ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森の試し読みができます!
作: 石井 睦美 絵: 岡田 千晶  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
石井睦美さんの美しい言葉と岡田千晶さんの幻想的な絵で贈る絵本

たくさんのドアなかなかよいと思う みんなの声

たくさんのドア 作:アリスン・マギー
絵:テウン・ユ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2018年02月
ISBN:9784074264728
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,189
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な絵本

    7歳次女に読みました。

    とーっても素敵な絵本。親である私の方が何だかジーンとしてしまいました。次女はそんなに興味があるわけでもなく、反応があまりなく。

    大きくなるって、たくさんのドアを開けていくこと。小学校を卒業するくらいの子に読んであげたら、きっと心に何か残るかもしれません。親の私が手元に置いておきたい絵本です。

    投稿日:2017/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返し読みたい

    未来へのドア。
    これから始まる世界、これからみつける今までとは違うじぶん。

    流れるような文章。心安らぐ絵。
    とても素敵です。

    かなり抽象的なので、ちいさな子には伝わりにくいかもしれません。
    けれど、時々ひらいて読み聞かせてあげたい。

    美しい文章は少しずつ沁みこみ、この先、目の前に壁が立ちはだかった時にきっと背中を押してくれる、そんな気がします。

    こどもに限らず、あらたな門出を迎える人すべてに贈りたい一冊です。

    投稿日:2015/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 様々な経験

    静かに心に染みてくるような、絵本だったと思います。
    私にとって「ドア」は、経験や出会いだと考えました。
    詩のような文章は、素敵でしたね。
    抽象的な表現もあるので、大人の読者向けかな?と思いました。
    絵も、お洒落で素敵でしたね。

    投稿日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し理屈っぽい気もしますが

    少し理屈っぽい気もしますが、絵をながめていたら広い心になれました。
    子どもたちへの読み聞かせで考えると説教めいてしまう気がするのですが、大人たちへの言い聞かせだと思えば納得。
    時には子どもにいらつくことがあっても、今この子はドアを開けようとしていると考えれば、自分は凧なのだと思えて来ます。
    大人もたくさんのドアを開けていかなければダメなのですね。

    投稿日:2013/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巣立つ人に最適です

    小学校や中学校を卒業する人たちへ送りたい本だなと思いました。これから、たくさんの状況や場面に遭遇することになっても、希望や可能性は決してなくならないことを優しく説いてくれている本でした。

    必ず、

    きょうもあしたも あなたはたくさんのドアをあけていく
    そのむこうに たくさんの 〇〇〇〇がまっている

    あなたはどんなひとになり どこへいくのだろう
    どうやって こたえをみつけていくのだろう

    という文章で始まる展開が、大変ここちよいリズムを醸し出していて安心感を覚えます。そんな、なかがわちひろさんの訳がうまいなと感心してしまいました。そして、SO MANY DAYSという題名らしい原文を是非読んでみたいなと思いました。

    投稿日:2012/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは 親からの子供への願いを込めて 幸せを求めしっかり生きていってほしいというメッセージが込められています

    自分で いろんな 経験をして いろんな人と出会い 友達と出会い 自分はどう生きていったらいいのかを 見付けてほしい

      静かに みまもる 大人
       
    今の世の中は 競争社会で 子供も 大人も生きるのが大変な時代かも知れません
    でも 子供の誕生を 素直に喜び 命に感動する人間の心が 有る限り夢と希望を持って 生きていってほしいです!

    たくさんのドア (どのドアに出会うかは・・・・ 運命も感じますが)

    大人の絵本ですね  

    投稿日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長する子供への賛歌

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    アリスン・マギーと言えば、ママが泣ける本の上位に位置する「ちいさなあなたへ」と、パパが泣ける本の上位に位置する(私が思っているだけ)「きみがいま」でつとに知られています。

    原題は、「So Many Days」で、これを「たくさんのドア」としたところに、訳者の類い稀な才能を感じます。
    子供は、たくさんのドアを開けて、いろいろなことを経験していく。
    子供が出会ういろんなシーンが登場します。
    そして、文章の中に繰り返し、
    「あなたは どんなひとになり 
    いったい どこへ いくのだろう
    どうやって こたえを みつけていくのだろう」
    という一文が添えられているのですが、親として心に染みる言葉だと思います。

    親の子供への想いと、それに応えて成長していく子供、双方への賛歌と言えそうな内容の絵本です。
    この作品も、読み聞かせというよりは、大人の絵本の類いと言えると思います。
    ただ、「ちいさなあなたへ」と「きみがいま」に比すると、内容が抽象的なだけに、心にそれ程響きませんでした。

    投稿日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット