このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。

森のおひめさま」 ママの声

森のおひめさま 作・絵:ジビュレ・フォン・オルファ−ス
訳:秦 理絵子
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年02月
ISBN:9784582831450
評価スコア 4.27
評価ランキング 15,034
みんなの声 総数 14
「森のおひめさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しい絵にうっとり

     100年も前にかかれた絵本なのに、鮮やかな色彩といい、素敵なデザインといい、まったく古臭さを感じさせせません。本当に1枚1枚を額に入れて飾っておきたくなるような絵に、娘も、「いいなあ、この本。Jも、こういう絵、描いてみたいな。」と、うっとりしながら言っていました。そして、翌日には、1ページ1ページ丁寧に描き写して、自分だけの絵本を作りました。 
           
     野いちごやきのこなどの描写、それに、目に見えない「小さななかまたち」の存在は、ベスコフの世界とも似ていますね。こんな楽しい子ども時代を過ごせたらしあわせだろうな、と思わずにはいられません。

     娘は、おひめさまが眠りについた後、お城の前に座って番をする「星のこども」を見て、「この子は、きっとおひめさまが変わった(星の子になった)んだよ」と言いました。
    娘の心の中では、1日が終わっても、まだ夢の中で、おひめさまの楽しい1日は続いているんだな、と感じ、とてもうれしくなりました。子どもの想像力って、本当にすばらしいですね。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な絵本

    とても素敵な絵本ですね。
    この絵の素晴らしさに、うっとりします。
    ずいぶんと昔の作品ですが、古臭いということではなく、いい意味でクラシカルな雰囲気を感じますね。
    文章のほうも、まるでお姫さまに歌いかけているように聞こえました。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひめさま

    つくづく思うのですが、娘はおひめさまにはあまり興味がないようです。
    これが年齢によるものなのか、趣味嗜好によるものなのかは、まだよく
    わからないのではありますが。
    おひめさま、という言葉に特に反応しないのです。
    この絵本はおひめさまの物語ではあっても、他の仲間達(精霊?)も
    たくさん登場するので、いいかもしれないと思ったのですが、やっぱり
    反応せず。
    物語、というよりは映画のワンシーン、もしくは一枚の絵画を観る
    ような構成になっていたから、というのもあるかもしれないなあとも
    思いました。
    美しいのだけどなあ。額縁のように描かれた植物も一ページ一ページで
    違うし。こけのぼうや達やきのこぼっこも、かわいらしいし。

    娘はいまのところこういった絵本には心を動かされないようではあり
    ますが、だからといって読むのはやめずに。機会をみつけては美しい
    絵本に触れさせてあげたいなと思います。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • フェアリーテイル

    眠る前のひととき、大好きな人の声でフェアリーテイルを。
    入園前後に読み、縁あって8歳に成長した娘と読みました。

    基本言ってることは同じでしたが(笑)想像力が拡がったぶん、もっと夢見るようにウットリしていました。
    一日を妖精と過ごす。
    もうウットリもウットリ、はふ〜ん。
    学校ではマセた話ばかりですが、お姫様と妖精は永遠の憧れ。我が世界にひたっていました。
    白昼夢は困りますが、これくらいの夢を見られる子のまま育って欲しいなぁ。
    絵は想像を邪魔しない正統派。これも娘好みでした。

    大人対象だと、雑貨っぽい絵本っぽい喫茶店に置いてあると良い感じですね。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然を愛する

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    オルファースの絵本は、心にしみるメッセージが込められています。
    でも、決して押し付けがましくないので、読み終わってほんわかとします。

    絵がとてもかわいらしく、つゆのこやこけのぼうやとか、本当にいるような気持ちになります。
    その中でも、きのこぼっこがかわいらしくて、本当に生えているきのこに見えます。

    こんなほっとする絵本で育った子どもたちは、きっと優しい子になるでしょう。
    たくさんの作品を残されてはいないそうで、とても残念です。

    掲載日:2007/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本

    少し落ち着いた感じの絵本です。
    絵はポストカードみたいに1枚1枚美しく、お話も詩のよう。
    本棚の隅にひっそり置いてあるのですが、時々思い出して眺めています。
    娘も私も癒されたいときに手に取るのかも。
    こんな森に行ってのんびりしたいなぁ。

    掲載日:2007/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の中のこどもたち

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    ドイツの古典絵本です。
    作者は、小さい頃とても活発な女の子で、野原を駆け回り、草木や動物を心を通わせた子どもの一人だったようです。
    そんな自然との共生の中から生まれた、とても可愛らしい絵本です。
    1ページ1ページが木の実をつけた枝で縁取られ、森のお姫さまの一日の1コマ1コマを描き出しています。
    森のお姫さまは、本当は、草木や動物と心を通わせた小さい子どもそのものなのかもしれません。
    まだ、自然界の声を聞き取ることのできる小さいお子さんは、自分が森のお姫さまになってしまったような気持ちになるかもしれませんね。

    掲載日:2007/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢見る女の子におすすめ

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    女の子ならあこがれるおひめさま。
    そんなおひめさまの夢のような一日が描かれます。
    絵本ですが、一枚一枚がギャラリーにかかっているような完成度です。
    画面を縁取る草花の美しさはため息ものです。
    朝の身支度からお世話してもらって、なんて、「わあ、いいなあ!」の世界です。
    残念ながら我が家の息子達には無縁の世界でしたが・・・。
    いえいえ、殺風景な男の子の家庭の中で「女の子」を味わえた至福のひと時でした。

    掲載日:2006/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット