くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

トッキーさんのボタン」 その他の方の声

トッキーさんのボタン 作・絵:かとう まふみ
出版社:イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784781602356
評価スコア 3.92
評価ランキング 31,496
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 王道の展開ですが

    トッキーさんて、どんな子?
    と気になりながら読みすすめました。

    最後には再会出来るだろうなと予想しつつも、
    拾われてしまった時にはハラハラハラ。

    王道の展開ですが、親しみやすくて良かったと思います。
    ちなみに、トッキーさんは、ごくふつうの子でした・・・

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボタン トッキーさんの洋服から落ちて ボタンの気持ちが けなげです
    トッキーさんのところにもどりたくて・・・・
    ボタンはいろんな冒険を始めるの いろいろ聞くのだけれどなかなか
    トッキーさんが見つからないの  トッキーさんてどんな人?
    そんな思いで 読み進めると なんと かわいい女の子だったのね
    途中 女の子に拾われてポケットに入れられたときどうなるのかしらと心配になりました(どう展開するのかな?)
    自分から逃げ出すなんて?
    もう少しおもしろい展開でも良かったと思いました
    トッキーさんのもとにもどるまでの冒険が楽しみたかったで〜す

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット