話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ

ぐりとぐらのおおそうじ」 その他の方の声

ぐりとぐらのおおそうじ 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:2002年02月
ISBN:9784834017960
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,990
みんなの声 総数 171
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私もやってみたい

    私はぐりとぐらのシリーズが大好きです。
    ぐりとぐらのおおそうじでは、ぐりとぐらがほうきとぞうきんになってそうじをします。そのかっこうがおもしろかったです。
    まどから見ていたうさぎさんたちが、ぐりとぐらをおばけとまちがえるところは、「ぐりとぐらだよ」と教えてあげたかったです。
    わたしも、じぶんがぞうきんになってごろごろして、そうじをしてみたくなりました。

    投稿日:2013/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくお掃除しましょう!

    “ぐりとぐらのおおそうじ”を読んで、
    ふたりの発想力と、どんなことでも楽しむ姿に感心しました。

    お掃除だって、お料理だって、楽しいほうが絶対にいい!

    毎日やらなくちゃいけない事が沢山あるけれど、少し目線を変えれば、憂うつがワクワクに変わるのかもしれないと思いました。

    ぐりとぐらの絵本で描かれているのは、ほとんどが外での出来事なので、家の中のお話はちょっと新鮮です。

    最後はやっぱり、おいしいものをみんなでいただきま〜す!
    きれいになって、良かったね!

    投稿日:2013/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢があります

    ぐりとぐらが、大掃除をする春のお話です。
    ぐりとぐらは、お掃除の方法を考えます。
    そして、2人(2匹?)は自分自身が道具になっちゃいます。

    お家の様子を見に来たウサギさん達が、ちゃっかりお茶菓子を御馳走になるのも可愛かったです。
    絵本のお菓子はとても美味しそうです。

    「道具になる」という発想が面白くて、子供にウケそうですね。
    私も、「この方法があったのか!」と……。
    実際にやってみるとなると、ボロボロの服を集めたりと色々大変そうなので、私はやることは無いかと思いますが、夢があって素敵です。

    これからも、子供達が楽しむ絵本を作ってほしいです。

    投稿日:2013/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイデアいっぱい

    ぐりとぐらが、おおそうじをすると、なぜかスキーの格好。
    道具がなければ手作りです!
    さすが、ぐりとぐら。。。
    お掃除が楽しく感じられます。

    ぐりとぐらには生活を楽しくするアイデアがいっぱい。
    そんな生活、マネしたい!っていつも思います。

    投稿日:2007/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二人とも男の子!?

    楽しい大掃除のシーンも、もちろん魅力的な絵本なのですが・・・

    大人になって読んでみて、ず〜っと大きな勘違いをしていたことに気付きました。

    ぐりとぐらが、二人とも男の子だって知っていましたか?

    わたしは、この本を読むまで、ぐらを女の子だと思っていましたが・・・ぐらが自分のことをぼくと呼んでいるシーンでびっくり。

    「赤い服を着ているから女の子」って、単純に考えていましたけど、思い込みって怖いですね。

    そんなことを、大人になってから、また考えさせてくれる絵本・・・すてきです☆

    投稿日:2006/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2匹がおばけに

    冬の間にたまってしまったホコリにおどろいたぐりとぐら。

    掃除をしようと道具置き場に行きますが、ほうきは役に立ちません。器用な二匹はいらない布を使って自分たちがそれぞれほうきとぞうきんになり大掃除をはじめます。

    家の中を転げ回るぐりとぐらは本当に楽しそう。

    でも、それをみたうさぎたちはおばけと勘違いしてしまいます。

     この絵本も、文章のテンポが良くて挿絵もセンスが光っています。

     ぐりとぐらのティーセットは洋服と同じストライプ。うさぎたちは色違いのギンガムチェックを着ています。
    シンプルでかわいいです。

    古い端切れでおばけになった2匹もパッチワークみたいでおしゃれ。

    ラストのおやつタイムもたのしそうで最高です。

     もしもわたしに子供が出来たら、このシリーズをそろえたいと思っています。

    投稿日:2006/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬場にたまったほこりを片づけようと今日はおおそうじの日に決めたぐりとぐら。そのそうじ姿が何とも面白ろかったです。親子でくすくすっと笑ってしまいました。やっぱり春風とともに大そうじも悪くないなーと感じる一冊でした。これを読むと楽しいそうじができそうです。

    投稿日:2006/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット