ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆうの試し読みができます!
作: 中川 ひろたか 絵: 高畠 那生  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
家から一歩でも出たら大変なことが起こるかも?奇想天外なユーモア絵本

クリスマスのきせき自信を持っておすすめしたい みんなの声

クリスマスのきせき 作・絵:高畠 那生
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784265070381
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,315
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なっ何ょこれ・・・

    • みつばぁばさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛知県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    クリスマスだからって 
    ‘ぺんぎんのむら’から‘しちめんちょうのむら’に
    ゆきのプレゼントなんて、「ありっ?」と
    ちょっと、軽くみてました。
    ・・・が 読み進むと はまる!はまる!
    スピード感もあって 楽しくなっちゃいます!!
    読み終わって本を閉じてから
    すぐに“もう、1回!!”って気持ちになれる絵本でしたょ♪

    投稿日:2010/11/03

    参考になりました
    感謝
    3
  • この本から読んで!

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子9歳、女の子6歳

    高畠那生さんの絵本が大好きです。
    いつも奇抜な発想には笑わせてもらっています。
    でも、この「クリスマスのきせき」ってなんかまともそう・・・。なんかクリスマスだしいい話って感じでまとめてて面白くないかも。
    などと思っていましたが、サイン本販売していたので、もうこの本が面白かろうがなかろうがどうでもよくなって衝動買いしました。

    読んでみると、良かったですね。なんか疑ってごめんなさいという感じです。
    思っていた通りうまくまとまっていていい話でしたが、ラストにいたるまで、相変わらずの奇抜な発想とスピード感で、一気に読みました。
    短いから何度も見返してみたり、絵をもう一度確認したり、読み終わったあとからも楽しみました。
    内容については、何にも知らなくて読んだほうが絶対面白いです。

    この本なら
    「ナンセンスはちょっとねえ・・。」
    というタイプの方にも、すんなりうけいれられるんではないでしょうか?ナンセンスっぽくはないし。
    この本を高畠さんの入口にして、どっぷりワールドにはまってくれる人が増えたらいいなあと思いレビューしました。
    私的には「だるまだ!」とか「でっこりぼっこり」がツボですので、もしよろしければそちらも。

    投稿日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 今後を期待している作家さんです

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    息子さんの絵本だな〜と思って借りてきました。
    比べてはいけませんが・・・
    新鮮でしたね。斬新でしたね。
    絵本作家の世代交代を感じました。

    ストーリーの展開の面白さとスピード感。
    風景との距離感がページごとに変わるので
    読み手がストーリーと共に移動してるかのようです。

    鉄橋の下をくぐると山のような雪が
    丸く、真ん丸くなるとこなんかは
    なんと!まるで知育です。

    今後、高畠那生さんに注目ですね。

    投稿日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • サンタさんもびっくり

    理屈抜きのクリスマスエンターテイメント絵本です。
    ペンギンさんたちが苦労して七面鳥さんの家に運ぼうとした雪が、ドタバタのあげくに見事なクリスマスパーティのスタートになるなんて、信じられませんが、ペンギンさんたち見事にやり遂げましたね。
    不思議な雪だるまですが、思わず笑ってしまいました。
    最後、サンタクロースとペンギンはどんな会話をしたのでしょうね。

    投稿日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供たちお気に入り!

    6歳5歳の娘たちに読みました。「クリスマスのきせき」というタイトルから、何かロマンチックなお話を想像していたのですが、違いました(笑)コメディーでした(笑)でも、確かに奇跡です!

    娘たちは大喜び!ペンギンたちが雪玉を運ぶとこではおおはしゃぎでした。「こんなんあり得ないやろー!」と。すごく気に入ったようで、2人で何度も読んでいました。購入検討中です。

    投稿日:2014/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画のようにハラハラどきどきしました

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。あまり深く考えずに読むのがお勧め。スピード感があって、まるで映画を観ているように流れていくからです。ペンギンが七面鳥に沢山の雪を届けようとしますが、様々なハプニングからちゃんと届くのかハラハラドキドキ。幸運にもいろいろなことが手伝って、なんとか届くだけでなく、ちゃんと雪だるまになるところが映画ちっく。でも、そのスピード感に裏打ちされたハプニングの連続が息子でも面白かったらしく、最後の展開にびっくりして笑っていました。こういう流れの速い絵本というのは珍しいですが、映画みたいで面白かったですね。親子でページをどんどんめくってしまいました。時々こういう絵本が読みたいですね。

    投稿日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目が離せないペンギンたちがいます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    この絵本は下の子がウケました。
    「可愛い!(たぶんペンギンが)面白い!」と、ニコニコして聞いてました。
    高畑さんらしい、思わず「ブブッ」となっちゃう奇想天外な物語です。
    1シーン1シーンもよく見るといろんな発見があって、楽しいです。

    特に一番最初に「クリスマスのきせき」の旗と一緒に飛ばされたペンギンと、大きな雪の塊の後ろにのめりこんだまま移動している1匹のペンギンには笑わされました。
    この季節にもってこいの、楽しい1冊です。

    投稿日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット