しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

マフィンおばさんのぱんや」 ママの声

マフィンおばさんのぱんや 作:竹林 亜紀
絵:河本 祥子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1996年01月
ISBN:9784834013498
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,111
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • お腹がすいてきた〜!

    読んだ後、すごーくお腹がすいてきました。
    美味しそうなパンの香りがしてきそうな感覚に!
    息子も第一声「お腹がすいてきた〜!」と心の底から叫んでおりました。。。

    家中を埋め尽くしてしまうほど、大きく大きく膨らんだパンができるお話。
    ジャムとチョコレートのたっぷり入ったブドウパンです☆

    どんなに大きいのでしょう、どんな味がするのでしょう・・・。
    楽しい想像がふくらみます。

    マフィンおばさんのパン屋さんを囲む、町の人たちの様子があたたかく描かれていることもとても素敵でした。

    投稿日:2010/09/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 巨大なパンを作ってしまいますよ

    3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。パンがすきなので、パン屋さんの絵本を読んでやりたいと思いました。

    マフィンおばさんのパン屋にはアノダッテという見習いがいます。アノダッテは、おばさんの役に立ちたいと夜、おばさんの工房でパンを作ってみます。ところが大きいパンを作ってしまったので、かまどで焼いているうちに、どんどんどんどん大きくなり、家中を占領するくらい大きなパンが焼けてしまいました。

    こんなことあり得ないと思いつつも、なんだか許せちゃう絵本です。パンだから甘い匂いもしてきそうですし、美味しそう。やっぱり最後にみんなで食べているので、混ぜて欲しいとさえ・・・。息子もなんだか嬉しそうに聞いていましたよ。また、パンを焼いてやりたいですね。

    パンが好きなお子さんには読んであげると喜ぶと思います。

    投稿日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • パンで幸せ

    マフィンおばさんを見習って、パンを焼いてみることにしたアノダッテ。
    パンだけではないけれど、思い切り、自分だけでお料理を作ってみたい、と思うのは、どこの子も1度はあこがれることの1つではないでしょうか?
    アノダッテのパン作りも実に豪快。
    量もさることながら、その中身は、ジャムに、ほしぶどうに、チョコレートに、アーモンドに、自分の好きなものがいっぱい。
    楽しそうな顔で、パンを作っていくアノダッテの幸せそうなこと。

    でも、ちょっと大きすぎました。
    いや、ちょっとじゃないな、半端じゃなく大きすぎました。

    膨らんで膨らんで、どんどん膨らんでいくパンは、いったいどうなる?
    こんな大きなパンが焼けたとしたら?...考えるだけで楽しいです。

    暖色系で描かれた色の効果もあるのか、全体的に、とっても暖かい印象を受ける絵本です。
    最後の1ページ。あふれるパンに笑顔いっぱいの町の人たち。
    パンの焼けたにおいまで感じられるような幸せ風景。なんとも幸せな気分になるシーンですね。

    投稿日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • パンの焼けるいい匂い

    町で一番美味しいと評判のマフィンおばさんのパン屋さん。
    その店でお手伝いをしているアノダッテという男の子が、ある夜「町中の人がみんなで食べられるくらい」大きなパンを作ろうと試みます。ところが膨れに膨れたパンはついにかまどから溢れ出して…!
    とにかくページをめくるたびに、パンが焼けるいい匂いが漂ってきそうな、美味しそうなお話なのです。
    とんでもないことをしでかしてしまったアノダッテを、決して咎めようとしないマフィンおばさんも素敵。自分でやってみようという気持ちは大切なんですよね。
    私が子供の頃大好きだった絵本で、現在もこどものとも傑作選として愛されているロングセラーです。
    5つ☆でないのは、文章の1文が長く、大人には読みづらく子供にも少し理解しづらいところがある為です。

    投稿日:2003/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 低学年の一人読みにもいいかも!

    小学校低学年のお子さんが無理なく楽しく一人読みできる本に思いました。
    パン見習いのアノダッテのように,好きなものをいっぱい入れたパン作ってみたいし食べてみたいな〜と読み手は思いことでしょうね!
    表紙も含め,イラストもほんわか可愛らしくてそれもまたよかったです。

    投稿日:2018/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしいパン屋さん

    このお話は、パン屋さんなのに名前がマフィンの店主の評判のパン屋さんのお話でした。うちの子は、この絵本の家中にあふれるくらいの巨大なパンが焼けていくのを見て、「こんな巨大なパン作ってみたいし食べても見た〜い!」と言って絵本のお話に熱中していました。

    投稿日:2016/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢あるはなし

    アンダッテのやらかしたことを怒らないマフィンおばさんが素敵です。こんなに大きなパンができたら本当に凄いですよね。ゆめの膨らむ物語です。街じゅうのみんなで食べたのはいうまでもありません。ただ現実…パンは膨らむとき、部屋の中のものにぶつかりパンにくっ付いているんじゃないかなあと思います。。

    投稿日:2015/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきなおおきなぱん!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    娘が読みたい!と言った絵本です。
    主役はマフィンおばさんではなく、おばさんと一緒に住むアノダッテという男の子。
    忙しいおばさんを手伝おうとぱんを焼くアノダッテ。
    おばさんに見てもらわなくて大丈夫…?と思っていたら案の定!
    家いっぱいのぱんだなんてびっくりです。家がぱんでうまったらいやだと娘が言っていました。それは同感ですが(笑)おいしそうです!

    投稿日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 評判のパンやさん

    おいしそうなパンがズラリ…という訳ではないのですが、「ここのパン、すごくおいしそうだな〜」と感じるお話でした。
    これって、結構スゴイことですよね!

    たちまち売り切れてしまうパン、思い出すだけで、ゴクリとつばをのみこんでしまうチョコレート、夜中にこっそり起きだして、真似したてみたくなるパンづくり…など、どれもこれも、食指を動かされます。

    男の子が、夜中にこっそり作ったパン。
    こっそりが、どっかに吹っ飛んじゃうような出来ばえです(笑)

    評判のパンやさん。わたしも行ってみたいです!

    投稿日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本自体がこんがりおいしそう。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳

    本全体の色見が茶系でこんがりとしたパンのようでとても、おいしそうです。焼き立てのパンのにおいがしてきそうです。

    マフィンおばさんのパン屋さんにくるお客さんはみなニコニコしていて、パン屋さんのお仕事って人を幸せにできるんだなと思いました。

    アノダッテが勝手に超巨大なパンを作ってしまっても「あたしもこんなおおきなパンをつくってみたいと思っていたんだよ。」と言うマフィンおばさん。その一言でおばさんの優しさが伝わってくるようでした。

    パン好きにはたまらない絵本の1つだと思います。

    投稿日:2014/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。


大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット