれるストーリー

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    月おとこはダンスがしたいがために、地球にやってきます。それがインベーダー扱いされて囚われてしまします。脱出することが出来てダンスは出来ますが・・・。結局は月に帰ります。
    月おとこの顔のインパクトがすごいです。ありえなくておもしろいお話です。とてもユーモアにあふれています。子どもは、月の満ち欠けとともに月おとこの体型が変化するのがおもしろいようです。
    月おとこの顔が嫌でなければ、ぜひ一度読んでみてください。

    投稿日:2016/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとても美しいです!

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    このイラストがとても好きです。
    表紙でもあるページ。お花の色が黒い背景に映えて、
    とっても美しいのです。
    絵を見ているだけで幸せ♪

    海外っぽいストーリーも面白いです。
    十五夜の季節、たまにはこんな読み聞かせもいいかも♪

    投稿日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月をみるたびに・・・

    • ひめママさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子7歳

    娘が年長の頃、買いました。
    とてもユーモアのある絵本です。
    ずっと地球に行ってみたかった月おとこ。
    ある日、流れ星につかまって地球にやってきますが、とらえられ、
    ろうやに入れられます。
    ところが、月おとこは月の満ち欠けにおうじてやせたり太ったり。
    つきが欠けていくにつれ、月おとこもやせて、鉄格子の窓から逃げることができました。
    あこがれのダンスを楽しむこともできましたが、またもや追われる身になってしまいます。
    でも最後は、無事にもとの月にもどることができました。
    ユーモラスな月おとこの絵がいいです。
    ナンセンスとよばれる絵本は、世の中にたくさんありますが、どうせなら、月おとこのようなこんなお話を親子で楽しむことをおすすめします。
    この絵本を読んで以来、子どもと月を見るたびに「今日の月おとこは、
    やせてるね」「今日は、太ってるね」と会話するようになりました。

    投稿日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛嬌があります

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    月から地球にきた月男は、地球にいるときは異端者として見られてしまいます。
    長い間ロケットの研究をしてる博士のもとで、月に無事に帰れますが、
    コメディータッチで面白い絵本ででした。

    「お母さん。宇宙人っているかなあ。来るとしたらどうやってくるだろうか?
    月男みたいにUFOに乗らなくてもこれるかなあ」
    「月男は月にいるときも満ち欠けするかなあ?」
    この本を読んだ息子は、彼なりに色んな想像を膨らませたようです。

    小学生の男の子が好きなシチュエーションですねーー
    登場人物すべてに、愛嬌があって楽しく読みました。

    投稿日:2010/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の雰囲気が好き

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    ちょっぴり怖い、でもかわいい!そんなキャラクターが主人公の絵本。
    月という神秘なものがやってくるっていうところも、ちゃんと満ち欠けをするっていうところも、異質なものを体験するようで、どきどき感がありました。
    6歳の息子には、月の満ち欠けが理解できたかどうかわかりませんが、月おとこに待ち受けるできごとにスリルがあって、知らず知らずに月おとこがどんな生物なのか興味津々になっていたようです。
    本文中にちょっと難しい語句や、長い名前(!)などがありますが、それらにぶつかってもとまらずに読み続けましょう。コトバ以上に絵に力があるので、話の世界にどっぷりつかって集中!この本を楽しむヒントです。

    投稿日:2009/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもたち大好き。

    実はこの感想を書いている今は、月おとこを読んでから
    1か月くらい経っています。
    月おとこは子供たちが大好きで、何度も読んでいましたし、
    感想を書こうと思ったものの私はなんとなくしか
    覚えていませんでした。
    それで、子供たちに、
    「月おとこは、どうやって地球におちてきたんやったけ?」
    と聞いてみると、
    長男が、
    「えーと、流れ星につかまって!」
    すると、長女が、
    「流れ星のしっぽ!!」
    と二人とも競い合うように、必死になって言っていました。
    私は、流れ星なんてまったく頭に残っていなかったので、
    子供たちに関心しました。
    月おとこの表情がかわいらしくって、
    とても魅力的な本ですよ。

    投稿日:2009/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウンゲラーらしい

    息子の疑問は、息子が感想にも書いていますが、月おとこが、月にいる時は大きそうなのに、地球にいる時は人間サイズなことでした。

    大きかったから、余計に大騒ぎそれそうですよね。

    月にいるのは日本でいうとうさぎのイメージですけれど、月おとこというところが、ウンゲラーっぽいなあと思いました。

    月の満ち欠けを利用して脱走ができるというのもアイデアですね。タイプは全然違いますが、「月のみはりばん」を思い出しました。

    それにしても博士が三百年も研究しているってすごいです。おばけではないですよね。

    ウンゲラーらしい月のお話だと思いました。

    投稿日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • せっかく地球にやってきたのに

    月には、うさぎがいると思っていたけれど、月おとこがいるんですね。
    高い空から、地球の人たちが楽しそうに踊っている姿をみて、うらやましくてたまらない月おとこ。
    とうとう、地球にやってくるのだけれど...
    地球の人たちは、得体の知れない月おとこを”友人”として迎えてはくれません。
    月おとこは、追いかけられ、牢屋に入れられ、恐ろしい目にあうんだけど、ここからが月おとこのすごいところ。
    月おとこというだけに、お月様の満ち欠けとともに、自分の姿が変えられるんです。
    細くなったり、太くなったりするというより、左半分が突然欠けてしまう姿がおもしろい。
    でも、月おとこ、結局、追いたてられるように月に帰っていってしまい、なんだか、かわいそうでした。
    せっかく、地球の人と仲良くしたいと思ってやってきたのにね。

    投稿日:2007/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット