新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

きょうりゅうのたまご自信を持っておすすめしたい みんなの声

きょうりゅうのたまご 作・絵:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2000年04月
ISBN:9784198611774
評価スコア 4.53
評価ランキング 7,040
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 子どもたちの世界

    ある日、きょうりゅうが僕の部屋にやって来た。「わたしの たまごを しりませんか?」と。そこで、きょうりゅうの匂いがしそうな所へたまごを探しに出かけます。
    たまご探しの道中、子どもたちはきょうりゅうが見えていますが、どうやら大人たちには見えていないようです。絵を見ていて、何だかとっても夢があるなぁと思いました。
    もうすぐ3歳になる子どもは、恐竜が好きなのですが、怖くなく優しいお話なので、恐竜をテーマにした絵本の中でも、この絵本は好きみたいです。

    投稿日:2021/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜のたまごはどこにある

    夢と現実が入り交じった楽しいお話だと思います。
    恐竜と恐竜のたまごを探す冒険で、ちょっとした地底旅行が楽しめました。
    本物の恐竜だったら、形だけの恐竜たちには興味を持てないし、博物館で骨格を見ても悲しい気持ちになるのは、当然ですね。
    恐竜が恐竜の子どもと去っていくシーンは、ちょっと感動的でした。

    投稿日:2020/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いお話でした

    恐竜のたまごが行方不明になってしまったそうです。
    主人公の男の子「ぼく」がお母さん恐竜と一緒に探してあげることになりました。

    うまく説明できませんが、とても良いお話でした。
    絵も細部まで描かれていて見ごたえがありました。

    投稿日:2020/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の夢がつまってる

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    児童館の絵本のおはなし会で、きょうりゅうのたまごを読んでくれました。
    恐竜の卵をどこでかえす?ぴったりな場所を見つけて探す様子が楽しい。土の中に進むとき、ショベルカーを使うのもまた、男の子にはたまりませんね。

    投稿日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の醍醐味!

    小学1年生の娘が,自らこの絵本を選び一人読みしました。
    イラストも見応えあり,文章量も多くないので,一人読み初級段階の子供が無理なく苦なくお話の内容を楽しみながら読める絵本に思いました。
    絵本の醍醐味とも言える,素敵なお話で夢がありますね。

    投稿日:2017/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵もストーリーも楽しい。

    恐竜が好きな、4歳の息子と読みました。
    知識が増える的な絵本ではなくて、
    恐竜とぼくとの恐竜の卵を探すという、ファンタジックな冒険を描いた絵本。
    優しい恐竜の絵が魅力です。
    現代の街並に、大きな恐竜がいるというのが、面白い。
    おたすけこびとのシリーズが息子は大好きだったのですが、
    なかがわさん、絵もお描きになるのですね。
    それも、ちょっと海外の人が描くような。
    大好きなショベルカーも出てきて、息子は喜んでいました。
    ただし、「ショベルカーは穴に入れないよねー」とのこと。
    最後のオチもおもしろかったようです。

    投稿日:2016/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢いっぱい

    きょうりゅうのたまごを探す男の子と、きょうりゅうのお母さん。
    とても夢があると思います。
    あちこち探し回るんですが、みんなあまり驚いていません。何故でしょうか。
    穴の中も探すんですが、そこでも色んなものを発見します。ドキドキしますね。
    最後までとても楽しかったです。

    投稿日:2015/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいきょうりゅう

    最近恐竜にハマり気味の息子が、
    自分で選んできた1冊です。

    「ぼく」の部屋の恐竜臭いにおいにつられやってきた恐竜。
    「ぼく」は恐竜と一緒に探しものを見つけにいきます。
    恐竜のお話しというと、戦ったり逃げたりと荒々しい
    場面が多いイメージが私にはあったのですが、これは
    とっても優しいお話です。
    ふんわりやわらかい恐竜、その言葉づかいも丁寧で、
    うす暗い博物館でバケツ一杯に涙を流す姿には
    ちょっと切ない気持ちになりました。

    息子は「恐竜くさい」という表現がとても気に入ったようで、
    自分の持っている恐竜柄のパジャマを着ると
    「恐竜のにおいする?」と嬉しそうににおいを嗅いでいました。
    恐竜好きな子も、そうでない子も楽しめると思います。

    投稿日:2013/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代に恐竜がいるところが面白いです。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子5歳

    恐竜が大好きな息子がいるので、図書館でみつけてきました。

    男の子の部屋が素敵!!いろいろな生物を飼育していて、まるで研究室のよう!思うようにさせてあげているお父さんやお母さんの優しさがこのページから、伝わってきました。

    恐竜のいた時代にタイムスリップするものではなく、普通に現代の町を恐竜と「ぼく」が一緒に卵を探すという内容で、現代の街並みに恐竜がいる風景が面白いです。町の人たちも特に驚いたり、迷惑がっている様子がなく、平穏な感じが素敵です。

    投稿日:2013/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おどろきの展開!

     最近、恐竜に興味津々の息子のために選びました。
    冒頭から、突然部屋に恐竜が現われる展開で、「え!?」とびっくりしました。そして、子供がショベルカーを操縦し、恐竜といっしょに恐竜の卵を発掘し、地下水が吹き出るという驚きの展開です。大人からすると「そんなバカな」と思う部分だらけの奇想天外なストーリーですが、2歳の息子には冒険心をくすぐったみたいで、大のお気に入りの絵本です。こんな絵本をいつまでも楽しめる子になってほしいな〜と思わせられた絵本でした。

    投稿日:2013/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?


えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット