よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
森の小人さん 40代・ママ

1粒で2度美味しい☆
タイトルに惹かれ読み始めました。和菓子…

3びきのこぶたなかなかよいと思う みんなの声

3びきのこぶた 作・絵:いもと ようこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784265030729
評価スコア 4.13
評価ランキング 19,153
みんなの声 総数 14
「3びきのこぶた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 原作に近い3びきのこぶた

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    名作「3びきのこぶた」。

    自分の知っている内容とは違い、ちょっと戸惑いましたが、最後のあとがき?のようなページで、原作に近い形で書かれていることを知り、はじめて本当のお話の内容を知りました。

    上のお兄さんぶたは、おおかみに食べられてしまいます。

    私の知っている話は、末っ子ぶたのレンガの家に逃げて助かるものでした。

    おおかみと末っ子ぶたとのやりとりのページがちょっと長くて、息子はちょっと飽きてしまいましたが、有名な作品を一緒に読むことができてよかったです。

    掲載日:2011/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぶたカワイイです♪

    絵はとっても素敵です〜!!

    話の内容は分かりやすく、幼児向けになっているなあと思いました。ただ、3番目のこぶたがレンガの家を建てるのは他の2匹のこぶたの家より時間や体力をかけて建てたんだってことを入れてほしかったです。労力をかけたものほど丈夫。というようなことを踏まえてほしかったかなと思いました。

    最後のページもちょっと残酷。そういえば、3匹のこぶたってこんな内容でしたよね。子どもの時とは読み終えたときの感覚が違いますね。

    息子は楽しく読んでいます♪

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供もよみやすいです

    定番のお話です。
    ちょうど保育園で「3匹のこぶた」の3番目のこぶた役をしたので、もう完璧に覚えてしまいました。

    テンポのいい文章で親も読んであげやすいです。

    最近の童話はあえて表現を抑えたり、物語を意図的に変えてるものも多いですが、この本は最後におおかみは死んでしまいます。
    私としてはこちらの方が好きです。

    絵は文句なしに素敵です。

    掲載日:2009/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後。

    まだ息子には早いですが、繰り返し読んであげたいです。
    おなじみの昔話。3匹の子ブタです。お話は昔自分が小さい頃に読んだものと同じストーリーでした。最後は、オオカミが死んでしまいます。今は、そうゆうシーンをカットしてあるお話が多いですが、私は、子供に命の尊さや大切さも教えてあげたいので、そういうシーンがあってもいいと思うので、この本はいいと思います。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみが来たら、どうしよう…

    この本も、子供に有名なお話を教えたいと思い、まず手始めに、購入しました。

    「3匹のこぶた」は、保育園の表現会でも、何度も取り上げられている演目です。2歳くらいの子には、いもとさんのほんは、やさしくていいですね。

    乱暴もののおおかみも、この本では「ぷー、ぷー」と家を吹き飛ばす姿も、かわいいくらいです。

    この頃、よく読んでいた、同シリーズの「7ひきのこやぎ」と「あかずきん」とあわせて、おおかみが「悪」者。
    子供は、真剣に、おおかみが来たらどうしよう…吹き飛ばされたらどうしよう…と考えていました。

    掲載日:2006/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく絵がかわいい

    最初に名作に触れさせたいと思ったとき、いもとようこさんのかわいい絵にひかれて、このシリーズを選びました。
    お話自体は、子供向けにアレンジしていますから、オリジナルの恐ろしさは若干マイルドになっていますが、0〜1歳で初めて絵本を見る子にはいいのかなと思います。ちなみに、2歳のときには、この本の狼でも十分に怖がりました。
    その後、「三匹のこぶた」を怖がった時期もありましたが、オリジナルをはじめとする、いろいろなアレンジで触れる機会があり、なじみ深いお話になっているようです。そのせいか、5歳になった今も、自分の大事な本の場所に入れていて、時々読み返しています。

    掲載日:2005/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット