話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

パパと10にんのこども自信を持っておすすめしたい みんなの声

パパと10にんのこども 作・絵:ベネディクト・ゲッティエール
訳:那須田 淳
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年05月
ISBN:9784893172464
評価スコア 4.39
評価ランキング 12,124
みんなの声 総数 17
「パパと10にんのこども」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大変な父子家庭

    お父さんの苦労と活躍に驚異を感じました。
    お母さんはどうしたの?
    でも、この大変さが日常になってしまったら、たまの息抜きも寂しさを感じてしまうのでしょうね。
    この絵本を見たら、多少の家事参加はしないといけないですね。

    投稿日:2019/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんにも手伝わせてあげてね!

    仕事をしながら、10人の子育ては大変だから、たまには、今回の

    ように、おばあちゃんを頼りにしてあげて手伝ってもらったらいい

    なあと思いました。娘も5人目を生むのですが、なかなか甘えて

    くれないから、寂しく思っています。

    10人の子供たちからいざ離れて自由になったら、それで寂しく

    なってしまう本音が親なら人数に関係なく気持ちは同じだと思い

    ました。子育ては、振り返ってみるとあっという間に終わってしま

    うから、今子育て中の方や、関わっていられる方が羨ましい私

    です。

    投稿日:2019/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパは大活躍! ママは?

    今時の若いパパはこんな パパにはなれませんよね

    10人の子ども しかも   やんちゃな 男の子ばかり

    学校へ行ってるんだ

    仕事帰ってからは  お風呂に入れて ごはん作り こんなスーパーパパがいるんだって

    ママはどこ入っちゃったの??

    ある日パパは おばあちゃんに子どもを頼んで 一人でヨットに乗って  10日もねむり続けるなんて 日頃のお疲れ

    いやしてね〜

    それでも パパは 10人の子どもを愛しているからすごい!
    冒険の旅  さて どんなドラマがあるんでしょう?

    投稿日:2019/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数は違うけど気持ちがわかります

    5歳次女に読みました。

    この絵本のパパはなんと10人の子供がいるんです。そんなパパに次女はびっくり!「すごい!多すぎだ―」と大興奮。

    パパはあるひ子供を預けて一人で旅に行ったのですが、10日間眠り続けて起きたパパは気付けば10人の子供の準備をしていたんです。
    一緒にいると離れたいなー、疲れたなーと思うけど、離れると気になってしまうものなんですよね。リフレッシュしたパパ、子供たちを連れて一緒に出掛けるんですよー。やっぱりリフレッシュも必要ですね(笑)

    投稿日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんな感じ

    大人は子供がいるときは、一人がいいな〜って思ったりもして、いざ、いなくなったら寂しいな〜って思ってしまいますよね!!うちの子はこの絵本を聞いていて、パパがいとりで旅に行ったのがなんだかさみしいね〜なんて言っていました。

    投稿日:2012/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるなーこの気持ち

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。10人の子供を育てるパパのお話です。ただ、その10人の世話をしているところが、見ているだけでげんなりするほど大変。そんなパパ、やっぱりひとりになりたいと海を行きます。しばらくするとやっぱり子供が恋しくなってしまいます。そうなんだよね。解放されたいと思うけど、いざされるとちょっとさびしくなる。子育てってそんなもんだなーと思いました。息子はそんなことはわからず、ただただ、けらけら10人との葛藤に笑っていましたよ。

    投稿日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えちゃいけない

    パパがひとりで10人の子供を育てているお話です。

    ある日自分の時間が持ちたくなり
    おばあちゃんに預けて出かけてみたものの
    なんだか落ち着かないパパ・・・。

    わぁぁぁ、これって私のこと?ていうくらい
    わかりすぎる気持ちが描かれていました。

    10人の子供がみんな同じ年頃っぽい(10つ子?!)とか
    突っ込みどころ満載な感じでもあるんですけれど
    細かいことは考えず、フィーリングを大事にしたい一冊です。

    投稿日:2009/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人で子育てに奮闘するパパが素敵。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    色がカラフルで、絵もはっきりしていて遠目が聞き、お話もわかりやすく、コミカルでかわいい絵本なので、学校などの読み聞かせにとてもお奨めだと思いました。

    お父さんが、会社に行って働きながら、10人の小さな子供たちを毎日忙しく子育てする様子を面白おかしく描いています。
    でも、何しろ10人なので、あまりにも大変で、ある日一人きりになりたくなって、子供たちをおばあちゃんにきちんと預けてから、船に乗って海へ一人で行ってしまいます。
    優雅なバカンスになるはずだったのでしょうが、そんなに簡単にかわいいこども達のことをきれいさっぱり忘れて楽しむことなんて不可能なのもの。これは、子育てをしている人なら誰でも経験があるのではないでしょうか。
    最後は、やはり家族が一緒がいいのだといった幸せな気持ちにさせてもらえます。
    お母さんは、いなくてもお父さんの充分すぎる愛情に包まれていることがわかることに、読んでいて心が満たされました。
    読んでもらう子供たちも、こういうお話を聞き終わると、すごく嬉しそうな、満足気な表情になるんですよね。

    投稿日:2006/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパによんでもらいたい。

    この本にママはでてこない。

    でも世のあまり子育てに参加できていないパパさんたちによんでもらいたいなぁ〜。このサイトにはいないか、そんな人…。

    日頃の家事育児につかれた(?)パパが一人の時間をもつために船を作って旅に出るのだけどやはり子どもたちが恋しくて寂しくて子どもたちのところにもどり、みんなで旅に出るというお話。

    10人の子どもたちの世話はとても大変そう!たのしい絵でかかれているものの、ほんとに大変そう。
    一人の時間がほしいとおもうのもごもっとも。

    だってコドモ1人といるだけでも一人の時間ほしいもの!
    ほんとにこの本のパパえらい!

    投稿日:2004/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット