話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

チロヌップのにじ」 その他の方の声

チロヌップのにじ 作・絵:たかはし ひろゆき
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1983年
ISBN:9784323002545
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,937
みんなの声 総数 8
「チロヌップのにじ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然の厳しさ 優しさ

    北の海の島 チロヌップ アイヌ語で、きつねと言う意味だそうです。

    きつねの親子たちは、厳しい自然の中で、身を寄せ合い生きている。親子の絆は、人間も、きつねも一緒です。

    海の波に飲み込まれた、きつねを我が身の危険を顧みず飛び込み助けてあげた、漁師たち、優しさにほっとします。
    リボンまでむすんであげてね。
    しかし、兵隊達が、島に来たため・・・漁師達は、本土に帰ってしまったのです。なんだかいやな予感・・・
    やっぱり、きつねをねらい殺して、毛皮をとるのです。
    人間のしわざです。

    きつねの、お父さんの、子を思う気持ち、すごいです!
    そして、お母さんの、強さ!  わなにかかり自分の足を食いちぎる。
    子ギツネの所へもどるため、 そして、子ギツネの成長を喜ぶ。
    母の愛情の深さに、感動しました。
    自分の命を、捨てても、子をまもろうとして・・・

    悲しいですが、心に残るお話です。

    投稿日:2006/08/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



内堀タケシさんの写真絵本「ランドセルは海を越えて」 不要になったランドセルをアフガニスタンへ届けて17年

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット