新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

わたしのとくべつな場所」 パパの声

わたしのとくべつな場所 文:パトリシア・C・マキサック
絵:ジェリー・ピンクニー
訳:藤原 宏之
出版社:新日本出版社
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年09月24日
ISBN:9784406052870
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,484
みんなの声 総数 12
「わたしのとくべつな場所」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図書館が開いた特別の場所

    パトリシアが楽しみに出かける特別の場所は図書館でした。
    何が特別なのか、何が彼女をうきうきさせるのかは後書きを読まないと判らないかもしれません。
    なにしろ、私にとって図書館はあたりまえの場所なのですから。
    それにしても、この話を通して1950年代の黒人の置かれていた状況を理解するには多少勉強しなければなりません。
    差別という言葉の方が今の私たちにとって特別なのですから。

    パトリシアは図書館にたどり着くまでに、様々な人種差別の壁にぶつかります。
    それだけに、公共図書館が先んじて全ての人に平等であったということは自分にとって素晴らしいことです。
    人を選別するようでは、「公共」ではないのですから。

    多少、学習絵本のきらいがないわけではありませんが、対岸の火事のような扱いで読んではいけないなと思いました。
    日本にだって差別はあったのですから。
    図書館、本の果たす役割の視点から子どもに説明するのも良いかもと思いました。

    投稿日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 2
  • 大人 10

全ページためしよみ
年齢別絵本セット