もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ともだちができちゃった!なかなかよいと思う みんなの声

ともだちができちゃった! 作:セラ・アシャロン
絵:スーザン・パール
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784477020839
評価スコア 4
評価ランキング 22,588
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親の立場から家を引っ越すのは 当たり前かもしれません
    でも 小学生の子どもにとったら ともだちと分かれることになりますし
    不安がいっぱいです
    イヌのレックスも同じ気持ちです  お友達のイヌと分かれるから
    引っ越しして イヌのレックスがいなくなりました
    ぼくは探します  その時 出会った子ども達がみんな親切で探してくれました(この絵本はハッピーですね)
    友達はいいもんですね   親にはない友達のありがたさ 
    この絵本はそんな 引っ越しで困っている子どもにも勇気を与えてくれるかもしれませんね
    でも・・・・ 現実はうまくいくかは お話し道理ではありませんから
    子ども達も引っ越したら 友達見つけてくださいね

    投稿日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境が変わる時に

    小学校への意識が高まってきているので、この本を読みました。
    引越しはしないし、クラスメートの大半が同じ学校へ進学するのだけど、不安もあるということだったので、ちょっとでも励みになってくれたら嬉しいです。
    本のようにうまく行くことばかりではないけど、きっと大丈夫だという気持ちになれる明るい一冊です。

    投稿日:2016/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • そう簡単ではないけど

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    我が家は少し前に引っ越しをしたのですが、その頃に6歳の長男に読みました。

    私や主人は、家の間取りや地域、小学校の学区など、色々なことを考えて、この本の主人公のベニーの両親と同じように、喜んで引っ越したのですが、長男は、ベニーと全く同じで不安しかなかったようです。そんな長男の気分を少しでも変えられるかと思って読んだのですが、あまり効果はありませんでした。

    うちには犬もいませんし、引越し先ですぐに新しい友達ができるなんて、現実的ではないと思ったみたいです。

    確かに、引っ越してもすぐに友達ができるさ!とか、1年生になってもすぐに慣れるよ!なんていうのは、経験を積んだ大人の考えなのかもしれませんね。

    それでも、明るい気分になる本ですので、読んで損はありません。

    投稿日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット