アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

やあ! 出会えたね ダンゴムシ」 みんなの声

やあ! 出会えたね ダンゴムシ 文・写真:今森 光彦
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784752002086
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,280
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 虫が苦手な人も写真を見れば驚くはず

    虫が大好きだった息子が図鑑と並ぶくらいによく読んだシリーズです。

    表紙のこのアップの虫の写真は、虫好きの心をつかんで離しません。
    どのシリーズもそうなのですが、写真家の今森さんならではの瞬間が素晴らしく、虫が苦手な人であっても、芸術的に見えてくるから不思議です。

    ダンゴムシは図鑑の中ではどちらかというと脇役。
    子どもが一番身近で出会う虫なので、生態をじっくり一冊で学べるのはとても魅力的です。

    この本を読んでから、実際に脱皮しているダンゴムシに出会ったり、卵をもったダンゴムシに出会ったりと様々な発見をしました。

    虫好きのお子さんなら是非このシリーズをおすすめします。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 脱皮、出産も

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    我が子たちも大好きだったダンゴムシ。
    そのダンゴムシの観察記、といったところでしょうか。
    生き物たちの写真では定評の、今森光彦さんによる、
    絶妙なアングルのダンゴムシの生態が興味深いです。
    さあ、今森さんと一緒に観察してみましょう。
    ダンゴムシの正面顔のアップ、なかなかの迫力です。
    また、脱皮、出産のシーンもまさに生命の神秘の光景です。
    しかも、ちゃんと拡大してあるので、細かい部分まで観察できますね。
    クロオオアリに襲われるダンゴムシの様子も臨場感たっぷり。
    一瞬にして丸まってしまうのですね。
    その収納の仕組みもまさに匠の技です。
    ダンゴムシの世界、魅力的ですよ。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダンゴムシ好きにはたまらない

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    ダンゴムシ好きにはたまらない絵本です。
    娘もダンゴムシが大好きで、よく捕まえて遊びます。
    なので、最近はダンゴムシの本をたくさん読んでいます。

    文章は長くて、4歳の娘に読んで聞かせようにも写真に見入って聞いてくれません。
    でも、内容はとても面白いです!
    小学生〜大人まで楽しめます。

    でも、4歳の子に向いてない絵本と言うわけではありません。
    この本のすごいところは、まるで自分もダンゴムシになったかのようなダイナミックな写真。
    ダンゴムシの色んな部分、色んな場面の写真がドアップで掲載されているので、実際に捕まえたダンゴムシを見ているだけでは分からない、色んなことを知る事ができました。
    そして、絵本で見た場面を実際に見たいと、娘はダンゴムシの観察を続けています。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダンゴムシ

    ダンゴムシの生活のすべてが書かれていました。私は脱皮のページとかは少し気持ち悪かったのですが、子供は大喜びでした!!今度この絵本に書いてあったところをさがしに行ったりする!!って意気込んでました。先が思いやられます・・・・。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダンゴムシ 懐かしい 保育園で 子供がダンゴムシをたくさん集めて嬉しそうにしていたのを思い出しました。

    何となく憎めない  ころんとダンゴのように丸くなるのでダンゴムシって言うのかしら?
    それにしても 今森さんの2歳の息子が 口の中に入れていたのには笑えました(えっ!驚きも含めて・・・)

    今森さんの 切り絵の作品展を先実見てきました
    いろいろな虫や 動物 とり 花の美しい切り絵に感動しました
    今森さんの観察力のすごさ!

      この絵本でも すごい観察力と 愛情を感じます

    写真の取り方  顔を正面から見たのははじめてです(おもしろい顔してる!)
    脱皮した皮を食べて栄養にし  敵に襲われたときの身の守り方のすばらしさ!
    一番感動したのは  赤ちゃんの誕生でした。 透き通って真っ白です
    神秘的な 誕生の仕方ですね。

    ダンゴムシ 見捨てられてしまうような存在のダンゴムシをこんなにもすばらしい絵本にされた  今森さんに感動します!

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • やだっ!リアルなダンゴムシ

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     この本は、写真集かと思いきや、かなりのボリュームで字が書いてあります。小さなお子さんだと飽きてしまうかもしれません。
     そして、これでもかというダンゴムシのリアルな姿。
     今まで、女の子ママだったため、ほとんど虫とは縁のない生活でしたが、息子も産まれたし、こういう本でも読もうかと娘達と読みましたが。

     字が多いので娘達は喜んでみていましたが、私は途中あまりにリアルな写真に若干気持ち悪くなりました。ほんと、目線がダンゴムシにあってしまう絵本です。

     冷静に振り返ると、ダンゴムシの脱皮という生態などの写真が入っていたりして、読み物としても生態ブックとしても非常によくできていると思います。

     でも、やっぱり虫はちょっと苦手だな。。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な姿

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    私の虫嫌いが移ったのか、最初はダンゴムシを怖がっていた娘。
    (ダンゴムシは本当は昆虫ではないらしいのですが)
    ところが、一度丸まるのを見せてあげたら、とたんに興味を持った様子。
    この絵本も図書室で見つけて「かりてくー!」と読む気満々でした。

    普段はなかなか見ることのできないダンゴムシの姿を、写真で楽しむことができます。
    脱皮の場面、子どもを産む場面は必見。
    これまでしょっちゅうダンゴムシに遭遇していますが、こんな場面じかに見たことありません。
    意外な姿に、娘よりも私のほうが夢中になってしまいました。
    極度の虫嫌いのはずだったんですけどね。笑

    もう一つ驚いたこと。
    それは作者の今森さんが、ダンゴムシを観察しようと思ったきっかけです。
    2歳になる息子さんのビックリする行動。多分娘が同じことをしていたら・・・私は絶叫そして大パニックだったでしょう。

    掲載日:2009/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮な驚き

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    ダンゴムシと絵本ナビで検索するだけでも、たくさんの本が出てきます。
    それだけ、馴染みの深い虫と言えるでしょう。

    子どもたちが集団登校で集まる時間に、フラフラと花壇に行っては
    ダンゴムシを2匹、3匹と手のひらに乗せて夢中になり、集合の合図も
    聞こえなかったり…という子をよく見かけます。ウチの娘もですが。

    この今森光彦さんのダンゴムシの写真絵本のどこが素敵って、
    もちろん写真も素晴らしいですが、今森さんの観察の様子が
    うかがえるような文章もだと思います。
    素直で新鮮な驚きに、自分が体験しているかのような気分になります。

    別に珍しくないじゃん、と思ったダンゴムシが、ちょっと特別な
    存在になった一瞬でした。

    掲載日:2008/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫が苦手でも楽しめます!

    • みどぅさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    ある絵本の会で、同じシリーズの「フンムシ」が紹介され、気になっていました。

    外で遊んでいると、息子は動いている虫が気になるらしく、興味を持ちじっと見つめます。
    そしてその虫の中でも、アリの次に身近なのがこのダンゴムシ。
    きっと、興味を持つだろうと思い、図書館で借りました。

    虫が苦手な私でもじっと見る事ができる、ダンゴムシの魅力が最大限に引き出された写真がいっぱいです。
    くるりと丸まった愛嬌のあるダンゴムシ。
    ダンゴムシの真正面からの顔!!
    たとえばダンゴムシの腹側からの写真があったら、ぞっとすると思うのですが、そのような写真はひとつもありませんでした。

    私が小さい頃、ダンゴムシに良く似ているけどベンジョムシは丸まらない、と友達と話していた記憶があるのですが、実はダンゴムシをベンジョムシとも呼ぶということを知り、20年以上も勘違いしていたのを知りました。
    ダンゴムシが脱皮をするのもビックリです。白い抜け殻を見た事がないけど?と思ったら、食べてしまうんですね!
    ダンゴムシの赤ちゃんは卵ではなく、お母さんのお腹から直接出てくるということにも驚きました。
    他にもいろいろ、ダンゴムシに詳しくなれます。

    文章が長く、お話といっても面白いストーリーではなく観察記録が語られているので、2歳4ヶ月の息子に読み聞かせをするのには向いていませんでした。
    写真も思ったほど興味を示しませんでした。

    しかし、とても良い本だと思うので、息子が成長したらまた是非借りたいと思いました。

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 臨場感あふれる写真

    • ようこらせさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    最近虫好きになった娘が見つけてきた写真絵本です。
    本当は小学生用くらいの文章量。
    けど、とても素敵な写真のおかげで、
    長い文章でも飽きずに最後まで読むことができました。
    読むのは疲れますが…
    けっこう理解もしてくれたみたい。

    正面からのアップなどなど、
    長い文章が苦手でも写真を眺めているだけでも勉強になりそうです。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あの漢字検定が絵本を出版!?

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット