しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ペンギン ほっきょくへゆくふつうだと思う みんなの声

ペンギン ほっきょくへゆく 作・絵:ジャック・デュケノワ
訳:大澤 晶
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年
ISBN:9784593503278
評価スコア 3.33
評価ランキング 43,257
みんなの声 総数 11
「ペンギン ほっきょくへゆく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 北極のパングワンって初めて知りました

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    南極のペンギンのグングンオヨグクンが、北極のパングワンのアッパレモグリくんに会いに船で行きます。
    そこで、仲良くなり過ぎて、北極と南極を行き来できる船の会社を作ってしまったというお話です。

    北極のパングワンって何?って思ったら、フランスでは北極に居たペンギンに似た鳥のことをそう呼んでいたとのこと。
    パングワンは、150年前に乱獲で絶滅してしまっていて、お話の中でしか出会えないのは、寂しい限りです。

    二匹が遊ぶ姿とか、並んでいる姿がとても微笑ましく擬人化した動きが、楽しめます。
    自然科学についても考えさせられる絵本です。

    投稿日:2007/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小さくて薄くて、可愛い絵

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    年少のとき、幼稚園で借りてきた本。

    ジャック・デュケノワはおばけシリーズで
    息子が気に入って何度も借りてくるのですが、
    小さくて薄くて、可愛い絵がいいんでしょうね。

    南極と北極におくりっこ。
    いつまでたってもさよならができないふたり。
    なんともほのぼのしていてかわいらしいお話ですが、
    背景を知って驚きました。

    でも純粋に知らずに、お話として読みたかったかも。

    投稿日:2018/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境の本だったの?

    みなさんのレビューで、北極の絶滅した鳥、パングワンのことを知りました。知らなかったです。

    作者は、そういった環境破壊のことも描きたかったのかな、と、クジラが網にひっかかっている場面を考えると、思えます。

    ただ、そんなこと知らない方が、この絵本は、普通に楽しめると思います。

    投稿日:2017/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと分かりにくいけど・・

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    南極のペンギン、グングンオヨギくんは或る日
    北極のパングワン、アッパレモグリくんからお手紙を貰います。
    そして遠くにいるお友達に会うために、船を作って旅に出ます・・。
    旅の途中では大きな船にあったり、サメに囲まれたり、クジラさんとも
    友情を育んだり・・・。
    そして出会えた二人は分かれがたくて、お互いの土地を行ったり来たり・・ついには船の会社を作ることにしました♪

    ・・・というお話。
    子供にはちょっと分かりづらいかな・・。
    ペンギンの話かと思ってたら突然「パングワン」という聞きなれない
    言葉も出てきて、親の私も「んんっ・・?!」

    でもコミカルでペンギンの絵はかわいいし、
    お友達との絆のお話でもあると考えると、いろんな読み方ができるのかもしれません・・。

    投稿日:2009/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「北の海のペンギン!?」

    内容はというと、、、
    南極のペンギン「グングンオヨギくん」が友達である北極のペンギン「アッパレモグリくん」を訪ねて旅に出ます。
    二人は仲良くなってしまい、別れることが出来なくなってしまいます。結局大きな船を造って北極と南極を行ったり来たり出来るように会社を作るというお話。
    話の意味が良くわからない面がありますが、作者のあとがきを読むと、北の海のペンギンのお話が書いてあり、意味合いはなんとなくわかります。
    話が理解できない娘は船に乗っているペンギンには興味を持っていました。

    投稿日:2003/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 君だけのシネマ
    君だけのシネマ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    第48回 新潟県課題図書感想文コンクール 課題図書(小学校高学年の部)に選定されました。


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット