新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

ドオン!自信を持っておすすめしたい みんなの声

ドオン! 作:山下 洋輔
絵:長 新太
出版社:福音館書店
税込価格:\1,210
発行日:1995年03月
ISBN:9784834012767
評価スコア 4.56
評価ランキング 6,157
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 絵本を読むと賢くなるかどうかわかりませんが、知識が増えることはあるでしょう。
     それよりも物語にわくわくする気持ち、うれしかったり、怒ってみたり、泣いたりすること、そういうことを絵本は教えてくれます。
     でも、やっぱり一番は絵本を読んで楽しくなることではないでしょうか。

     その点、この絵本は読んで楽しくなること間違いありません。
     何しろ文を書いたのはあの有名なジャズ・ピアニストの山下洋輔さんですから、文章にテンポがあります。
     いたずら好きの鬼の子ドンと人間の子どものこうちゃんは、いたずらが高じて家から追い出されてしまいます。
     そんな二人が出会って起こる、大騒動。
     ついにはお父さんもお母さんも、鬼の両親も現れて騒動は大きくなるばかり。
     ページいっぱいに「ドカシャバ ドカシャバ ドカドカドカ!」みたいに音が溢れだします。
     絵を描いたのは、ナンセンス絵本の巨匠長新太さん。
     山下さんの文に負けないぐらい、明るい色の大爆発。
     読んでいると自然と身体が動き出して、足をドンドン、両手でパンパン、気分は最高潮!
     そして、ついに、
     「ドオン!」
     と、弾けます。
     この音はみんながそれぞれ出してした音が一つに合った時のもの。
     つまりは、仲良しのしるし。

     この絵本を読んで、子どもたちの笑顔がそれこそ「ドオン!」となれば、いうことありません。

    投稿日:2020/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 太鼓の音がそろったら

    みんなが好き勝手に太鼓を叩いたら、なんとうるさいことでしょう。
    言いたいことを好き勝手にしゃべっていたら、誰も話がわからない。
    でも、太鼓の音がそろったら、騒音が音楽になりました。
    何だか楽しくなりました。
    何だか親しくなりました。
    ジャズピアニストの山下さんらしいお話です。
    ピアノも打楽器だったでしょうか。

    投稿日:2016/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらっちゃう瞬間

    些細な張り合いがエスカレートする。
    子どもにはよくあることですね。
    オニの子VSにんげんの子。
    子どものけんかに 親、ペット、その他大勢まで加担し、
    ドンドコ ドンドコ ドカシャバ ドカシャバ
    ヤバイ!一触即発だぁ!!

    でも、そんな緊迫感の中だからこそ、
    笑っちゃう瞬間てあるんですよね。
    拍子抜けするというか。
    偶然が生み出す、鎮静剤。
    なんとも平和で、楽しいお話でした!!

    投稿日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくなります!!

    人間の子どもと、鬼の子どもが
    たいこの打ち合いを始めるのですが、最後には、
    人間も鬼も総動員で、たいこを打ち合います!
    たいこをたたく音の表現がいろいろとあって、
    声を出して読むと、とっても楽しい気持ちに
    なれます!!
    最後は、みんな仲良しになることができ、
    ハッピーエンドで終わるところが、とっても
    おすすめです♪

    投稿日:2011/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが山下洋輔さん

    ジャズマン山下洋輔さんと長新太さんの豪華な組み合わせ。
    登場人物はそれぞれ太鼓を持っています。
    太鼓を叩いていると、不意にみんなの太鼓の音が合って・・!
    楽器の楽しさが伝わってくるような絵本です。

    投稿日:2011/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 傑作☆

    3歳の息子が、今一番気に入って読んでいる本です。
    私も大好きな1冊になりました。

    @太鼓のリズムを表す擬音語が面白い!
    ネコが叩けば「タンタカ タンタカ ニャンタカタン」
    叩く人によってリズムが変わってくるのです。
    私もしらずしらずと力が入り熱演(*^_^*)
    息子は実に楽しそうに聞いています。

    A長新太さんの絵に惹かれる!
    構図も色遣いも長新太ワールド健在。
    楽しめます。

    Bいたずら者の2人が仲良くなるというストーリーが気持ちよい!
    争い合うように叩いていた太鼓が、偶然「ドオン!」と響き合う。
    それをきっかけに心結ぶ。
    そんなストーリーに、最後はにっこり読み終えることが出来ます。
    2人の争いに、両親やペットまでもが慌てて駆けつけ、太鼓で手助けするというのもなんだか心温まりました。

    3歳頃〜園児にオススメします。

    投稿日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずら者の オニのこどんは 「でていけ!」と追い出され
    いたずらな こうちゃんも  「でていけ!」と追い出されて 出会った
    二人とも太鼓を持っていて たたきっこして 負けじとけんかに
    そこへ 追い出した お父さんとお母さんが こうちゃんを応援して 太鼓をたたくの ドンドコ ドンドコ ドンドン ドン!
    太鼓のリズムにのって 何だか楽しくなるのです  
    なんと オニの お父さん お母さんも オニの子ドンちゃんの応援 

    やはり どんなにいたずらっ子でも 我が子はかわいいんですね(ここが親の良いところかも)

    犬やねこ・牛やにわとりも 応援? だんだん輪が広がり 人間とオニの太鼓合戦に発展するところが ユニーク!

    太鼓合戦    ドオン!とあいました。

    あ〜! タイトルのドオン!の響き  すごいね!

    太鼓の音が みんなを ワッハ ハッハ  ゲラゲラ ケラケラ みんなを 笑って幸せにしてくれるのですね!

    笑ったら けんかしてたのに 「ああ、おもしろかった!」
    友達になって 幸せになれました。
     
    やっぱり 太鼓は 笑顔をよんで みんなを 楽しくしてくれるんだね 
    笑顔が 一番!

    太鼓のリズムが おもしろくて たたいてみたくなりますね!
    子供も 大人も  

    さすが 長さんの絵はおもしろい! 山下さんのお話にぴったり!

    投稿日:2011/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 太鼓ほしくなった

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    いたずらっ子のおにの子と人間の子のこうちゃんが
    なぜか太鼓を持って共に家を追い出されます
    そしておにの子がこうちゃんの上に落ちてくる・・・
    この突飛な展開にもう引き寄せられてしまいます
    さすが長新太ワールドだなぁと感心します

    おにのお母さんやお父さん、人間のお父さんやお母さん
    さまざまな人が集まってきて太鼓をたたき合いますが
    ちょうどドオン!と皆の太鼓の音が偶然に合います
    それを機に一気にみんなニコニコ仲良しになります

    子供の世界って喧嘩してもひょんなことで
    大笑いになりあっけらかんと仲直りできるものなのですよね
    なんとも温かくなるストーリーです

    投稿日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気な子

    こうちゃんは、元気ものものでやっぱり羨ましいです。

    食べ物は散らかすし、おまるは被るしは、孫そのものです。

    「でていけ!」と追い出したものの心配でずーとついてきたりして・・

    鬼の子ドンもやっぱり、悪戯が過ぎて追い出されてそんな子が一番可愛

    いのも事実です。孫は園にもこうちゃんがいるので、「こうちゃん こ

    うちゃん」とはしゃいでいました。

    明るい絵、オーバーぎみな顔が楽しかったです。

    擬音語がいっぱいでとても楽しい絵本でした。

    投稿日:2010/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体が踊り出す!

    ジャズと長新太さんが大好きな主人がお気に入りの一冊です。
    「ドンドコ ドンドコ ドカシャバ」とか「ダダフカ ダダフカ」とか「タンタカ タンタカ ニャンタカタン」とか太鼓の音を口に出すのに練習しなければならないんですが、うまく言えたら拍手喝采。なんだかリズムに乗ってきて、絵本を読むのが楽しくなってきます。その気持ちが伝わるんでしょうか、息子も乗ってくるらしく、見開きいっぱいみんなが太鼓を叩いてるページと笑い合ってるページは変な踊りをおどっています。
    中でもやっぱり「ドオン!」って音が合う場面!ジャズとかでもピタリ音が合って演奏が止まるところとかカッコいいですよね〜。みんなでがしゃがしゃ喧嘩してて、これが偶然に起こったら。そりゃ楽しいだろうな。
    ぜひ親子でノリノリになってください!

    投稿日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット