新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
ロングセラー
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ

くまのパディントンなかなかよいと思う みんなの声

くまのパディントン 作:マイケル・ボンド
画:ペギー・フォートナム
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1967年10月
ISBN:9784834001082
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,831
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パディントンが次々と巻き起こす騒動

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    夏休み、帰省先の美術館の「くまのパディントン展」に行く前に、予習のために読みました。
    昔、子ども番組で見たり、キャラクターグッズをいただいたりで、馴染みがありましたが、物語を読むのは初めてでした。
    パディントンが次々と巻き起こす騒動は、お話なので笑って読んでいられますが、かなりの事件です。
    ブラウン家の人たちは、心が広い素敵な人たちだなと思いました。
    作家のマイケル・ボンドさんは、戦災孤児に心を寄せていたそうなので、その暖かい気持ちが、パディントンの人気の理由につながるような気がしました。

    投稿日:2019/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく憎めない子です。

    出掛けるたびに、おっちょこちょいどころではない大騒動を巻き起こすパディントン。
    どこまでも一生懸命な姿が憎めません。

    そして、そんなパディントンにハラハラしながらも、当たり前のように本当の家族として受け入れるブラウン一家が温かいです。

    投稿日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいなパディントン

    有名キャラクターのパディントン。
    お話のほうを読んだことが無かったので読んでみました。
    とてもゆかいなパディントンがいろいろとするさまが面白いです。
    絵を描いたり、お芝居を観たり。
    こんなステキなくまが家族の一員というのは良いですね。
    愛されている理由がわかりました。

    投稿日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • クマと一緒にお茶を飲むなんて平気

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    ロンドン駅でブラウン夫妻は、南米ペルーからやってきたと言う
    クマと知り合いになります。
    彼を駅にちなんでパディントン、と名づけて家に連れ帰りますが・・・。
    題名は知っていましたが、始めて読んだ『くまのパディントン』。
    表紙から推し量るに、クマのぬいぐるみと思っていましたが、
    本物だったとは。
    いろいろな騒動も仕方ありませんね。
    ブラウンさんが、駅の食堂でクマとのお茶を平然を装ってしているところは
    なかなか絶妙な味わいですね。
    お風呂場の失敗もなかなか、二階のバスルームというのが、
    私達には少しカルチャーショックですね。
    (『どろんこハリー』もそうでしたね。)
    絵は古風な英国調で雰囲気がよく出ています。
    いろいろな訳や挿絵の版が複数の出版社から出ているようですので、
    読み比べてみたくなりました。
    続編も読んでみたくなる展開ですね。

    投稿日:2007/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっぴりそそっかしいパディントン登場

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    くまのパディントンは、ある日パディントン駅で出会ったのが切っ掛けで名づけられました。なんとペルーからやってきたんだって・・・。かわいい顔をしてすごいくまさんです。くまがある一家と出会い、騒動を起こします。でも誰も怒らないのです。愛すべきキャラクターでいつもまわりを和ませてしまう不思議な魅力があります。子供もこのかわいい熊さんが、何をしでかすか真剣に聞き入っていました。

    投稿日:2002/08/08

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット