アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

マフィンおばさんのぱんや」 みんなの声

マフィンおばさんのぱんや 作:竹林 亜紀
絵:河本 祥子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1996年01月
ISBN:9784834013498
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,121
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • お腹すいちゃう!!

    アノダッテの作ったパン、どんな味なんだろう??チョコにイチゴジャムに、レーズン・・・味わってみたいな。
    勝手におばさんの仕事場で パンを焼いてしまって、家中をパンでいっぱいにしてしまったアノダッテ、普通なら叱られそうなんだけど マフィンおばさんは「あたしもこんなパンを焼いてみたかったんだよ」と優しい言葉。おばさんのパンが美味しいのは、優しさいっぱいのパンだからかもしれませんね。

    投稿日:2006/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • うわ、すごいやん!!おいしそう

    とてもわくわく楽しい本です。
    パン屋の見習の男の子が、夜中にこっそりパンを焼きます。
    好きなものを色々いれてとっても大きなパンを焼くと、ふくれてふくれて・・・・家の中がぱんだらけ。
    絵本からとてもおいしそうなにおいが伝わってくるようでした。
    勝手にパンを焼いたのに、男の子を叱らない店主も素敵です。
    子どもはうらやましくってうらやましくって、「パン焼きたい!パン焼きたい!」の大連発。
    私が子どもの時にもこの本を読んで、すごく羨ましく思い大好きだった本が、今は娘のお気に入りです。

    投稿日:2006/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私がアノダッテになってパンを作りたい

    • Naoはるいちごさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳、男の子9歳、女の子4歳、男の子2歳

    やわらかで、あたたかくて、パン屋さんの香りまでただよってきそうな絵です。地下室の台所の棚には、美味しそうなジャムのつぼがたくさん。おおきななべや、おさじもずらり。子供に「パン屋さんってこうなんだろうなあ」とイメージできそうです。

    ぱんやでマフィンおばさんを手伝うアノダッテが、夜中にこっそりパンを作ったことで、パンがむくむくふくれて、ふくれて、大変なことになるのです。アノダッテは普段うちの子供がやりたいけれどできないことをみんなやってくれます。なるべくたくさん作って、いろんな味を入れて、かざりもつけてしまいます。たのしいなあ。けれども、ふくれすぎたパンのゆくえは・・・。

    パンの色もすばらしくいいです。煙突から出ている煙もパンの色。ラストの絵でまちじゅうの人に家からはみ出たパンをちぎって配っている光景はほのぼのとして気持ちが和らぎます。本を閉じたら、きっとパンが食べたくなるでしょう。 

    投稿日:2006/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンがたべたくなりました。

    • ひめ☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    マフィンおばさんのパン屋は町で1軒の美味しいパン屋さんです。
    マフィンおばさんパン屋さんにいるアノダッテという
    お手伝いの男の子が毎日忙しそうなマフィンおばさんのために
    こっそりひとりで、パンを焼いてみることにして、
    どんどん膨らんで・・・というお話です。

    この本を読むといつもパンの焼ける
    いい匂いがしてきそうでパン好きな娘と私は
    ワクワクしてしまいます。

    アノダッテはマフィンおばさんを手伝ってあげたい気持ちも
    持ちつつ材料のチョコレートの魅力にまけて興味本位で
    焼いてみたんだと思いますが、
    おばさんのエプロンを締めた途端に
    マフィンおばさんにも負けないパン職人になったんでしょうね。
    お料理するおかあさんにあこがれてお手伝いをしたがる
    子供のような感じでした。
    アノダッテは悪戦苦闘しながらもパン生地はできあがり、
    焼いてみるとどっしーんと
    かまどのとびらからみるみる間にパンがあふれてきて
    逃げ場がなくなってしまうほどでした。
    幸い大きく大きく膨らんだものの美味しく
    出来上がったんだからよっかたですよね。

    パンをこねる工程が楽しくかかれているので
    私も子供とパンをやいてみたくなりました。

    投稿日:2006/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あこがれのパン

    チョコやジャムがたっぷりの巨大なパン。
    これを見た子なら、誰でも一度は憧れるのでは?
    また、この本の絵柄が、ふくふくしたパンそのもので、おいしそうなんです。

    投稿日:2006/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 焼けたパンの香りが伝わってくるようです。

    • まなみさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、男の子8歳

     パンの大好きな私たち家族が、揃って楽しめる本です。
    マフィンおばさんがパンを作るところ、おいしそうなパンが並ぶお店、アノダッテが作る大きな大きなパン、それが焼きあがったページからは、パンの香りが伝わってくるようです。読むたびに「おいしそうだね」と笑顔がこぼれてきます。楽しくて、おいしそうな本です。

    投稿日:2005/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなかがぐ〜パン食べたいよ〜。

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    忙しく働くパン作りの名人マフィンおばさんを
    少しでも手伝いたいな〜と思ったアノダッテという男の子。
    夜こっそりと地下室に行き、パンを作り始めます。
    気分はすっかり一人前のパン職人ですが、どうやら分量を間違えたらしく、
    パンを焼き始めるとどんどん膨らみ始めます。
    あっと言う間に地下室はパンでいっぱいに。
    それでもまだまだ膨らみつづけ、一階も二階も・・家中をパンに占領されてしまいます。
    翌日、町の人たちはそのパンを食べ、めでたしめでたしです。
    パンが膨らんでいく様子はハラハラドキドキ。
    子ども達も釘付けですよ。

    投稿日:2004/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しそうな大きなパン!

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     パン屋さんの息子が、思考錯誤して、ジャム・干しぶどう・チョコレート・プラム・アーモンド入りの大きな大きなパンを作りました。
     焼いている間に、ドンドン膨らんで屋根の上まで大きくなったパンを町の人と食べました。
     その大きさを、縦に開いて見る時の驚きと「食べたいね〜」の息子との言葉が、可愛らしかった。

    投稿日:2003/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット