へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン」 パパの声

ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン 作:なとり ちづ おおとも やすお
絵:おおとも やすお
出版社:福音館書店
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784834025910
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,995
みんなの声 総数 8
「ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 近くの小学校にも、外国人の母親を持つ子どもが数名いるようですが、このような絵本を読むと、どのような場所から来られたのか理解できてありがたい一冊です。
    文化、生活慣習、気候、様々な差違を乗り越えての結婚って、素晴らしい事だと思います。
    子どもにとって、親の育ってきた場所を知ることもとても重要な事だとも思います。

    投稿日:2018/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 旅行に行った気分になります

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    著者はセブ島で1年間暮らしたことがあり、日本に戻ってきて、上越市でセブ島の学校で娘の先生だったシスターの仲間のシスターと出会います。
    それをきっかけに、上越市に住むフィリピン出身のお嫁さんがいるご家族を取材してこの絵本は生まれました。
    まさに、生まれるべくして生まれた本と言えそうです。

    お話は、上越市のしょうた君一家が、おかあさんの生まれたセブ島へ、正月に訪れた出来事を描いたものです。
    何と言っても異国の暮らしぶりが、つぶさにわかるのが良いです。
    まるで、実際に行ったかのような気分になるくらい臨場感があります。

    また、家族って何?人の繋がりって何?ということを、わかりやすく伝えてくれている絵本でもあると思います。

    読み聞かせというよりは、自分で読む類の絵本です。
    地図に興味を持ち始めた頃に読むと、とても役立つ教材的絵本だと思いますし、巻末に「少し詳しく」と説明があるのも気が利いています。



    投稿日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット