話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

よるのいえなかなかよいと思う みんなの声

よるのいえ 作:スーザン・マリー・スワンソン
絵:ベス・クロムス
訳:谷川 俊太郎
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784001112207
評価スコア 4.13
評価ランキング 22,563
みんなの声 総数 14
「よるのいえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 穏やかな眠りへと

    初めて読んだ時 『おやすみなさい、おつきさま』を思い出しました。
    家の中の夜の光景を静かに語るだけ・・・・といえばそうなんですが
    穏やかにゆったりと子どもたちを眠りへと誘う雰囲気が醸し出されていて
    読んでいるこちらも気持ちが落ち着くのが分かります。
    黒を基調とした色合いとその中にポッとともる灯りの黄色がとても映えています。
    お子様のおやすみ絵本にオススメします。

    投稿日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 通好みのする絵本かもしれません

    息子に読み聞かせたら「なに?これ?わからない」と言われてしまいました。

    元々マザーグースからできた本らしいので、韻や言葉の響き、言葉の広がりを感じる絵本なのだと思います。

    詩に対しての絵はとてもよくできているように思います。

    詩から広がる想像力がうまく表現されています。

    意味を考えずに、言葉のおもしろさを感じることができる年齢の子どもの方が楽しさがあるのかもしれません。

    また、絵本通と言われる大人が好む本なのかもしれないとも思います。

    投稿日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな世界へ

     女の子が夜ベットの上の1冊の絵本を見る。その絵本の中の鳥に乗って夜の街を冒険する。どんどん遠くへ飛んでいき月や太陽の近くまで行く。再び家の中のベッドへ戻っていく。
     狭い視野からぐんぐん広い視野へと広がっていき、再び視野がどんどん小さくなってっいくという、不思議な世界。
     白、黒、黄色の三色のみで描かれた版画調の絵で、静かな夜の世界を表現しています。黄色がとても効果的に使われています。
     わらべうた(マザーグース)にヒントを得て作られたと、後書にあり、その点も興味をひかれます。

    投稿日:2011/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 別世界に入り込める不思議

    谷川俊太郎さんの文章が好きで、新刊のこちらを借りてきました。

    わらべ歌をもとにした絵本だそうです。翻訳なのでもともとの韻などは味わえませんが、日本語が美しく、日本語として楽しめます。絵も、白黒と山吹色だけを使ったものですが、別世界に連れていってくれるような不思議な魅力があります。

    でも息子の感性には合わなかったのか、途中で聞くのをやめてしまいました。今の息子は言葉ではっきりとストーリーを理解できるものが好みのようです。

    投稿日:2011/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな絵が魅惑的

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2009年のコールデコット賞 オナー賞受賞作品。
    著者は、オクスフォード版わらべの本にある
    This is the key of the kingdomにヒントを得てこの作品を作ったそうです。

    分章は短く、次の分章は、前の一文から単語を抜き出して輪のように繋がっていきます。
    おそらく、英語版で読めば、その韻を踏んだ分章のリズム感が味わえると思うのですが、谷川俊太郎さんが補っているのでしょう。

    ストーリーは、大きな展開もなく、家族が散歩から帰ってから眠につくまでの出来事を書いています。
    本から飛び出した鳥と一緒に子供が空を飛ぶというシーンもありますが、それほどメインのストーリーではなく、あくまでも脇役。

    シンプルな分章と絵で、純粋に本を楽しむという趣のもので、マザーグースのような作品が受け容れられるのと同じ理由で評価が高いのでしょう。
    版画のように見える細かい線で描かれた絵は、モノクロ+黄色というシンプルなもの。
    夜を上手く表現していて、実に効果的な技法だと思います。

    読み聞かせは、幼稚園に入る前ぐらいからが適切かも知れません。

    投稿日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット