100円たんけん 100円たんけん 100円たんけんの試し読みができます!
文: 中川 ひろたか 絵: 岡本 よしろう  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
100円でなにが買える? お金の見方がちょっと変わる、 はじめてのお金えほん!

やぶかのはなし自信を持っておすすめしたい みんなの声

やぶかのはなし 文:栗原 毅
絵:長 新太
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2019年04月15日
ISBN:9784834002119
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,553
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • オスの蚊は刺さない!

    • えがだいさん
    • 40代
    • パパ
    • 和歌山県
    • 女の子5歳

    蚊が主役?と最初の印象でした。
    身近な生き物の話になるので子供にもすっと受け入れやすい。
    オスの蚊は刺さないなんて知りませんでした。
    蚊は我が家では現れると、家族総出で退治するのでなんかこの絵本を読んでしまうと、退治するのが少しためらいます。

    投稿日:2019/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蚊の生態がよく分かります

    やぶ蚊目線のモノローグ風になっていますが、蚊の生態が分かるようになっており、凄く面白い!

    オスは血を吸わないことや、メスが血を必要とする理由は知っていましたが、こうやって読んでいると子供にも分かりやすくて良いなと思いました。

    投稿日:2019/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • やぶか!

    私たち人間にとって、夏の大敵「やぶか」の話です。
    やぶかからすると、なんて考えてみるのも面白いかもですね。
    長新太さんの描くイラストが味わいがあってとてもいいです!
    この絵本を読んだら、夏が怖くなる?面白くなる?(笑)
    夏が来る前に一読したい絵本ですね(笑)

    投稿日:2019/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    かがくのともはおもしろいです。
    長新太さんの絵も楽しいです。
    蚊が好きな人はいないと思いますが、この絵本は、蚊の立場で描かれているので、読んでいるうちに、なんだか応援したいような気持になってくるから不思議です。
    蚊だってがんばっているんだなあと考えてしまいました。
    蚊についてよくわかります。

    投稿日:2017/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蚊のことがわかる

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子6歳

    蚊をパチンとしづらくなってしまいました。
    この絵本を読んで蚊が必死で生きていることがわかり
    「パチン」としづらくなってしまいました。
    メスだけが人間の血を吸うなんて知りませんでした。
    そしてそれは卵のためだなんて・・・・
    次の日息子が足に3か所蚊に刺されてきました。
    3匹の蚊の出産を助けたんだなと少しうれしくも感じました。

    投稿日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • オスとメスの蚊

     夏になると、ブーンとやってくる、やぶか。刺されるとイヤですね。
     でもこの絵本を読んだら、ちょっとやぶかの見方がかわってきました。寿命がとても短いことに、びっくり。オスとメスでは、吸うものが違うことも知りました。蚊もいっしょうけんめい、生きているんですね。
     大人も、いろいろ勉強になります。

     わかりやすく楽しい科学絵本、長さんの絵も、しみじみしてよかったです。
     蚊にさされるのは、やっぱりイヤですが、親近感がわいてきました。

    投稿日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでわるもの?

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     かはきら〜い、と娘。かゆいから、きら〜い。
    でも、こどもを育てるために「ち」が必要と知ると
    え〜っ?こまっちゃったなあ・・・しらないあいだにならいいよ、だって。
     蚊の生態も、長新太の手になれば、なんだか活劇物語に思えてきちゃうからふしぎです。最近では区役所の広報で、ボウフラの退治場所は・・・なんてお知らせしてますから、蚊もさぞや生きにくい世の中でしょうね。内容的には尻切れとんぼですが、冒険活劇つづく、ということで学習しながら楽しめました。感謝。

    投稿日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蚊も一生懸命生きている

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    夏は蚊の多い季節ですね。季節柄というのもありますが
    長さんの絵ということもあって目に留まり読んでみました。

    蚊なんて庭仕事の邪魔になるやつという認識しかありませんでしたが、生きるために一生懸命であるという極めてシンプルなことに気づきました。
    蚊からみたら人間こそ強敵ですね。しかもメスしか血を吸わないのにオスも邪魔にされて可哀そうです(笑)
    子孫を増やす場面や卵を産む場面なもあり、いつもは憎い奴なのに
    不思議とがんばれーと思ってしまいました。

    蚊の生態が詳しく書いてあるのに、雄の独り言調で進められてるせいか、勉強っぽくなく楽しい一冊でした。

    投稿日:2013/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • やぶ蚊の世界

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    やぶ蚊の生態についてきちんと描いた科学絵本です。
    ともすれば、何も考えずに駆除、のイメージの強いやぶ蚊ですが、
    なるほど、やぶ蚊にも、ちゃんとした理由のある生態があるのですね。
    やぶ蚊のオスが主人公。
    意外にも、オスは吸血ではないようですね。
    吸血は、卵を育てるメスの宿命、ということです。
    このように、ストーリー仕立てにして読むと、吸血というやぶ蚊の生態にも納得してしまいます。
    やっぱり刺されるのは勘弁してほしいですけれどね。
    夏の頃、読んであげると臨場感があっていいと思います。

    投稿日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蚊には刺されたくないけれど

    虫好きな子どもはいても、蚊だけは好きになれないのではないでしょうか。

    物語調でありながら、おすは血を吸わない、めすが卵を産んで蚊に育つまでなど、要所要所に蚊の知識が散りばめられています。

    蚊は血だけでなく、果物の汁も栄養としていることを知りました。

    蚊には刺されたくないけれど、蚊のこと勉強になりました。

    投稿日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おだんごぱん / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット